おなかのいたみ
お腹の痛み

お腹の痛みの基礎知識

概要

お腹の痛みは、胃腸と、子宮や卵巣といった女性の臓器が原因になりやすいです。みぞおちは胃、右下腹部は盲腸、下腹部は子宮や卵巣などある程度の傾向があります。

痛み止めはお腹の痛みには効きづらく、また、胃を荒らして余計に胃が痛くなる可能性に注意が必要です。

原因とメカニズム

お腹にはたくさんの臓器があり、腹痛の原因も種類が多いです。腹痛の場合、お腹の臓器の位置を知っていると、理解しやすいです。

ここではお腹の痛みの部位ごとに、原因となる病気を紹介します。

みぞおち辺り(心窩部):胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃がん、虫垂炎、膵炎、狭心症心筋梗塞

左上腹部胃潰瘍、脾梗塞、左尿路結石、左腎盂腎炎

右上腹部:肝炎、胆石症胆管炎、胆嚢炎、右尿路結石、右腎盂腎炎

へその周り:虫垂炎、腸炎、虫垂炎、腸重積症、急性膵炎クローン病

左下腹部憩室炎、大腸炎、大腸がん腸閉塞、左尿路結石、左卵巣のう腫/茎捻転、子宮外妊娠ヘルニア嵌頓虚血性大腸炎

右下腹部クローン病潰瘍性大腸炎憩室炎、大腸炎、大腸がん腸閉塞、右尿路結石、左卵巣のう腫/茎捻転、子宮外妊娠、ヘルニア嵌頓

下腹部中央:腸炎、尿閉、月経困難症子宮外妊娠、子宮がん閉鎖孔ヘルニア膀胱炎

腹部全体:胃腸炎、過敏性腸症候群腸閉塞イレウス)、便秘

症状から考えられる病気

吐き気、嘔吐がある

胃・十二指腸潰瘍、胃腸炎、虫垂炎、尿路結石腎盂腎炎胆石症胆嚢炎、胆管炎、腸閉塞イレウス)などが考えられます。

下痢がある

胃腸炎、クローン病潰瘍性大腸炎などが考えられます。

痛みに波がある

腸管や尿管などの管は、蠕動運動といって、常に動いています。胃腸炎、腸閉塞胆石症尿路結石などは、蠕動運動に合わせて、痛みが強くなったり、弱くなったりします。

熱がある

胃腸炎、虫垂炎、胆嚢炎、胆管炎、クローン病潰瘍性大腸炎などが考えられます。

足のつけ根が膨らんでいる

鼠径ヘルニアの可能性があります。

数週間以上続いている

胃・十二指腸潰瘍過敏性腸症候群クローン病潰瘍性大腸炎などが考えられる。

早朝、空腹のときに痛い

十二指腸潰瘍が考えられます。

食事後に痛みが強くなる

胃潰瘍が考えられます。

血便がある

胃・十二指腸潰瘍、出血性の胃腸炎、クローン病潰瘍性大腸炎大腸がんなどが考えられます。

お腹の手術を受けたことがある

腸閉塞イレウス)の可能性があります。

女性で月経開始数日前から月経開始直後まで痛い

子宮内膜症月経困難症の可能性があります。

怖い病気

狭心症・心筋梗塞

一般内科や救急科を受診すると、必要に応じて心電図や血液検査、心臓超音波検査などを通じて、狭心症心筋梗塞が隠れていないか調べることができます。

狭心症心筋梗塞では、早急に入院・カテーテル治療や手術が必要となります。

胆管炎

全身に細菌が拡がり、敗血症になりやすい危険な病気です。胆管ドレナージと言って、詰まっている胆管にチューブを入れて、胆管の流れを良くする治療が行われます。

癒着性腸閉塞(イレウス)

お腹の手術を受けたことがある人は要注意です。

受診の目安

・何回も嘔吐している
・冷や汗をかく
・38℃以上の高熱がある
血便が出ている

診療科

一般内科・総合診療科

腹痛の原因の多くは、胃腸炎です。一般内科で十分診断・治療が行われます。

消化器内科

胃カメラ大腸カメラで、胃や大腸を直接見ることができます。

検査

血液検査

全身の炎症の度合いや、肝臓・膵臓・腎臓の値の変化を調べることができます。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

胃・十二指腸潰瘍、胃炎などの診断の役に立ちます。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

虚血性大腸炎クローン病潰瘍性大腸炎大腸がんの診断の役に立ちます。

治療

原因の病気に応じた治療が行われます。

お腹の痛みには、一般的な鎮痛薬があまり効きません。胃腸炎や尿路結石など、蠕動運動に伴って痛い場合は、ブスコパン®という鎮痙薬を送ってもらいますね。



関連するリンク

MEDLEYニュース新着記事