ふんりゅう
粉瘤
皮膚の下にできた袋状の構造に、皮膚の老廃物が溜まってこぶのようになったもの
8人の医師がチェック 107回の改訂 最終更新: 2020.08.01

粉瘤の薬について。たこの吸い出しは効くの?

粉瘤(ふんりゅう、アテロームとも呼びます) を完治させるためには、嚢胞(のうほう)という袋を手術で取り切るしかありません。

粉瘤は薬で治りません。薬局で売られている薬でも、病院で出される薬でも「粉瘤を完治させる」という薬はありません(もちろん、抗炎症薬は効果がありますが完治ではなく、対症療法になります)。粉瘤に対する唯一の治療法である手術に関しては、「潰すな危険!粉瘤は手術時間5分・痛みなしの「へそ抜き法」で完治!」で詳しく説明しています。

しかしインターネットなどを見ていると、「たこの吸い出しは粉瘤に効く!」という情報に出会うことがあります。 たこの吸い出しと呼ばれる薬の有効成分は、硫酸銅とサリチル酸という物質です。硫酸銅には腐食作用があり、サリチル酸には角質軟化作用があります。

そのような成分を含むたこの吸い出しを粉瘤に塗ることで、塗った場所の皮膚と嚢胞の壁が溶けて、穴が空きます。その穴から内容物を出すことが出来ます。結局たこの吸い出しを使ってやっていること自体は、自分で粉瘤を潰して、皮膚と嚢胞(のうほう)の壁に穴をあけ、内容物をひねり出しているのと同じなのです。これは感染のリスクがあり、また粉瘤を完治させることは出来ないのでおすすめできません。

詳しい情報は、「粉瘤(アテローム)を潰すとどのような危険があるの?粉瘤の再発と併せて解説」をご覧ください。

やはり粉瘤を完治させるためには、嚢胞を手術で取り切るしかありません。手術については「粉瘤の治療法とはどのようなもの?手術を中心に解説」で詳しく説明していますので、ご覧ください。