医師たちがつくる病気事典メドレー

貧血(総論)

貧血(総論)の基礎知識

貧血(総論)とは?

  • 何らかの理由で赤血球が減ってしまい、全身に十分な酸素を供給できなくなってしまった状態
    • 赤血球の中に「ヘモグロビン」という物質があり、赤血球が「トラック」だとすると、ヘモグロビンが酸素を運ぶ「荷台」の役割をしている
    • ヘモグロビンが不足し、全身に届けられる酸素の量が減ってしまっている状態を貧血という
  • 医学用語の「貧血」は日常の言葉で言う「貧血」と意味が違う
    • 医学用語では「立ちくらみ」や「ふらつき」を貧血とは言わない
    • 貧血以外にもふらつきの原因はある
  • 主な原因
    • 継続的な出血(月経に伴う出血、胃や腸からの出血など)
    • ヘモグロビンを作るための材料(鉄、ビタミン、葉酸など)の不足
    • 赤血球を作る骨髄の異常
    • 免疫が異常に働き、自分の赤血球を壊してしまう状態(自己免疫
    • 遺伝子の異常
  • 女性に貧血が多い原因として、月経による出血や、ダイエットなどによる鉄分不足などがある
  • 主な貧血の種類(詳細はそれぞれの疾患を参照)
  • 主な症状:徐々に貧血になっていく場合は、身体が慣れていくため症状が出づらい
    • 酸欠が原因で出現する症状
      ・めまいがする
      ・立ちくらみがする
      ・疲れやすい
      ・息切れ
    • 酸欠に対処しようとして心臓などが頑張りすぎるために出現する症状
      動悸 
    • これらの症状は安静にしていると良くなることが多い
  • 診断は主に血液検査によって行われるが、必要に応じて原因を詳しく調べる必要がある
  • 貧血の種類や原因によって治療を選択する


検査・診断

  • 血液検査で男性ならHb(ヘモグロビン)<13g/dl、女性ならHb<12g/dlで貧血と診断する
  • 赤血球は正常なら貧血に反応して増加する
    • 網赤血球数が期待される範囲なら溶血または出血が疑われる
    • 網赤血球数が低値なら赤血球の増殖または成熟の障害が疑われる
  • RBC(赤血球数)、HCT(ヘマトクリット)からMCV(平均赤血球容積)、MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)、MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)を計算する
    • MCV=HCT/RBC、MCH=Hb/RBC、MCHC=Hb/HCT
  • MCVは正常なら80-100fl(フェムトリットル)


貧血(総論)に関連する治療薬

葉酸製剤

  • ビタミンの一つである葉酸を補い、葉酸欠乏による貧血や口内炎を予防する、もしくは妊娠時の葉酸補充などに使用する薬
    • 葉酸は水溶性(水に溶けやすい性質)ビタミンである
    • 赤血球の合成や細胞の生成を助け、皮膚の粘膜強化などにも作用する
    • 胎児の成長に大切な役割を果たすため、妊娠中では十分な量の葉酸摂取が必要となる
  • 関節リウマチでの薬物療法」や「がん治療での化学療法」などにおいて補充療法薬としても使用する場合がある
葉酸製剤についてもっと詳しく≫

経口鉄剤

  • 鉄欠乏性貧血による頭痛やめまい、息切れなどの症状を改善する薬
    • 血液中の赤血球には酸素を運ぶヘモグロビンという成分が含まれ、ヘモグロビンをつくるには鉄が必須である
    • 鉄が足りないと全身に十分な酸素が運べなくなる
    • 本剤は鉄分を体内に補給することで、赤血球を増やす作用をもつ
  • 手術前の造血目的などで使用する場合もある
経口鉄剤についてもっと詳しく≫

ビタミンB12製剤

  • ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬
    • ビタミンB12は水溶性(水に溶けやすい性質)ビタミンで細胞の分裂などに欠かせない核酸の合成に関わる
    • ビタミンB12は血液中の酸素を運ぶヘモグロビンの合成に関わり貧血などを改善する
    • ビタミンB12は末梢神経の修復などに関わり、痛みやしびれなどを改善する
  • めまいや耳鳴りなどの治療に使用される場合もある
ビタミンB12製剤についてもっと詳しく≫

貧血(総論)の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

貧血は血液中のヘモグロビンが減って、全身に十分な酸素が届けられない状態です。進行すると少しの運動で息切れがしたり、動悸が出たりします。このような症状は貧血に限らず様々な状況で生じますが、貧血の場合にはその背景に何らかの原因が隠れています。

頻度として多いのは、女性であれば月経にともなう出血、高齢者であれば消化管出血が原因の鉄欠乏性貧血です。消化管出血の場合には便が赤や黒といったように普段と異なる色調になることがありますが、少量の出血は目で見ても色の違いが分からないため、便の色が正常だからといって消化管出血が無いとは言い切れません。また、鉄欠乏性貧血以外では、様々な血液疾患が原因になり得ます。

上記のような症状に心当たりがある場合には、一度お近くの内科クリニックを受診されることをお勧めします。内科の中での診療科は、貧血の原因によって、消化器内科や血液内科など様々ですので、まず始めに受診するのはかかりつけの内科があればそちらが良いでしょうし、特にかかりつけがなければ通常の一般内科で問題ありません。そこで診察、検査を受けて、血液検査で実際に貧血があるとなった場合には、その先の詳細な検査に進むことになります。詳しい検査や治療については、それぞれの疾患のページもご参考になさって下さい。






version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.