ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

耳たぶのできものは粉瘤(アテローム)?耳前瘻孔?

粉瘤(アテローム)は皮膚にできる良性病変で、背中や、顔、耳などにできやすいです。耳のなかでも、耳たぶや耳の裏に見られることが多いと言われています。粉瘤と、耳にできる耳前孔との違いを解説します。

1. 耳たぶのできものは粉瘤?

粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも呼びます)は、頭や首、耳、胸、腰、背中やお尻によくできるドーム状の良性病変です。

粉瘤が耳にできる場合は、耳たぶや耳の裏にできることが多いです。

粉瘤の見た目は小さなコブのようなのですが、皮膚の中では嚢胞(のうほう)という袋のようなものを作ります。そこにがたまると、異臭を放ちます。コブの中心部分には黒い点があり、嚢胞の中から腐臭や膿が出ることもあります。感染により重症化すると、赤くなったり腫れたりします。

2. 粉瘤と同様に耳たぶにできる耳前瘻孔(耳瘻孔)との症状の違いは?

粉瘤と同じように耳にできる病気があります。耳前瘻孔(じぜんろうこう)という病気です。

耳前瘻孔は、先天性の(生まれ持った)病気で、耳の穴の少し前の部分に、瘻孔と呼ばれる小さい穴ができます。

粉瘤と同様、特に症状が見られなければ、治療をしないで経過観察することもありますが、細菌に感染し、穴の周囲が腫れたり、膿が出る場合には治療をしなければいけないこともあります。

粉瘤と耳前瘻孔の違いは、耳前瘻孔は粉瘤ほどコブが大きくなることがごく稀であることです。

3. 耳たぶのできものは粉瘤か耳前瘻孔かで治療が違う

粉瘤の治療法は、主に手術(切開術)とくり抜き法(ヘソ抜き法:粉瘤に穴を開け、袋を取り除く方法)です。細菌感染を起こしている場合は、抗生物質を飲むことや皮膚を切開して膿を出すことがあります。詳しい治療法は「潰すな危険!粉瘤は手術時間5分・痛みなしの「へそ抜き法」で完治!」や「においや痛みがある感染性(炎症性/化膿性)粉瘤の治療」をご覧ください

一方耳前瘻孔の治療法は、摘出手術になります。感染を起こしていなければ、手術などの治療はせずに様子を見ますが、感染を再発する可能性がある場合、摘出手術が勧められることがあります。

4. 耳たぶのできものが気になったら病院へ

粉瘤も耳前瘻孔も、自然にはなくなりません。だんだん大きくなってくる場合や、痛み、熱を持っている、腫れが見られるなどの感染症が疑われる場合には、重症化する前に早めに皮膚科などの病院を受診することが大事です。特に、ケアをしていてもどうしても汚くなりがちな部位に関しては感染のリスクが高いため、注意が必要です。

病院の選び方について「粉瘤は何科に行けばいいの?皮膚科?形成外科?美容外科?」で詳しく説明しています。