ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

粉瘤が顔にできるときれいに治るの?治療法について解説

粉瘤が顔にできると、気になる方もいるかもしれません。どうにかしてきれいに取りたいと思ったとき、そのような治療法はあるのでしょうか?

粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも呼びます) は皮膚の中に嚢胞(のうほう)という袋状の空間ができ、そこに老廃物などが溜まることでイボのようなものができる病気です。放っておくと、どんどん大きくなっていき数cmになることもあります。大きくても数mmのニキビと比べると、とても大きく感じると思います。

粉瘤のようなできものが顔にあると、どうしても気になって指でいじってしまったり、触ってしまたりすると思います。しかし粉瘤の表面を傷つけてしまって、雑菌が傷口から入って感染すると、腫れや痛み、異臭が出てくるため厄介です。痕も残りやすくなるため、注意が必要です。

この顔にできた粉瘤ですが、ニキビとは異なり自然に治るということはありません。また、ニキビの薬を塗っても効果はありません。治療するためには、手術で取るしかないのです。

くり抜き法(へそ抜き法)は、粉瘤の部位全体をくり抜いたり、切除する方法です。詳しい手術法は「潰すな危険!粉瘤は手術時間5分・痛みなしの「へそ抜き法」で完治!」をご覧ください。

切開は、粉瘤の中に溜まったうみ)を排出するために行います。膿の色は白っぽく、臭いを発する場合が多いです。詳しくは「においや痛みがある感染性(炎症性/可能性)粉瘤の治療」をご覧ください。

粉瘤は感染してしまうと厄介です。放っておくと徐々に大きくなることがあり、また感染してしまう可能性もあるため、粉瘤が疑われれば早めに手術でとった方が良いという考えもあります。

しかし、手術をすれば傷跡は残る可能性が高いことも考えなければいけません。特に粉瘤が顔にできた場合は、顔に傷が残るということになります。手術後の傷跡については「粉瘤の手術の傷跡は残るの?」で詳しく説明していますので、ご覧ください。


粉瘤が顔にできた場合の治療法や注意するべき点についてまとめました。顔に粉瘤ができたからといって、間違っても自分で潰したり取ろうとはしないようにしましょう。