ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

粉瘤(アテローム)を潰すとどのような危険があるの?粉瘤の再発と併せて解説

粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも呼びます)は皮膚の下に嚢胞(のうほう)という袋が出来て、老廃物が溜まる病気です。この袋に細菌が入り込み増殖すると、感染・炎症を起こしてしまいます。ニキビとは違い、自然治癒はしません。一度気になるとニキビやイボと同様に、引っ掻いたり潰したりして対処しようと考えてしまうのですが、実はこの行為は危険なのです。

粉瘤を潰してしまうと、嚢胞のなかに細菌が入り込んで感染してしまう可能性があります。感染すると痛みが出てきたり、腫れたり、においを放ち始めます。細菌を侵入させないために、粉瘤は潰さないことが大事なのです。

すでに炎症を起こして嚢胞の中にが溜まっている場合、粉瘤を押し潰すと溜まった白色〜黄色のどろっとした膿が出てきます。

もし粉瘤が一度感染してしまうと、嚢胞の中は細菌が繁殖しやすいので自然には治りにくいです。まずは抗菌薬抗生物質)を使ったり、粉瘤を切開して中の膿を出して、感染を治す必要があります。

粉瘤が感染した時の治療法について詳しい情報が知りたい方は、「においや痛みがある感染性(炎症性/化膿性)粉瘤の治療」をご覧ください。

もし自分で一回潰してしまっても、袋が残っている限り、また同じように老廃物が溜まり、再発することになります。粉瘤が再発しないように完治させるためには、手術で嚢胞を取り切る必要があります。手術については「潰すな危険!粉瘤は手術時間5分・痛みなしの「へそ抜き法」で完治!」で詳しく説明していますのでご覧ください。医師にも相談し適切な治療を受けましょう。