ていなとりうむけっしょう
低ナトリウム血症
血液中のナトリウム濃度が低下した状態。だるさや意識障害、けいれんを起こす
5人の医師がチェック 160回の改訂 最終更新: 2018.02.15

低ナトリウム血症の基礎知識

POINT 低ナトリウム血症とは

ナトリウム(Na)は人間にとって重要なミネラルであり、血液中のNa濃度は概ね140mEq/L前後に維持されています。これが何らかの理由で135mEq/L未満になっている状態を低Na血症と呼びます。低Na血症になってしまう原因としては、嘔吐や下痢、薬剤の影響、内分泌的な異常、妊娠、心不全、肝不全、腎不全などが挙げられます。症状としては、意識がもうろうとする、受け答えがおかしい、頭が痛い、吐いてしまう、けいれんする、などが挙げられます。診断は採血検査により容易に行えますが、低Na血症になった原因を調べるためには尿検査や画像検査などが適宜追加で行われます。低Na血症の原因は多岐にわたるため、治療は原因に応じて様々なものがあります。食塩にはNaが含まれていますが、必ずしも食塩を摂取すれば治療になるわけではなく、むしろ心不全などの場合には有害となることもあります。低Na血症が心配な方や治療したい方は一般内科、内分泌内科、腎臓内科などを受診してください。

低ナトリウム血症について

  • 血液中のナトリウム(Na)濃度が低下した状態
    • 血液中Na濃度の正常値は135mEq/Lから145mEq/L程度
  • 様々な疾患、病態が低ナトリウム血症を引き起こす
    • 治療のためにも原因を調べることが大切である
  • 主として以下の原因が考えられる
    • 水分の過剰が原因の場合
      心不全
      腎不全ネフローゼ症候群
      肝硬変、肝不全
      水中毒:ビールの多飲、心因性多飲症など
    • 腎臓からのナトリウムの喪失が原因の場合
      ・手術後
      前立腺や膀胱腫瘍の経尿道的切除後
      薬剤性:サイアザイド系利尿薬など
      ・アルコール中毒
      SIADH
      ・加齢によるホルモンバランスの崩れ(MRHE)
      ・妊娠
      甲状腺機能低下症
      副腎不全アジソン病など
      ・糖質コルチコイド欠乏
      ・低アルドステロン
      下垂体機能低下:下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫サルコイドーシスリンパ球下垂体炎、シーハン症候群など
    • 腎臓以外のナトリウムの喪失が原因の場合
      ・飢餓、偏食による食物からのナトリウム摂取不足
      ・嘔吐、下痢、熱傷やけど)によるナトリウム喪失
    • 水分の血液への移動が原因の場合
      高血糖
      ・浸透圧利尿薬(マンニトール、グリセロールなど)
      ・カリウム欠乏による細胞内浸透圧の低下
  • ナトリウムは食塩の成分であり、通常の食事をしていれば不足する心配はない
  • 実際はナトリウムの血中濃度が正常でも、高脂血症、高タンパク血症、高血糖があることで検査上低ナトリウム血症となること(偽性低ナトリウム血症)がある
    • 多発性骨髄腫、マクログロブリン血症による免疫グロブリン過剰(パラプロテイン血症)なども原因になる

低ナトリウム血症の症状

  • 低ナトリウム血症の進行の速さと血中のナトリウムの値によって重症度が決まる
  • 一般的に急性の経過であれば重い症状が出やすく、慢性の経過であれば症状が出にくい
    • 例えば数日単位で130mEq/Lまで低下すれば症状が出るが、数年で120mEq/Lまで低下しても症状が出ないことなどもある
  • 初期から見られやすい症状
    • 倦怠感
    • 頭痛
    • 吐き気、嘔吐 など
  • 重症化すると出現する症状
    • 脱力
    • 傾眠
    • 意識障害
    • けいれん
  • その他、低ナトリウム血症を起こす病気の症状として以下が現れることがある
    • 浮腫むくみ
    • 脱水によるふらつき、頻脈、皮膚や口の中の乾燥、喉の渇き

低ナトリウム血症の検査・診断

  • 血液検査
    • ナトリウムの血中濃度を調べることで診断できる
    • 原因の鑑別のため、血糖値、コレステロール、蛋白、甲状腺機能、副腎機能などを調べる
  • 尿検査
    • ナトリウム、カリウムなどの排泄量を見る
  • 胸部レントゲン心エコー
    • 心不全が疑われるとき、血液検査とあわせて評価する
  • 低ナトリウム血症の原因となる疾患、病態を鑑別するため、下記のような検査を行っていく
    • 病歴から利尿薬ほかの薬剤の使用、高血糖などをチェックする
    • 妊娠の可能性を検討する
    • 尿浸透圧低下(<100mOsm/kg)があれば水中毒を疑う
    • 血漿浸透圧が等張性なら偽性低ナトリウム血症を疑う
    • 尿中Na濃度を測定する
    • 脱水があり尿中Na濃度が20mEq/L以上なら腎臓からの喪失(慢性腎臓病、利尿薬など)を疑う
    • 尿中Na濃度が20mEq/L以下なら腎臓以外からの喪失(下痢・嘔吐など)を疑う
    • 浮腫があれば水分の過剰(心不全腎不全肝硬変など)を疑う
    • 血液量が正常で甲状腺機能や副腎機能にも異常がなければSIADH、MRHEを疑う

低ナトリウム血症の治療法

  • 意識障害発症しているなど重症の場合、不足しているナトリウムを点滴で補い、ナトリウム濃度を補正する
    • 補充の速度が早すぎると脳にダメージを与える(浸透圧性脱髄症候群)ので、ゆっくり補充する
    • 1時間あたり1mEq/L程度まで、1日あたり10-12mEq/Lまでの補正とする
  • 治療として食塩そのものを摂取することもある
    • 病気の種類によっては有害になるので、自己判断では行わない
  • 軽度で無症状であれば経過観察することが多い
  • 以下のように、原因に応じた治療を行っていく
    • 心不全腎不全が原因の場合、過剰な体内水分貯留が原因なので、水分摂取制限を行ったり、利尿薬を使って水分を排出する(この場合、ナトリウムの補充は症状を悪化させてしまう)
    • 水中毒(心因性多飲)の場合、水分摂取量を制限する
    • 甲状腺機能低下症副腎不全アジソン病など)の場合はホルモン補充を行なう
    • 薬剤性(利尿薬や抗うつ薬など)の場合は、原因薬剤を中止する

低ナトリウム血症の経過と病院探しのポイント

低ナトリウム血症が心配な方

低ナトリウム血症では、だるさや吐き気といった症状が出現します。しかし、症状だけから自己診断するのは難しい病気です。低ナトリウム血症の診断そのものは、内科全般で行えます。血液検査が行える医療機関であればどこでも診断が可能です。

低ナトリウム血症は、血液検査の結果で診断します。ナトリウムの濃度は通常135-145mEq/L程度ですが、135mEq/Lや130mEq/Lを下回っている場合に低ナトリウム血症と診断します。症状が乏しい場合もあり、診断したからといって必ずしも直ちに治療が必要なわけではありません。

低ナトリウム血症に関連する診療科の病院・クリニックを探す


低ナトリウム血症が含まれる病気


低ナトリウム血症のタグ


低ナトリウム血症に関わるからだの部位

MEDLEYニュース新着記事