ビタミンB12製剤 - 解説(効能効果・副作用・薬理作用など) | MEDLEY(メドレー)
ビタミンB12製剤
ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬

ビタミンB12製剤の解説

ビタミンB12製剤の効果と作用機序

  • ビタミンB12を補い、貧血や末梢神経痛、しびれなどを改善する薬
    • ビタミンB12は水溶性(水に溶けやすい性質)ビタミンで細胞の分裂などに欠かせない核酸の合成に関わる
    • ビタミンB12は血液中の酸素を運ぶヘモグロビンの合成に関わり貧血などを改善する
    • ビタミンB12は末梢神経の修復などに関わり、痛みやしびれなどを改善する
  • めまいや耳鳴りなどの治療に使用される場合もある

ビタミンB12製剤の薬理作用

ビタミンBは水溶性(水に溶けやすい性質)ビタミンで、B1・B2・ナイアシン・パントテン酸・B6・B12・ビオチン・葉酸などに分かれる。

ビタミンB12は細胞の分裂などに欠かせない核酸の合成に関わり、葉酸と協力し血液中のヘモグロビンの合成を助け貧血を防ぐ働きがある。また末梢神経や中枢神経の機能の維持・改善を補助する作用などもある。ビタミンB12が不足すると集中力の低下、貧血、舌の炎症、痛み、手足のしびれ、眼精疲労などがあらわれやすくなる。

本剤はビタミンB12製剤であり、ビタミンB12を体内に補充し傷ついた末梢神経を修復してしびれ、痛みなどの改善や貧血などの改善を補助する作用をあらわす。また、めまいや耳鳴りなどの改善に使用したり、製剤によっては抗悪性腫瘍剤(ペメトレキセドなど)による副作用軽減目的などで使用するものもある。

ビタミンB12製剤の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 頻度は稀だが、吐き気、下痢などがあらわれる場合がある
  • 過敏症
    • 頻度は非常に稀だが、発疹などがあらわれる場合がある

ビタミンB12製剤の一般的な商品とその特徴

メチコバール

  • 整形外科、神経内科、皮膚科など多くの診療科で処方される薬剤
  • 錠剤、細粒剤、注射剤があり服薬状況や用途などに合わせて選択が可能

ハイコバール

  • 妊娠などでの貧血や放射線による白血球減少症などに使用する場合もある