にんしんひんけつ

妊娠貧血(総論)

妊娠中に、様々な原因でおこる貧血の総称。鉄分やビタミンの不足が原因であることが多い

病気に関連する診療科の病院を探す
6人の医師がチェック 135回の改訂 最終更新: 2017.06.15

妊娠貧血(総論)の基礎知識

妊娠貧血(総論)について

  • 妊娠中に、様々な原因でおこる貧血の総称
    • およそ半数の妊婦が経験すると言われている
  • 主な原因は、妊娠中に血液中の水分が増えて、血液が薄まる(水血症)こと
    • それ以外には、まれに以下の2種類の貧血が重なって起こるので注意が必要(詳細はそれぞれの疾患を参照)
  • 鉄欠乏性貧血
    • 血液の中の鉄分の不足で起こる
    • 妊娠中は血液の量が従来よりも増えるため、不足した血液を作るためにより多くの鉄分が必要となる
  • 巨赤芽球性貧血
    • ビタミン生物が生きていく上で必要な栄養素の一種。炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物のことB12や葉酸(ビタミンB群の一種)の不足で起こる
    • 悪性貧血と呼ばれることもあるが、悪性腫瘍無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがあるのような病気ではなく、ビタミンの適切な摂取で治る貧血である
    • 妊娠初期の段階で葉酸が欠乏すると胎児の神経管欠損などにつながる

妊娠貧血(総論)の経過と病院探しのポイント

妊娠貧血(総論)かなと感じている方

妊娠貧血は、妊娠中に血液中のヘモグロビン血液の成分の一つで、全身に酸素を運ぶ役割をもつ。ヘモグロビンの量が少なくなった状態が貧血であるが減って、全身に酸素が届きづらくなってしまう状態です。進行すると少しの運動で息切れがしたり、動悸心臓や太い動脈の脈拍を自覚すること。精神的な緊張や運動だけでなく、ホルモンバランスの異常や貧血など、様々な病気の症状として起こるが出たりします。病気というよりも妊娠中の正常な変化の一環でもあるのですが、貧血の程度が重い場合には治療の対象となります。

妊娠中は母体に大きな負担がかかりますので、貧血がなかったとしても息切れやつかれやすさが出るものです。しかし、特に症状が重かったり、あるいはご自身で貧血があるのではないかとご心配な場合には、妊婦健診でかかりつけの産婦人科やお近くの内科クリニックを受診されることをお勧めします。そこで診察、検査を受けて、血液検査で実際に妊娠貧血があるとなった場合には、原因を確認した上で治療に進むことになります。

妊娠貧血(総論)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

妊娠貧血(総論)でお困りの方

妊娠中は、赤ちゃんの分の血液も作らなければならないため、必要な血液の量が増えます。初期には水分としての血液の量が増えるのですが、その中身である赤血球血液の中の血球の一種。酸素を肺から取り込んで、全身へ運ぶ役割をしている。血液が赤いのは赤血球が赤いことによるの産生が追いつかず、全体的に薄まった血液になってしまいます。これは病気ではなく妊娠に伴う正常な経過なのですが、その結果として血液が薄まりすぎている場合には、妊娠貧血と診断されることになります。

上記のような理由だけであれば特別な治療は必要ないのですが、鉄欠乏性貧血巨赤芽球性貧血と呼ばれるその他の原因の貧血が隠れていることがあります。妊娠中は特に鉄分不足で貧血になりやすいため、血液中の鉄分などを測定し、不足があれば鉄分を含んだ内服薬飲み薬のことで治療することになります。定期的に血液検査を行いながら通院することになりますが、その際の通院先はかかりつけの産婦人科が良いでしょう。妊娠貧血や、それに伴う鉄欠乏性貧血はよくある一般的な病気ですので、特別な専門病院でなければ治療が行えないということはありません。

妊娠貧血(総論)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

妊娠貧血(総論)が含まれる病気


妊娠貧血(総論)のタグ


トップ