2016.07.09 | コラム

フロモックス錠100mg(セフカペンピボキシル塩酸塩)が効かないのはなぜ?

フロモックス錠100mg(セフカペンピボキシル塩酸塩)が効かないのはなぜ?の写真

飲み薬の抗生物質の代表としてフロモックス(セフカペンピボキシル塩酸塩)があります。 実はフロモックスが治療に適切でないことは多いです。どういったときに有効でないのでしょうか?

1. フロモックスが効かない理由

フロモックスは医者にはとても人気があってよく出される薬なのですが、次の病気にはフロモックスが効きにくいです。

  • 肺炎球菌細菌の一種。肺炎、髄膜炎、中耳炎など、様々な感染症の原因となり、唾液などを通じて飛沫感染をするによる肺炎(せき、たん、息苦しさ)
  • 溶連菌による咽頭炎(のどの痛み)
  • 溶連菌による丹毒(皮膚が赤くなる、顔面に多い)
  • 黄色ブドウ球菌食中毒や化膿性皮膚疾患の原因となる菌。正常な皮膚にもいる菌であり、必ずしも病気を引き起こすとは限らないによる蜂窩織炎(皮膚が赤くなって腫れる、ときに痛みを伴う)
  • ウイルス様々な病気の原因となる病原体の一つ。細菌とは別物であり、抗菌薬は無効であるによるかぜインフルエンザ

病気に合っていなければ、薬は効きません。

 

◎ウイルスに抗生物質は効かない

ウイルスによる病気にはフロモックスだけでなく、どの抗生物質微生物が産生する細胞の増殖や機能を阻害する物質。抗菌薬・抗ウィルス薬・抗がん薬を含むも効きません。
細菌感染症を起こす微生物の1つ。ウイルスと比較して10-100倍の体の大きさをもつとウイルスは違うことに注意してください。抗生物質(抗生剤、抗菌薬細菌感染症に対して用いられ、細菌の増殖を防ぐ、もしくは殺菌する薬。ウイルスや真菌(かび)には効果がない)は細菌に対する薬なのですが、ウイルスには効きません。

インフルエンザインフルエンザウイルスのどや気管、気管支、肺などに感染し、発熱や咳、鼻水などの症状を起こすウイルスが原因、かぜのほとんどはアデノウイルス一般的なウイルスの一つで、風邪、結膜炎、胃腸炎、膀胱炎などの原因となるやライノウイルスなどのウイルスが原因なので、抗生物質は効きません。もちろんフロモックスもウイルスによるかぜには効きません

フロモックスは子供でも飲めるのがいいところのひとつですが、子供に多い病気の中でも手足口病ヘルパンギーナ突発性発疹水ぼうそう麻疹はしか)、風疹、ヘルペス性口内炎はウイルスが原因なので、フロモックスは効きません。ほかの抗生物質も効きません。

 

◎抗生物質と細菌には相性がある

細菌なら抗生物質が効くかというと、抗生物質の中でも細菌によって効く薬と効かない薬があります。

7000種類ほどの細菌が地球上に存在しています。すべての細菌に効く抗生物質はなく、細菌と相性のいい抗生物質を使うことで効果的に治療することができます。

フロモックスは第3世代セフェム系と言われるグループに属する抗生物質です。他にはメイアクトやセフゾンなどが第3世代セフェム系です。

フロモックスほか第3世代セフェム系の抗生物質は、グラム陰性桿菌(グラムいんせいかんきん、GNR)と呼ばれるグループの細菌に効果を発揮しやすいことがわかっています。

 

◎フロモックスは細菌の中でも大腸菌などに強い

フロモックスはどんな細菌に対して効力を発揮するのでしょうか。

フロモックスが得意なグラム陰性桿菌は腸の中に多く住んでいます。グラム陰性桿菌の代表例は以下のものになります。

  • 大腸菌健康なヒトの大腸内で生息し、また環境中にも広く分布している微生物膀胱炎など)
  • クラブシエラ・ニューモニエ(膀胱炎など)
  • インフルエンザ桿菌肺炎や中耳炎をよく起こす細菌。子どもでは髄膜炎を起こすことが問題となっていたが、ヒブワクチンの出現によってその数は激減した肺炎など)

肺炎球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)、黄色ブドウ球菌などのグラム陽性球菌(グラムようせいきゅうきん、GPC)にはフロモックスはあまり有効でないことがわかっています。

フロモックスが効かない病気として最初に挙げた例は、グラム陽性球菌がよく起こす病気です。

フロモックスやメイアクトなど第3世代セフェム系抗菌薬の特徴として、グラム陰性桿菌に強い効果を発揮する一方で、グラム陽性球菌に対する効果は弱いというものがあります。

そのため、グラム陽性球菌が関与しやすい感染症何らかの病原体が引き起こす病気。細菌、ウイルス、真菌などが原因となることが多い。人から人へ直接うつらないものも含めた総称に対してフロモックスを使ってもあまり効果が望めません。

 

2. フロモックスの適応症

では、フロモックスはどんな病気になら効くのでしょうか。

抗生物質には適応症があらかじめ決められています。適応症とは、その薬が力を発揮しやすい病気のことです。

フロモックスを出されたときの診断名が、以下のフロモックスの適応症の中にあるか探してみてください。

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節体全体にある、免疫を担当する器官の1つ。感染や免疫異常、血液のがん、がんの転移などで腫れる炎、慢性細菌などに感染すると、免疫を担当する細胞(白血球)が細菌と戦うが、その結果として死んだ細胞や細菌が集まったものが膿である皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎肛門周囲膿瘍
  • 咽頭・喉頭炎扁桃炎扁桃周囲炎扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎肺炎、慢性呼吸器病変病気が原因となって体に生じた、あるいは変化が起きた、その特定の部位のことの二次感染
  • 膀胱炎腎盂腎炎尿道炎子宮頸管炎
  • 胆嚢炎胆管肝臓で作られた消化液を十二指腸まで運ぶ管。肝臓の内部にある肝内胆管と、肝臓の外にある肝外胆管に分けられる
  • バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎
  • 涙嚢炎麦粒腫まぶたのこと。眼球の上下にある皮膚の部分を指し、それぞれを上眼瞼、下眼瞼と呼ぶ板腺炎
  • 外耳炎、中耳炎副鼻腔炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

難しい言葉が並びますが、膀胱の感染から皮膚の感染までかなり幅の広い感染症に対してフロモックスの効果があることになります。

しかし、適応症にあるからといってフロモックスで治せるとは限りません。薬が効きやすい病気が適応症ですが、抗生物質は効くだけではだめなのです。次に説明します。

 

◎抗生物質は効くだけではだめ

抗生物質を使うときは、感染症の原因となっている細菌に有効であるだけでなく、「常在菌をできるだけ殺さない」というもうひとつの条件があります。

常在菌は人間の健康を保つために必要です。次に説明します。

 

◎体内の細菌のパワーバランスが大事!

人間の体内には数百兆個の細菌が住み着いています。

病気でなく健康な体の中でも存在する細菌を常在菌と言います。常在菌は基本的に病気の原因にはなりません。

常在菌は重さにすると1-2kgになります。ほとんどが腸の中にいます。「腸内フローラ」という言葉を知っている人がいるかもしれません。腸内フローラというのは腸の中にいる乳酸菌や大腸菌などの常在菌のことです。常在菌は、実は免疫病原体に対する体の防御システム。何かのきっかけで、免疫が過剰反応している状態がアレルギーで、免疫が自分自身の体を攻撃してしまうのが自己免疫疾患の重要な役割を果たしています。

  1. 腸の中には多くの常在菌がいる
  2. 腸に食べ物が流れてくると、常在菌が一部を食べてエネルギーを得る
  3. 腸の中にはときどき感染の原因となる細菌が入ってくる
  4. 侵入した細菌は常在菌にとってよそ者であるので、常在菌は自分のエサを取られまいと侵入者を攻撃してくれる

実際にこうしたことが起こって、免疫力に貢献しています。

抗生物質を使って常在菌を殺してしまうとどうなるでしょうか。

常在菌が侵入者を攻撃してくれなくなってしまうので、免疫力が下がってしまいます。

そのため、感染症を抗生物質で治療するときは、原因となっている細菌を狙って倒し、常在菌をできるだけ殺さないことが望ましいのです。

ところが、フロモックスは常在菌を殺してしまうマイナス面がかなり強い薬なのです。次に説明します。

 

3. フロモックスの弱点、吸収されない

フロモックスが苦手な点として、あまりグラム陽性球菌(GPC)に効かないことを説明しました。

フロモックスにはもうひとつ、吸収率がかなり悪いという弱点があります。つまり、フロモックスを飲んでも血液に吸収されて効果を発揮するのは一部だけで、かなりの割合が吸収されないで腸の中を素通りしてしまうのです。

フロモックスに限らず、第3世代セフェム系といわれる抗生物質の中で飲み薬タイプのものは、軒並み吸収率が悪いです。吸収率が70-80%あればひとまず合格ですが、第3世代セフェム系の吸収率は散々なものになります。

【第3世代セフェム系抗菌薬の吸収率】

吸収率

フロモックス®
(セフカペンピボキシル)
30%
メイアクト®
(セフジトレンピボキシル)
17%
セフゾン®
(セフジニル)
25%

Mandell 7th editionを参照)

感染を治すために飲んだ抗生物質のほとんどが腸の中に残ってしまっていることになります。血液の中に十分な量のフロモックスを届けるためには、相当量のフロモックスを飲まないといけないことになります。

さらに、腸の中には多くの常在菌がいますので、常在菌を殺してしまうことで自分の免疫力が下がってしまうという、マイナス効果までが存在します。

 

4. フロモックスのいいところは?

それではフロモックスはどういった感染症に対して使うべき抗生物質なのでしょうか?
フロモックスの良い点を考えてみましょう。

  1. グラム陰性桿菌(GNR)に強い
  2. 飲み薬である
  3. 重症の副作用が比較的少ない

吸収されないんじゃどんなに良い点があっても意味ないでしょというツッコミを入れる方もいると思います。そのツッコミはまさしく正論です。

しかし、ほかの抗生物質がアレルギー免疫反応によって、体が過剰な防御反応を起こして悪影響が生じてしまう状態など何らかの理由で使用できなくなった場合は、フロモックスの出番がやってくる可能性があります。

フロモックスの良い点をもう少し深く考えていきましょう。

 

◎フロモックスはグラム陰性桿菌(GNR)に強い

グラム陰性桿菌には、大腸菌、クラブシエラ・ニューモニエ、インフルエンザ桿菌などがあります。フロモックスはこれらに対する有効性は高いです。

 

◎フロモックスは飲み薬である

実はフロモックスが飲み薬であるということは非常に重要です。感染症の治療をするときに点滴の薬しかないと100%入院が必要になってしまいます。

入院すると安心するという方もいるとは思いますが、入院をすると体力は想像以上に落ちてしまいます。これは、入院することで今まで動いていたことですら動かなくなることが原因と考えられています。

そのため、長い目で見れば入院は極力しないようにするほうが得策です。

フロモックスは飲み薬なので、点滴をしない、入院しない治療ができるかもしれません。

 

◎フロモックスは重症の副作用が比較的少ない

どんな薬にも必ず副作用があります。重症の副作用もあれば軽症の副作用もあります。重症の副作用は極力出ないほうがいいので、フロモックスに重症の副作用が比較的少ないということも大きな価値があります。

とはいえフロモックスにも副作用はないわけではないので気をつけなくてはなりません。詳しくは「フロモックス錠100mg(セフカペンピボキシル塩酸塩)の副作用、飲み合わせ」のコラムを参考にして下さい。

 

5. フロモックスの効く病気は?

まとめると、フロモックスの効く病気は何でしょうか?

グラム陰性桿菌が関与しやすい病気がフロモックスの得意分野になります。

おそらく、膀胱炎はフロモックスの得意分野になるのはないでしょうか。ただ、重症の膀胱炎あるいは腎盂腎炎では、より勝率の高い抗菌薬を選んだほうがいいかもしれません。バクタ®やクラビット®やシプロキサン®は、重症の膀胱炎腎盂腎炎の治療の得意な薬です。

 

6. フロモックスばかり出す医者は要注意

日本では多くの医者がフロモックスを処方してます。ただ、世界を見渡すと日本ほどフロモックスを処方している国はありません。

日本においても、抗癌剤悪性腫瘍(がん)に効果を発揮する薬剤。ただし、がん以外の良性疾患に用いられることもあるは患者さんにとってベストと思われるものを慎重に選ぶわけですから、抗生剤に関してもベストのものを選ぶ必要があるのではないでしょうか。そのためには、抗生剤の特徴と感染症の特徴を知っておく必要があります。

近いうちに患者/医者が意見交換しながら薬を選ぶ未来がくる気がします。病気は人生を変えうるわけですから、患者も医者も病気のことをきちんと学んで、ベストの答えを見つけましょう。

執筆者

園田 唯

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

トップ