ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

背中のしこり・できものの原因は?粉瘤(アテローム)にご注意

 背中のしこりやできものの原因は、厄介な粉瘤(アテローム)であるときがあります。ここでは、背中のできものに対する知識や治療法について解説します。

1. 背中のしこり・できものはニキビだけではない

夏になると海やプールに遊びに行って水着になる方も多くいると思います。そんなときに気になる背中のしこり・できものですが、一番多い原因はニキビです。ところがその背中のできものの中に、ニキビよりも厄介な粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも呼びます) が紛れていることがあります。もし粉瘤である場合は、適切に治療を行わないと完治することはありません。

2. 背中のしこり・できものにも見える「粉瘤」とは?

粉瘤とは、皮膚の中にできる嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋に老廃物が溜まり、炎症などを起こす病気です。老廃物が溜まると、どんどん大きくなっていき、ときには数cmまで達することもあります。

背中のしこり・できものの原因として、ニキビと粉瘤を見分ける必要があります。背中のニキビと粉瘤はどのような点で異なるのでしょうか。

3. 背中のしこり・できものの見分け方

背中のしこり・できものが粉瘤かどうかを見分けるには、粉瘤の特徴に注目してください。

粉瘤にあってニキビにない特徴として、以下の点が挙げられます。

  • 粉瘤の中心に黒い点が見られる

  • 臭いがある

  • つまむことができる

  • 数cmにまで大きくなる

ただし粉瘤でもこれらの特徴に当てはまらないことがあります。粉瘤とニキビの違いについて詳しい内容は、「粉瘤(アテローム)の見分け方とニキビとの違いについて」をご覧ください。

ここで問題となるのが、背中のしこり・できものの場合はそれらの特徴を確認しづらいことです。大きさはひとつ目安になると思います。背中のしこり・できものが粉瘤かもしれないと思った方は医療機関を受診して診断してもらうことをおすすめします。

4. 背中のしこり・できものの治療はニキビか粉瘤かでまったく違う

背中のしこり・できものの治療法はニキビと粉瘤で異なります。

ニキビは塗り薬や、症状が重い方は飲み薬を用いることが多いのですが、粉瘤は薬では完治できません。粉瘤を完治させる場合は、手術で取り除く方法しかないのです。最近では従来の手術よりも傷跡が小さくて済む、くり抜き法という手術法があります。詳しい方法に関しては、「潰すな危険!粉瘤は手術時間5分・痛みなしの「へそ抜き法」で完治!」をご覧ください。

5. 背中のしこり・できものに困ったら病院へ

ここまで背中のしこり・できものについて、主に粉瘤に注目して解説してきました。背中はなかなか見えづらい部分でもありますが、気になる方は皮膚科などの医療機関を受診し、どのように治療をしていくか医師と相談すると良いでしょう。