ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

脇の下のできもの・しこりは粉瘤(アテローム)?

脇の下のできもの・しこりの多くは粉瘤です。粉瘤は皮膚の下に老廃物が溜まったものです。粉瘤以外には脂肪腫悪性リンパ腫乳癌リンパ節転移などが考えられます。見た目で区別するのは難しいので、病院で相談してください。

1. 脇の下のできものに関係する病気とは?

脇の下にできる「できもの」や「しこり」のうち、よく見られる原因は粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも呼びます)です。

粉瘤以外で脇の下にできものができる代表的な病気は、脂肪腫悪性リンパ腫が挙げられます。

「しこり」とは?

「しこり」というのは、体の一部が周りより硬くなっている症状のことです。粉瘤のドーム状の出っ張り、いぼのような塊も病院では「しこり」と表現されます。

「しこり」と言われたら「かたまり」のことだと思ってください。「かたまり」と言うと手のひらでつかめるぐらいの大きさを想像するかもしれませんが、粉瘤の「しこり」は1cm以下で見つかることもあります。

ほかの病気で「しこり」と言われる症状の中には肩こりぐらいの硬さの「しこり」も、石のように硬い「しこり」もあります。粉瘤の「しこり」は触ると周りの皮下脂肪よりは硬いことがわかる程度の硬さです。

粉瘤(アテローム)とは?

粉瘤は、皮膚の下に嚢胞(のうほう)という袋ができて、その中に老廃物が溜まった状態です。数mmから数cm程度のしこり・できものとして見えます。粉瘤は皮膚のどこにでもでき、脇から脇腹のしこり・できものの原因としてもまず考えられます。

袋の中が何らかの理由で感染してしまい炎症を起こすと、赤い腫れになったり、痛みや臭いの症状が現れます。臭いが出ることもあります。

粉瘤とニキビの違いは?

粉瘤と間違えやすいのがニキビです。粉瘤とニキビには違った特徴があります。

  • 粉瘤には真ん中に黒い点(へそ)がある
  • 粉瘤はつまめるくらいの大きさになる
  • 粉瘤は臭い膿が出ることがある

ただしこれらの特徴がはっきりしない粉瘤もあります。

脂肪腫とは?

脂肪腫は、皮膚のすぐ下にできる良性腫瘍として、よく見られるものです。

体のいろいろな部位にできますが、背中や肩、首に多く、脇の下にもできます。特に症状はなく、皮膚の下の柔らかいしこり・できものとして触れることができます。悪くなることはありませんが、見た目として気になったり、邪魔になるようであれば、手術によって取り除くことができます。

悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫は、脇の下のしこりが固かったり、触っても動かなかったりした場合に疑う必要があります。悪性リンパ腫では、脇の下のしこり・できもの以外の症状(例えば、発熱、寝汗、体重減少など)も判断の参考になります。

乳癌のリンパ節転移とは?

乳癌の細胞が腋窩リンパ節(脇にあるリンパ節)に転移すると、脇のしこり・できものとして触れることがあります。

乳癌の手術後や乳癌の治療中の女性が脇のしこり・できものに気付いたら、乳癌を治療している病院で相談してください。

副乳とは?

副乳とは、通常の乳頭以外の場所にある乳房で、脇の近くにある人もいます。男性・女性ともに、気付かないほどの大きさの副乳を含めると数%の人が副乳を持っています。

副乳の大きさや形によってはしこり・できもののように見えます。妊娠中や産後・授乳中に副乳に気付く女性もいます。治療の必要はありません。

2. 脇の下の粉瘤は痛い?痛くない?

痛みがあるかないかで粉瘤とほかの病気を見分けることはできません

粉瘤なら通常は痛みはありませんが、感染して炎症を起こした粉瘤は赤くなって痛みがあります。

悪性リンパ腫などでは通常は痛みがありません。痛くないから悪い病気ではないとは言えません。

脇の下に痛み・かゆみがあるときは、粉瘤のほかに毛嚢炎帯状疱疹も考えられます。

3. 粉瘤など脇の下のしこり・できものに対する治療法の違いとは?

脇の下のできものがもし粉瘤であった場合、かつ症状が重い場合は以下の治療法があります。

脇の下のしこり・できものが粉瘤ではなかったときの治療法は?

脂肪腫では前述したように治療の必要性は少ないのですが、万が一脂肪腫があることで問題が出てきた場合は、手術によって取り除くこともあります。

悪性リンパ腫の場合では、重症度にもよりますが、抗がん剤治療化学療法)や放射線治療が主となります。手術では治すことができません。

4. 脇の下のしこり・できものは何科?

脇の下のしこり・できものに気付いたとき、検査や診察を受けずに原因を正確に見分けるのは難しいので、皮膚科・美容形成外科などの病院・クリニックを受診することをおすすめします。

最初に皮膚科に行くのが、ほかの病気と見分けて正確に診断するためには適しています。

粉瘤と診断されたあとで手術する病院を選びたいときは、どんな手術をしているのか、また手術の費用はいくらかが病院によって違うので、自分の希望に合う病院を探してください。

病院の選び方について詳しくは「粉瘤は何科に行けばいいの?皮膚科?形成外科?美容外科?」で説明しています。