[医師監修・作成]粉瘤が心配な人は何科に行けばいいのか:皮膚科・形成外科・美容外科について | MEDLEY(メドレー)
ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 186回の改訂 最終更新: 2021.08.16

粉瘤が心配な人は何科に行けばいいのか:皮膚科・形成外科・美容外科について

皮膚にできたしこりが粉瘤である可能性があるとき、受診を検討する人が多いです。粉瘤の治療を専門とする科は皮膚科や形成外科、美容外科が考えられますが、どこにいけばよいかは悩ましい問題かもしれません。このページでは、粉瘤を治療する際の診療科の選びについて説明します。

1. 粉瘤の診療は皮膚科が専門である

患者さんからよく受ける「粉瘤が心配なんだけれど、どこの診療科に行けば良いのか?」という相談に対しては、「まずは皮膚科に行ってみてください」というのが回答になります。皮膚にできた「しこり」や「できもの」の原因は粉瘤だけとも限りません。他の原因である可能性も十分にありえます。
皮膚科の医師は、そのしこりが一体何なのか、本当に粉瘤なのか、という診断から治療(手術)まで行うことができるプロフェッショナルなので、粉瘤であったとしてもなかったとしても十分な診療を期待できます。

2. 形成外科や美容外科で粉瘤の治療は可能か

皮膚科では専門的な治療を受けられますが、美容形成外科や美容外科も候補になるかもしれません。ただし、クリニックによっては、保険診療ではなく自由診療で治療を行う可能性もあるので、費用が高くなる可能性があります。費用について気になる人は事前に問い合わせておくと、受診後に思いもよらぬ事態を避けられるので、受診を検討した時点で聞いておくと良いです。
なお、手術の費用については「粉瘤の手術費用は病院によって違う?保険点数を解説」で詳しく説明してるので、参考にしてみてください。

3. 粉瘤の治療を受けたい人は病院に行くべきかクリニックに行くべきか

粉瘤の手術は局所麻酔で行われるため、入院の必要はありません。そのため、クリニックで十分治療が行えます。もちろん、大きな病院でも治療を受けられますが、待ち時間が長かったり、初診時にクリニックにはない金額負担(選定療養費)が発生する可能性があります。また、クリニックを受診して、他の病気の可能性を否定できない場合など、詳しい検査が必要なときには大きな病院を紹介してもらえます。そうした点を考えると、まずはクリニックで診察を受けるほうが理にかなっていると考えられるかもしれません。ただ、他の病気で大きな病院がすでにかかりつけになっている人では、主治医から皮膚科へ紹介してもらうとスムーズに診療が進むことがあります。状況は人それぞれなので、自分にとって一番負担が少ない受診先を考えてみてください。