ねっしょう

熱傷(やけど)

皮膚や粘膜が熱などの刺激により損傷を受けた状態。損傷の深さによっては皮膚移植などの手術が必要になることもある。

病気に関連する診療科の病院を探す
14人の医師がチェック 93回の改訂 最終更新: 2017.10.13

熱傷(やけど)の基礎知識

熱傷(やけど)について

  • 熱などの刺激により皮膚が損傷すること
    • 皮膚には外界から細菌感染症を起こす微生物の1つ。ウイルスと比較して10-100倍の体の大きさをもつなどの侵入を防ぎ、水分や体温を保持する、または逆に汗をかいて熱を逃がす役割がある
  • 主な原因:高温の液体や固体に触れる
    • 火炎・爆発
    • 低温やけど
    • 薬品(酸、アルカリ溶液など)
    • 電流(家庭電源、落雷など)
  • やけどは深さにより1度、2度、3度に分類される
    • 1度:表皮(皮膚の表面)
    • 2度:皮膚の表皮~真皮(表皮の下の組織)
    • 3度:皮膚の全ての損傷:表皮~皮下組織まで

熱傷(やけど)の症状

  • 症状は、やけどの深さ(分類)によって変わる
    • 1度:皮膚が赤くなる(充血、発赤炎症などで、皮膚などが充血して赤くなること)、ヒリヒリした痛み
    • 2度:水ぶくれ(水疱皮膚にできる発疹を表す言葉の一種で、いわゆる「水ぶくれ」のこと)ができる
    • 3度:乾燥、痛みを感じない(神経までダメージを受けて感じる機能がなくなるため)
      ・重度のやけどでは脱水を起こしやすいので注意
  • 熱傷を受け範囲が大きいと重症になりやすい
  • 煙を吸い込んだ場合には、気道熱傷といって呼吸が苦しくなるような状態になりやすい
  • 同じく煙を吸いこんだ場合は一酸化炭素中毒にも注意する必要がある

熱傷(やけど)の検査・診断

  • 熱傷の診断には深さと広さそして部位が非常に重要
  • 必要に応じて血液検査や尿検査など全身の状態を検査する

熱傷(やけど)の治療法

  • 傷痕や後遺症を最小限にするためには、早期受診と治療が大事
    • やけどをした直後には、水道水で冷やすことが先決
    • 服の下に強いやけどを負った場合は、皮膚が張り付く恐れがあるため水をかけた後に脱がす
  • 熱傷の深さごとの治療法
    • 1度熱傷:軟膏やクリームで対処(乾燥を予防する)
    • 2度熱傷:感染を予防するために洗浄、軟膏の治療を行う
    • 3度熱傷:死んでしまった皮膚組織は治らないので、範囲の広さによっては植皮手術を行う
  • 皮膚がダメージを受けると病原体による感染が起こりやすいので、必要に応じて抗菌薬細菌感染症に対して用いられ、細菌の増殖を防ぐ、もしくは殺菌する薬。ウイルスや真菌(かび)には効果がないを利用することもある

熱傷(やけど)に関連する治療薬

ポリミキシンB製剤

  • 細菌の細胞膜に作用し細胞膜透過性に変化をきたすことで抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の細胞膜は生命維持に必要な物質の透過などを行っている
    • 細菌の細胞膜の透過性が変化すると細胞内の成分が放出され細菌は生きていけなくなる
    • 本剤は細菌細胞膜の透過性を変化させることで殺菌的に抗菌作用をあらわす
  • ポリミキシンB(散剤)は内服薬として以外に、散剤を蒸留水などに溶解し皮膚に散布するなど局所投与としても使用する薬剤
ポリミキシンB製剤についてもっと詳しく

褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬

  • 褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける
    • 褥瘡(床ずれ)は布団などと触れる部分の皮膚が長い間の圧迫での血流悪化により皮膚や筋肉などの組織が壊死する状態
    • 褥瘡は創面の色調により病期が4期(黒色期、黄色期、赤色期、白色期)に分かれる
    • 褥瘡の治療目標は大きく分けると「黒色期〜黄色期では壊死細胞の除去や感染制御」「赤色期〜白色期では創面の水分環境の保持・改善や保護」となる
  • 褥瘡以外にも外傷、熱傷、手術の傷などの皮膚潰瘍の治療にも使用する場合もある
褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬についてもっと詳しく

熱傷(やけど)の経過と病院探しのポイント

熱傷(やけど)でお困りの方

やけどを負ったら、まずは応急処置として冷たい水道水で冷やしてください。やけどの熱を取るだけでなく、冷やすことで炎症体の免疫が防御反応を起こしている状態。原因は、感染、けが、免疫の異常(アレルギーなど)と様々。免疫が強く反応することで、熱、腫れ、痛みなどが出るを抑えるといった意味合いもありますので、数秒間などの短い冷却では足りません。数分以上冷やして、「これ以上冷やしても痛みや体温が変わらない」と感じられた時点でやめるのが妥当でしょう。なお、氷で長時間冷やすと低温やけどの原因となりますので、冷やすものは通常の水道水にとどめてください。

応急処置の後ですが、やけどの程度によって、ご自宅で対応できるものとそうでないものがあります。

- 1度熱傷(皮膚が赤くなってヒリヒリする):応急処置後に特別な処置は不要です。
- 2度熱傷(赤みに加えて水ぶくれができる):なるべく水ぶくれを割らないようにした方が治りが良好です。水ぶくれが割れてしまったら、毎日数回シャワーと石けんで洗って清潔にします。やけどの範囲が片腕の半分以上といったように広いものですとか、顔面や陰部のやけどなどは病院を受診することをお勧めします。受診先の診療科としては、皮膚科や外科、そして重症で入院が必要なものは救急科が適しています。
- 3度熱傷(皮膚がただれて感覚が一切なくなる):自宅での対応は難しく、また後遺症を残し得るため受診が必要です。

3度熱傷の場合には、専門病院の受診が必要です。火事による全身やけどなどであれば救急車で受診することになるかと思いますが、たとえば手だけの3度熱傷などでご自身で病院を受診するときには、総合病院内科、外科、小児科、産婦人科など主要な科が揃っている病院のこと。現在、明確な定義はないの救急外来をお勧めします。皮膚が再生しないくらい深いやけどの場合には、植皮手術といって他の部位の皮膚を移す手術が行われます。しかしこの手術を行っているのは皮膚科か形成外科があって、更にその中でも一部の病院に限られます。基本的にどの病院を最初に受診しても、必要あれば適切な病院を紹介してもらうことができますが、もしご自身で探す余裕がある場合には植皮手術を行っている病院であることを条件にお探しになるのが良いでしょう。

熱傷(やけど)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

熱傷(やけど)が含まれる病気


熱傷(やけど)のタグ

からだ皮膚

熱傷(やけど)に関わるからだの部位