ていけっとう
低血糖
血液中の糖分(ブドウ糖)が少なくなりすぎて、意識を失ったり、手足が動かしにくくなったりする状態
14人の医師がチェック 146回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 低血糖のQ&A

    低血糖の原因、メカニズムについて教えて下さい。

    低血糖は主に糖尿病に処方される薬剤の影響(インスリンやある種の経口薬の過剰)によって起こります。十分に食事が取れない場合、腎機能や肝機能が悪化した場合には起こりやすくなります。また、アルコール中毒や重度の感染症でも起こりますし、特殊な内分泌疾患(副腎不全やインスリノーマなど)でも起こりえます。しかし、圧倒的に多い原因は薬剤によるものです。

    低血糖は、どんな症状で発症するのですか?

    軽度な低血糖であれば空腹感、冷や汗、動悸、脱力感、ふるえなどを自覚します。更に血糖が下がると判断力の低下やイライラするなどの脳の症状が出現し、痙攣、昏睡状態になることもあります。ただし、低血糖を繰り返していると重度の低血糖状態であったとしても症状を感じない場合もあり(無自覚低血糖)、急に意識を失うこともありますので注意が必要です。

    低血糖が重症化すると、どのような症状が起こりますか?

    昏睡状態になった場合、緊急処置が必要となります。速やかに血糖を上げる処置(ブドウ糖の投与など)がなされないと命に関わることもありますので、速やかに対応することが大事です。

    低血糖を繰り返すとどうなりますか?

    低血糖を繰り返した場合、 低血糖の症状を感じる閾値が下がり、急に意識を失う可能性があります(無自覚低血糖)。また、近年、厳格な血糖コントロールを行っても低血糖を繰り返すことで、合併症が増える可能性が数々の研究で示唆されています。もちろん低血糖が起きない範囲での糖尿病による高血糖の治療は望ましい状況なのですが、低血糖を起こしうる治療の場合は、低血糖の危険性を下げることが優先されています。その他、繰り返し低血糖を起こす事で小児の場合は知能発達に影響したり、高齢者の場合は認知機能が低下してしまうという報告もあります。

    低血糖は、どのように診断するのですか?

    目安として血糖値が70mg/dL未満になると、空腹感や脱力感、冷や汗などの症状が出てきます。これらの症状があり、かつ血糖測定で70 mg/dL未満の場合に低血糖と診断します。しかし、この数値はあくまで目安であり、血糖がより低値であっても症状を感じない場合もあれば、高血糖から急に正常の血糖まで低下しただけで症状を感じる場合もあります。もしも自身で血糖測定をしている場合、症状を感じたら速やかに血糖値を測定することが大切です。

    低血糖の治療法について教えて下さい。

    もし意識があり、食べることが出来るのであれば、速やかに糖質を摂取して下さい。ブドウ糖摂取が最も速やかに血糖を上昇させるため、低血糖をよく起こす場合にはブドウ糖タブレットなどを携帯するのも良いと思います。また、ある種の薬剤(αグルコシダーゼ阻害薬)による低血糖の場合はブドウ糖でしか改善しませんので注意が必要です。特にインスリン注射で低血糖を起こし、食べることが出来ない場合は、グルカゴン筋肉注射による対応法もあります。意識を失う程の重症低血糖の場合は、速やかに医療機関を受診することも必要です(ブドウ糖静脈注射による治療を行います)。

    低血糖では入院が必要ですか?

    薬剤による低血糖の場合、病院に来てからも、低血糖が継続しているかで入院が必要かどうかが決まります。もしもブドウ糖静脈注射だけで血糖が改善し、その後も低下することがなければ帰宅可能ですが、また低下してしまう場合には、ブドウ糖持続点滴による治療が必要になります。腎機能が悪化している場合や、スルホニル尿素薬という内服薬、中間型-持効型インスリンによる低血糖の場合は、他の原因による低血糖に比べて、症状が継続する可能性が高くなります。

    低血糖は、再発を予防できますか?

    薬剤の調整によりある程度予防出来ることが多いのですが、インスリン依存状態(1型糖尿病など)でインスリン自己注射をしている場合、気を付けていても高血糖、低血糖を繰り返すタイプの糖尿病もあり(ブリットル型と言います)、再発をゼロにすることが難しい場合もあります。かかりつけ医とよく相談する必要があります。

    低血糖に関して、日常生活で気をつけるべき点について教えて下さい。

    自身で血糖値を測定をしている場合、まずは症状を感じたらこまめに血糖値を測り、速やかに糖質が摂取出来るように対応して下さい。その上でかかりつけ医と薬剤についてよく相談して下さい。また、他の病気等が原因で食べる量が減ると相対的に薬剤が過量になりますので、調整が必要になる場合があります(シックデイ対応)。その場合、どの薬を減量すべきか、もしくは中止にしてはいけないか、予め医師とよく相談しておく必要があります。特にインスリンの種類によっては、低血糖が怖いからといってむやみに中止すると、大変な高血糖になり入院が必要になる場合もあるため、自己判断は危険です。医師からの指示を確認しましょう。


MEDLEYニュース新着記事