ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

粉瘤(アテローム)に関してよく聞かれる質問

Q. 粉瘤の再発を防ぐような方法(予防法)はありますか?

A. 手術で皮膚の下にある嚢胞(のうほう)を取りきれば、ほとんど再発しません。粉瘤は自分で強く押して潰して凹んだとしても、また再発します。この質問に関連するページとして、「粉瘤(アテローム)を潰すとどのような危険があるの?粉瘤の再発と併せて解説」「潰すな危険!粉瘤は手術時間5分・痛みなしの「へそ抜き法」で完治!」がありますので、参考にしてください。

Q. 粉瘤が破裂することはありますか?また、破裂した時はどうしたらいいですか?

A. 皮膚の下の嚢胞(のうほう)という袋の中に細菌が入り込み、さらに細菌が繁殖した場合、感染性(炎症性/化性)粉瘤になります。老廃物が溜まっていた嚢胞の中に、大量の膿も貯まるようになり、何かの拍子に皮膚と嚢胞の壁が破れて、膿がたくさん出てくることがあります。これが粉瘤の破裂です。もし粉瘤が破裂した場合は、まずは感染(炎症)を落ち着かせることが大切です。すぐに医療機関を受診し、必要な処置を受けてください。この質問に関連するページとして、「においや痛みがある感染性(炎症性/化膿性)粉瘤の治療」が参考になりますので、ご覧ください。

Q. 粉瘤ががんに進行することはありますか?

A. 粉瘤は「腫瘍」と呼ばれることもあるのですが、良性です。がんに進行することはありません。周りの組織に拡がったり、離れた部位に転移することもありません。