しんしつさいどう
心室細動
不整脈によって心室が不規則にけいれんして血液を全身に送り出せない状態。数分以内に死に至る非常に危険な不整脈
14人の医師がチェック 119回の改訂 最終更新: 2019.03.22

心室細動に関する知っておきたい注意点

心室細動はとても危険な不整脈です。発作が起こってしまうと数秒で意識を失ってしまうため、その予防がとても重要です。また、心室細動が起こった場合には心肺蘇生法が必要になります。このページでは心室細動に関する注意点を説明します。

1. 心室細動の生存率は?

心室細動は数ある不整脈の中でも特に致死的で危ないです。心室細動になると、発作が治まらなければほぼ全員が亡くなります。

心室細動が起こると心臓に対して電気的除細動(電気ショック)を行う必要があります。この治療は心臓で起こっている異常な電気刺激をリセットするのが狙いです。電気的除細動を行うのが1分遅れるとおよそ10%ずつ救命率が下がるといわれているため、除細動は出来るだけ早く行う必要があります。とはいえ近くに電気的除細動機(AED含む)がないことも多いため、その場合には機器を使用するまで心肺蘇生法を行うことで時間を稼ぐことができます。

2. 心室細動は再発する?予防はできる?

心室細動の原因には心筋症心筋梗塞心室頻拍などさまざまなことが考えられます。心室細動になった人は、命を落とさないように努める治療(救命治療)を受けることになりますが、その甲斐あって一命ととりとめたとしても決して油断できません。

心室細動が起こりやすい背景についても治療しておかないと心室細動は再発することが多いです。そのため、心室細動の発作が治まったら原因となっているものも併せて治療する必要があります。

心室細動の原因となっているものを治療することは再発の予防になりますが、完全に治療しきれないことがあります。その場合には心室細動を予防する薬(抗不整脈薬)を処方されることがあります。

不整脈薬によって完全に再発を予防できるわけでありません。また、使い方を間違うと治療するつもりで飲んだ抗不整脈薬が心室細動を引き起こしてしまうといったことも起こりえます。そのため、心室細動が起こった状況を詳しく調べた後に、自分に適した抗不整脈薬を処方してもらう必要があります。心室細動に使用される抗不整脈薬に関して詳しく知りたい人は「心室細動の薬物治療」を参考にしてください。

3. 心室細動の後遺症について

特に心臓に問題がない人が、物理的衝撃や電気的な刺激を受けて心室細動に至ることもありますが、心臓に何らかの問題がある人に心室細動は起こりやすいです。そのため、心室細動に至った人は、自分の心臓の状況に注意を払う必要があります。ただし、このパターンは心室細動が起こる前から心臓に問題があるため、厳密な意味で心室細動の後遺症というわけではありません。

心室細動の後遺症で問題となるのは、心臓が一時的に機能しない時間の影響を受けたものがメインになります。具体的には次のようなものになります。

心室細動の後遺症は、発作の時間が長ければ長いほど深刻になりやすいです。そのため、出来るだけ早く通常の心臓の動き(洞調律)を取り戻す必要があります。心室細動が自然に回復することはほとんどありませんので、出来るだけ早く電気的除細動(電気ショック治療)を行うことがポイントになります。

心室細動が起こるとすぐに意識を失ってしまうため、発作が起こったあとに自分で治療を行うことは不可能ですが、眼の前で突然倒れた人がいる場合には、すぐに対処を行ってあげるようにしてください。現在の日本では、AED(自動体外式除細動器)という装置が街中に設置されており、これを用いると心室細動の診断と治療を行ってくれます。

4. どんな病気になると心室細動に気をつけたほうが良いのか

心室細動になりやすい病気があることがわかっています。特に次のような病気がある人は、病状の程度によっては心室細動の発作が起こらないように予防策を考えなければなりません。

それぞれの病気には特徴があるため、その概要を説明します。

虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)

虚血性心疾患とは、心臓に栄養や酸素送る血管(冠動脈)が狭くなったり詰まったりすることで起こります。心臓に栄養や酸素が届かなくなるので、心臓の動きが悪くなります。

血管の詰まる程度があまり大きくない場合には心臓の筋肉(心筋)は破壊されませんが、身体を動かしたりして心臓に負担がかかると心臓はうまく動かなくなり胸痛を感じるようになります。この状態を狭心症といいます。

血管がさらに詰まって細くなってしまうと心筋が破壊されてしまい、身体を動かさなくても胸痛を感じるようになります。この状態を心筋梗塞といいます。

虚血性心疾患によって心臓に負担がかかると、心臓がうまく動かなくなり不整脈が出現することがあります。また、心筋が破壊されることで心臓の電気回路(電気伝導系)が破綻して、不整脈が起こりやすくなることもあります。重度の不整脈が起こった場合には心室細動が出現する場合があります。

心筋症

心筋症とは何らかの原因で心筋にダメージが及び動きが悪くなる病気です。中には原因が明らかでないもの(特発性心筋症)もあります。

心筋にダメージが及ぶと不整脈が起こりやすくなります。その理由は大きく次の2つが考えられます。

  • 心臓の電気回路が乱れてしまうため
  • 心機能が低下してしまい、身体のバランスを取り戻すためにより心臓に負担がかかるようになるため

心筋症と診断された人が動悸や息切れを自覚する場合には、一度不整脈の有無についても調べてもらってください。

QT延長症候群

心臓は電気刺激を受けて動いています。心電図検査はその電気の流れを調べることができます。心電図検査で心臓における電気の流れを見ると、といった特徴的な波形が見られます。

心電図検査で見られる波形,P波、Q波、R波、S波、T波

このQ波とT波の間隔が広い状態のことをQT延長症候群といいます。心臓の筋肉の細胞にあるイオンチャネル(細胞の内外をイオンが通過する窓のようなもの)の問題が原因でこうした変化が起こると考えられています。また、この状態は不整脈が起こりやすくなります。

QT延長症候群には生まれつきQT間隔が広いもの(先天性QT延長症候群)と薬剤などの影響を受けてQT間隔が広いもの(後天性QT延長症候群)があります。

先天性QT延長症候群は遺伝することがあるため、家族に不整脈を持っている人がいる場合は、一度心電図検査を受けて自分の状態を確認することが望ましいです。

また、後天性QT延長症候群内服薬(抗不整脈薬、抗菌薬、抗真菌薬、抗精神病薬、三環系うつ病など)の影響や電解質異常低カリウム血症、低マグネシウム血症)が原因となることがあるため注意が必要です。

QT延長症候群になると心室期外収縮心室頻拍が起こりやすくなります。特にトルサードポアン(Torsade de Pointes)と呼ばれる多形性心室頻拍に注意が必要で、このタイプの不整脈が見られると心室細動に至りやすくなります。

ブルガダ症候群

ブルガダ症候群は若年から中年の男性にまれに見られるもので、心室細動によって突然死を起こしやすいことが分かっています。ブルガダ型心電図と呼ばれる特殊な心電図波形(コーブド型とサドルバッグ型呼ばれる2タイプある)が見られることが特徴です。

ブルガダ型心電図が見られた人は自分に心室細動が起こる危険性がどの程度あるのかを知っておく必要があります。特に親戚に突然死した人がいる場合や過去に失神したことがある場合には心室細動が起こる危険性が高いと判断されるため、埋込み型除細動器が検討されます。

5. 心室細動で人が倒れたら直ちに心肺蘇生法を!

心室細動は非常に危険な不整脈です。直ちに適切な処置をしないとそのまま亡くなってしまいます。

心室細動が現れたらものの数秒で意識を失ってしまうので、自力でなにか対処することは難しいです。一方で、出来るだけ早く治療を行った方が救命率が高いことが分かっているため、周囲の人が適切に対応することが大切です。

この章では心室細動が起こった人に見られる特徴と周囲の人がやるべきことについて考えていきます。

心室細動で失神した人の特徴

心室細動が起こると意識が失われます。一方で、心室細動以外でも意識消失が起こる病気は沢山あります。

意識消失を起こす病気は次のようになります。

【意識消失が起こる病気の例】

周囲の人が意識消失して倒れたとき、これらのどれかが原因となっている可能性が高いです。また、原因によって治療方法が異なるため、できるだけ素早く原因を見つける必要があります。

心室細動が原因で意識消失する人には特徴があります。ポイントは前兆の有無と意識がなくなるまでのスピードです。

【心室細動が原因の意識消失の特徴】

  • 身体に異変をきたしてからあっという間に意識を失った
  • 意識を失う前に胸がもやもやする違和感や動悸を訴えていた

意識を失った近くにいた人に上記の特徴が当てはまる場合は、原因の一つに心室細動を考えなければなりません。

心肺蘇生法は何をする?

心室細動による意識消失が疑われるときに、周囲の人はどういったことをすれば良いのでしょうか。

心室細動から回復するためには電気的除細動(電気ショック治療)が必要です。しかし、電気的除細動はそれを行う機材が必要ですので、すぐ身近に機材がないため治療できないということがよくあります。

そこで、機材が患者のそばに届くまで行われるのが心肺蘇生法です。心肺蘇生法はいわゆる心臓マッサージが基本になります。心肺蘇生法の実際の手順について簡単に紹介します。

  1. 意識を失った人の反応を確認する
    • 声を掛けたり身体を軽く揺すったりして身体の動きを確認する
  2. 周囲の人に助けを求める
    • 救急車を要請する
    • AED(自動体外式除細動器)を持ってきてもらう
  3. 呼吸の有無を確認する
    • 口だけではなく、胸や腹の動きも見て確認する
  4. (呼吸がないあるいは呼吸に異常がある場合)心臓マッサージを開始する
    • 両腕を伸ばして1分あたり100回以上のペースで上から胸を押す
    • 少なくとも5cm以上胸が沈むように押す(子どもは胸の厚さの3分の1が目安)
    • できるだけ圧迫を中断しないように気をつける
  5. (人工呼吸が可能な場合)人工呼吸を行う
    • 顎を持ち上げて気道(空気の通り道)が通りやすい体勢を取る
    • 心臓マッサージを30回やった後に人工呼吸を2回行う
    • うまく人工呼吸を行えない場合は心臓マッサージだけで良い

周囲の人がAEDを持ってきてくれた場合には、できるだけ素早くAEDを使用するようにしてください。実際の使い方や何をやっているのかについて詳しくない人も多いと思いますので、次の章で説明します。

AEDについて

AEDは英語ではAutomated External Defibrillatorの略で、日本語では自動体外式除細動器といいます。名前の通り、問題のある不整脈が起こったときに、「自動で身体の外から致死的な不整脈を除細動」してくれる医療機器です。

AEDは全ての不整脈に対して有効ではありませんが、心室細動に対してとても有効です。しかし、目の前で倒れた人に心室細動が起こっているのかを見た目で判断できないため、状況の判定を行う必要があります。AEDは装着するだけで治療が有効な不整脈と有効ではない不整脈の判別も自動で行ってくれることが特徴です。

AEDを用いることでどんな人でも心室細動を除細動することができます。使用方法も非常に簡単になっており、フタを開けて2枚の電極シートを「右肩の下」と「左胸のやや下側」に貼るだけで、あとは音声ガイドが誘導してくれます。

重要なポイントとしてAEDは次のことを行っています。

  • 電極シートを用いて心電図解析を行い、電気的除細動の有無を判断する
  • 電気的除細動が必要と判断された人に電気的除細動を行う

電気的除細動は心室細動が起こってからできるだけ早い段階で行ったほうが救命率が高いことが分かっています。また、除細動を行うまでの時間は心臓マッサージを行って全身の血流を絶やさないようにする必要があります。AEDが到着するまでの時間やAEDを操作している時間も、心臓マッサージの手を止めないことが大切です。