ていけっとう

低血糖

血液中の糖分(ブドウ糖)が少なくなりすぎて、意識を失ったり、手足が動かしにくくなったりする状態

病気に対応する病院を探す
14人の医師がチェック 146回の改訂 最終更新: 2017.05.02

低血糖の基礎知識

低血糖について

  • 血液中の糖分(ブドウ糖体のエネルギー源となる糖分。血液中のブドウ糖を血糖と呼ぶ)が少なくなりすぎて、意識を失ったり、手足が動かしにくくなったりする状態
    • 血糖血液中のブドウ糖のこと。人が活動するためのエネルギー源。血液中の濃度を血糖値といい、糖尿病の診断に用いられるインスリン膵臓から出る、血糖値を下げる方向に働くホルモン。インスリンの欠乏や作用不足が糖尿病の原因となるのはたらきについては糖尿病のページも参照
  • 大きく分けて、以下の2つの原因が多い
    • 薬の不適切な使用や効きすぎによるもの
    • 体内のホルモン体内で作られて、血流にのって体の特定の部位を刺激する物質。内分泌物質とも呼ばれるの異常によるもの
  • それ以外にも、手術で胃を切除した後やアルコールの影響、栄養失調調節がうまく出来なくなること。ある機能が正常に働かなくなること状態、サプリメント服用、肝不全、腎不全心不全などでも起きやすい

低血糖の症状

  • 主な症状
    • 血糖血液中のブドウ糖のこと。人が活動するためのエネルギー源。血液中の濃度を血糖値といい、糖尿病の診断に用いられる値が60mg/dl以下に低下すると、大量の発汗や手の震えが出てくる
    • さらに血糖値が下がって50mg/dlを下回ると下記のような症状が出始めることが多い(症状の現れ方は個人差が大きい)
    • 脳、精神の症状
      ・空腹感
      ・気持ちの異常:イライラしたり、不安になったりする
      ・異常な行動:つじつまの合わない言葉を発したり、行動をとったりする
      ・意識消失:気を失って何の反応もなくなってしまうことがある
    • 体の症状
      麻痺神経の障害により、手足などに十分な力が入らない、感覚が鈍くなるなど、身体機能の一部が損なわれること:手足が動かしにくくなる、力が入りにくくなる
      ・けいれん:手足が震えたり、勝手に細かく動いたりする
  • 高齢者や低血糖を何度も繰り返している人では、発汗や震えなどの警告症状がなく、突然意識障害意識に異常が生じた状態の総称で、もうろうとした状態や、不適切な反応をする状態、一切の反応がない状態など多段階の症状が含まれるが起こることがある

低血糖の検査・診断

  • まずは、低血糖症の原因となる生活背景がないかを調べる
    • 血糖血液中のブドウ糖のこと。人が活動するためのエネルギー源。血液中の濃度を血糖値といい、糖尿病の診断に用いられるを下げる薬としては、糖尿病内服薬飲み薬のことインスリン膵臓から出る、血糖値を下げる方向に働くホルモン。インスリンの欠乏や作用不足が糖尿病の原因となるの注射がある
    • これらが効きすぎていないか、使用量が多すぎないかを確認する
    • 食事をどの程度食べられていたかを確認する
    • 他の目的で使用される薬の中にも、副作用として低血糖を起こしうるものがある
  • 薬剤以外の原因が考えられる場合
    • 血液検査:血液中のホルモン体内で作られて、血流にのって体の特定の部位を刺激する物質。内分泌物質とも呼ばれる(インスリンなど)の値や肝臓・腎臓などの機能を調べる
    • 腹部CTX線(放射線)を用いて腹部の状態を調べる検査。肝臓や腸などの内蔵から骨や筋肉まで、様々な組織の状態を確認することができる:ホルモンの異常を起こし得るような特殊な腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるがないかを調べる

低血糖の治療法

  • 血糖血液中のブドウ糖のこと。人が活動するためのエネルギー源。血液中の濃度を血糖値といい、糖尿病の診断に用いられる値を上昇させることが、直接的な治療となる
    • 食物(特に糖分を多く含むもの)を摂取する
    • 低血糖症の症状(意識障害意識に異常が生じた状態の総称で、もうろうとした状態や、不適切な反応をする状態、一切の反応がない状態など多段階の症状が含まれるなど)で口から摂取できない場合には、ブドウ糖体のエネルギー源となる糖分。血液中のブドウ糖を血糖と呼ぶを含む点滴を行う
    • 長時間効果が続くインスリン膵臓から出る、血糖値を下げる方向に働くホルモン。インスリンの欠乏や作用不足が糖尿病の原因となるを使っている等の場合、一度糖分を摂取して回復しても、再び低血糖になることがある
  • 自宅でできる応急処置
    • 意識がはっきりとしているのであれば、ブドウ糖やブドウ糖を含む飲料を摂取する
      ・意識がない人の口に、水分を無理やり流しこむことは誤嚥の元となり危険
    • 意識がない場合、救急車を呼ぶと同時に、ブドウ糖を口唇の裏(歯茎の部分)に塗りつける
    • 応急処置用に血糖値を上昇させる注射(グルカゴン)を医療機関で処方されている場合もある
  • 低血糖の原因に対する対応も必要
    • 薬の変更や量の調整
    • 腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるが原因の場合には腫瘍の切除など
    • 低血糖の症状を繰り返す場合には、食事のタイミングや量、回数を工夫することで対応できる場合もある

低血糖の経過と病院探しのポイント

低血糖かなと感じている方

低血糖は、空腹感に加えて、手足のふるえ、意識がもうろうとするといった症状が特徴的です。元々健康な方であれば、食事を抜いたりしただけで低血糖の症状が出現することはありません。それは、体内で血糖血液中のブドウ糖のこと。人が活動するためのエネルギー源。血液中の濃度を血糖値といい、糖尿病の診断に用いられる値を上げようとして様々なホルモン体内で作られて、血流にのって体の特定の部位を刺激する物質。内分泌物質とも呼ばれるが働くためです。他のホルモンの働きが悪くなっているか、あるいはホルモンで補いきれないほど、何らかの原因で血糖値が下がり続けているか、といった場合に低血糖症状が出現することになります。

元々糖尿病があって血糖値を測る器具が手元にある方は、低血糖かもと疑わしい場合、すぐに血糖値を測定してください。症状があって血糖値が50未満の時には、低血糖発作である可能性が高いです。40台であっても症状が出ない人もいれば、50を上回っていても症状が出る方もいますので、個人差はあるところです。しかし、どなたであっても血糖値が70を超えている時には低血糖以外の原因を考えた方が良いでしょう。

低血糖発作であることが分かり、意識がはっきりとしているのであれば、ブドウ糖体のエネルギー源となる糖分。血液中のブドウ糖を血糖と呼ぶやブドウ糖を含む飲料を摂取してください。厳密に言えば、砂糖とブドウ糖では体内への吸収スピードも異なります。低血糖発作のリスクの高い人は、ブドウ糖を常に身近なところに用意しておくことが必要ですが、一般的な砂糖であってももちろん効果はあります。

意識がない人の口に、ジュースなどの水分を無理やり流しこむことは誤嚥の元となり危険ですので避けてください。肺炎を引き起こし、かえって重症になるリスクがあるためです。意識がない場合には、救急車を呼びましょう。また、ブドウ糖をくちびるの裏(歯茎の部分)に塗りつけると少しずつ吸収されて何もしないよりも効果があります。

応急処置によって低血糖発作から回復したとしても、なぜ低血糖発作が起きたのかの診断が必要です。いずれにせよ低血糖発作の後には病院を受診するようにしてください。かかりつけの医師を受診するのが一番ですが、そうでなければ糖尿病科、内分泌代謝体内で行われる、物質の合成や分解などの化学反応のこと内科、または一般内科の受診が適切です。

低血糖に対応する病院・クリニックを探す

低血糖のタグ


関連する病気について知る
糖尿病の基礎知識