医師たちがつくる病気事典メドレー

高ナトリウム血症

高ナトリウム血症の基礎知識

高ナトリウム血症とは?

  • 血液中のナトリウム濃度が上昇した状態
  • 喉の渇きや興奮状態、痙攣が起こる
  • 様々な病気が高ナトリウム血症を起こす
  • 血中ナトリウム濃度は135mEq/lから145mEq/l程度が正常
  • 主として以下の原因が考えられる
    • 飲水不足による脱水
    • 腎臓以外からの水分喪失による脱水
    • 腎臓での水代謝異常による水分喪失
    • 細胞内への水分の移動
    • 大量の輸液やナトリウムを含む薬剤によるナトリウム過剰
    • 腎臓でのナトリウム代謝異常によるナトリウム過剰(尿崩症、鉱質コルチコイド過剰など)
  • 飲水不足の原因
    • 高齢者
    • 乳幼児
    • ほかの原因による意識障害で水を飲めない
    • ほかの原因により動き回れず水を飲めない
  • 腎臓以外からの水分喪失の原因
  • 細胞内への水分の移動の原因
    • けいれん、横紋筋融解による細胞崩壊
  • 腎臓での水代謝異常による高ナトリウム血症の原因
    • 血漿浸透圧が上がると水分が尿として失われる(浸透圧利尿)
      糖尿病
      ・高カロリー輸液
      ・高タンパク経腸栄養
      ・浸透圧利尿薬(マンニトール、グリセロール)
    • 利尿薬の作用で水分が尿として失われる
  • ナトリウム過剰を起こす輸液や薬剤の例
    • ナトリウム濃度が高い輸液
    • 重炭酸ナトリウム
    • 溺れて大量の海水を飲んだ
  • 腎臓でのナトリウム代謝異常によるナトリウム過剰の原因
  • 通常、血液中のナトリウム濃度が上昇しても喉が渇いて水分を摂取するためナトリウム濃度は正常に戻る
  • そのため、低ナトリウム血症に比べると高ナトリウム血症の頻度は低い

症状

  • 一般的に急性の経過であれば重い症状が出やすく、慢性の経過であれば症状が出にくい
  • 初期から見られやすい症状
    • イライラ
    • うつ
    • 傾眠
    • 高熱
    • 過換気(過呼吸)
    • 喉の渇き
    • 興奮状態
    • けいれん
  • 重症化すると出現する症状(Na>160mEq/l程度)
    • 昏睡
    • 呼吸が浅く、弱くなる
  • 脳出血くも膜下出血を引き起こす場合もある

検査・診断

  • 血液検査
    • ナトリウムの血中濃度を調べることで診断できる
    • 尿崩症が疑われた場合、ホルモン量の測定なども採血で行う
  • 尿検査
    • 原因を探るため、尿量、電解質の排泄量、尿浸透圧を調べる
  • ホルモンの作用を確かめるための検査
    • 水制限試験、ナトリウム負荷試験:ADHの作用を見る
  • 原因を鑑別する
    • 体重増加などで水分過剰が見られれば、輸液や薬剤によるナトリウム過剰を疑う
    • 体重の増減がなければ、細胞内への水の移動を疑う
    • 体重・尿量が減少し尿浸透圧が高ければ、下痢や発汗による水分喪失を疑う
    • 病歴から利尿薬・浸透圧利尿薬・糖尿病などの原因を判定する
    • 尿浸透圧が低ければ尿崩症などのナトリウム代謝異常を疑う

治療

  • 軽度で無症状であれば、飲水のみで改善する
  • 重症であれば点滴で水分を補充して、ゆっくりと血液中のナトリウム濃度を下げる
    • 5%ブドウ糖液とループ利尿薬(フロセミド、商品名ラシックス)を使う
    • 急にナトリウム濃度を下げると脳浮腫を引き起こす恐れがある
    • 1時間あたり1mEq/lから2mEq/l、1日で12mEq/lまでの補正にとどめる
  • 診断に基づいて、原因となっているものを治療していく
  • 中枢性尿崩症に対してはADH(デスモプレシン)を与えることが重要
    • デスモプレシン製剤は従来点鼻薬(鼻から吸収させる)だけだったが、2013年に飲み薬のミニリンメルト(商品名)が発売された

高ナトリウム血症の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

高ナトリウム血症では、意識がもうろうとしたり、吐き気が出現したりします。通常高ナトリウム血症になる前に、感染症熱中症など原因となる何らかの別の病気がありますので、高ナトリウム血症だけが突然起きるという心配はありません。

高ナトリウム血症の診断そのものは、内科全般で行えます。血液検査が行える医療機関であればどこでも対応が可能です。

高ナトリウム血症は、血液検査の結果で診断します。ナトリウムの濃度は通常135-145mEq/l程度ですが、145mEq/lや150mEq/lを上回って、意識がもうろうとしたり、けいれんなどの症状がある場合に高ナトリウム血症と診断します。症状が伴わず数値が高いというだけでは、病気としての高ナトリウム血症とは呼びません。


この病気でお困りの方

高ナトリウム血症の治療では、体内に溜まりすぎたナトリウムを薄めるために、水分を多めに摂取することになります。基本的には入院の上で、点滴で必要な量の水分をとるようにします。

それと同時に、高ナトリウム血症の原因となった何らかの病気(発熱の原因となるような肺炎尿路感染症熱中症など)が隠れていることも多いですので、そちらの病気の治療も同時に行う必要があります。

入院が可能な総合病院であれば、ほとんどの病院で対応が可能です。また、基本的には大学病院などの高度医療機関である必要はなく、どこで入院をしてもあまり治療方針に差がつきにくい病気の一つです。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.