まいこぷらずまはいえん
マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマという細菌が起こす肺炎。症状に熱、咳、皮疹など。20代以下に多いが高齢者にもうつる。抗生物質が有効。重症例は稀。
16人の医師がチェック 125回の改訂 最終更新: 2018.02.15

マイコプラズマ肺炎の基礎知識

POINT マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマという細菌によって起こる肺炎です。若い人に起こることが多く、咳などによって周囲に感染をうつします。主な症状は、発熱・倦怠感・頭痛・咽頭痛・咳・胸痛・息切れなどになります。まれに重症になると意識障害を起こすことがあります。 検査で抗体や抗原を調べることはできますが、実際には症状と経過、流行状況を見て診断することも多いです。治療は抗菌薬を用いて行います。マイコプラズマ肺炎が心配な人や治療したい人は、総合内科・小児科・呼吸器内科・感染症内科を受診して下さい。

マイコプラズマ肺炎について

詳細な情報を見る

マイコプラズマ肺炎の症状

  • かぜのような症状と、しつこい咳、痰が特徴
    • 発熱などの症状に遅れて咳が現れ、しだいに激しく痰が出るようになり、熱が下がってからも数週間症状が続くという経過をとることが多い
    • しつこい咳のみの軽症の場合がほとんどであるが、発熱や息切れを伴い入院が必要になるほど重症になることもある
  • 主な症状
    • 発熱(38度以上の高熱が多い)
    • 頭痛
    • だるい、倦怠感、疲労感
    • のどの痛み
    • 声枯れ、声が出ない(嗄声)
    • 鼻水、痰(たん)
      ・小さい子供で出るが大人では出にくい
    • 喘鳴喘息のように息がヒューヒュー、ゼーゼー鳴る)
      ・小さい子供で出るが大人では出にくい
    • 胸痛
    • 皮疹発疹、皮膚にブツブツが出る
    • 関節痛
  • まれに錯乱などの意識障害を起こすことがある
  • 症状はすべてが揃うとは限らない
    • 熱がないこともある
症状の詳細

マイコプラズマ肺炎の検査・診断

  • ウイルス肺炎や、マイコプラズマ以外の細菌性肺炎と区別が難しいことも多い
  • 血液検査:炎症の程度や抗体の程度を調べる
    • ペア血清:感染初期と回復後の血液で抗体の量を比較する
      ・届出基準ではペア血清で抗体陽転(陰性から陽性に変わる)または抗体価の有意の上昇があれば抗体検出ありとする
  • 迅速診断キット
    • 抗原検査(イムノクロマト法):あまり正確性は高くないが、喉の拭い液で迅速に調べられるのでよく使われる
    • 抗体検査(IgM抗体):血液を使って検査する
      ・届出基準では迅速診断キットでIgM抗体陽性なら抗体検出ありとする
  • 胸部レントゲンX線)検査
  • 重症の場合や正確な診断のため胸部CTが撮られることもある
  • 細菌検査:痰などから病原体を調べる
    • マイコプラズマ以外の病原体が原因になっているかどうかも判断できる重要な検査
    • 咽頭スワブ(ぬぐい液):綿棒で喉の奥を強くこすり取る
    • 鼻咽頭スワブ:綿棒を鼻の穴に入れて回転させ表面をこすり取る
    • PCR法、LAMP法:マイコプラズマの遺伝子を増やして検出する方法
    • マイコプラズマ培養は特別な培地(PPLO培地)が必要で時間もかかるため行わない場合も多い
  • 基幹定点医療機関でマイコプラズマ肺炎が診断された場合、保健所に届け出る基準が決められている
検査・診断の詳細

マイコプラズマ肺炎の治療法

  • 解熱薬で熱を下げなくてもよい
    • 熱があるだけで悪化の原因になったり後遺症を残すことはない
    • 高熱があっても重症とは限らない
  • 抗菌薬抗生物質、抗生剤)で治療を行う
    • 治療期間は通常7日から14日程度
  • マクロライド系抗菌薬
    • アジスロマイシン(商品名:ジスロマック®など)
    • クラリスロマイシン(商品名:クラリス®など)
    • エリスロマイシン(商品名:エリスロシン®など)
  • ニューキノロン系抗菌薬
    • レボフロキサシン(商品名:クラビット®など)
    • シプロフロキサシン(商品名:シプロキサン®など)
  • テトラサイクリン系抗菌薬
    • ミノサイクリン(商品名:ミノマイシン®など)
    • ドキシサイクリン(商品名:ビブラマイシン®)
    • 6歳未満の子どもが飲むと歯が黄色くなることがある
  • マイコプラズマには細胞壁がないので、細胞壁の合成を阻害するβ-ラクタム系抗菌薬は効かない
    • ペニシリン系抗菌薬(商品名:サワシリン®など)は効かない
    • モノバクタム系抗菌薬(商品名:アザクタム®など)は効かない
    • セフェム系抗菌薬(商品名:フロモックス®など)は効かない
    • カルバペネム系抗菌薬(商品名:メロペン®など)は効かない
  • 近年マクロライド系抗菌薬が効かない(耐性のある)マイコプラズマ肺炎が増えてきている
    • しかし、軽症のマイコプラズマ肺炎であればマクロライド系抗菌薬で十分と考えられている
    • 抗生物質を飲んでも熱が下がらないなど改善の傾向がなければ抗菌薬変更を考える
  • 入院は必要ない場合が多い
    • 重症だと入院になる
  • 重症の肺炎の治療でステロイド薬を使うことがある
  • 学校保健安全法施行規則18条・19条では、出席停止の基準としてマイコプラズマ肺炎は明示的に挙げられていない
    • 解釈によって、学校医の意見をふまえて出席停止とされる可能性がある
    • マイコプラズマ肺炎が学校で流行する場合は少ないので、元気になれば出席して問題ないと考えられる
  • 完治してもしばらくすると再感染することがある
  • 肺に後遺症が残ることはまれ
治療法の詳細

マイコプラズマ肺炎に関連する治療薬

マクロライド系抗菌薬

  • 細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる
    • タンパク質合成はリボソームという器官で行われる
    • 本剤は細菌のリボソームでのタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑える

  • マイコプラズマやクラミジアなどの菌に対しても高い抗菌作用をあらわす
  • 服用する際、比較的苦味を強く感じる場合がある
マクロライド系抗菌薬についてもっと詳しく

テトラサイクリン系抗菌薬

  • 細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる
    • タンパク質合成はリボソームという器官で行われる
    • 本剤は細菌のリボソームでのタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑える

  • 内服薬は薬剤の作用持続時間により(短い順に)短時間作用型、中等度作用型、長時間作用型に分けられる
  • 他の種類の抗菌薬と比較した時の特徴
    • ブルセラ症、ライム病などでは優先的に使用される薬剤
    • ヘリコバクター・ピロリ感染での除菌治療で使用される場合もある(他の抗菌薬に耐性がある場合など)
    • 熱帯熱マラリア予防などに使用する場合もある
テトラサイクリン系抗菌薬についてもっと詳しく

ニューキノロン系抗菌薬

  • 細菌の増殖に必要な酵素を阻害して殺菌的に抗菌作用をあらわす薬
    • 細菌の増殖にはタンパク質合成が必要でそれには遺伝情報をもつDNAという物質が不可欠となる
    • DNAの複製にはいくつかの酵素の働きが必要となる
    • 本剤はDNA複製に必要な酵素を阻害し抗菌作用をあらわす

  • 尿路感染症、腸管感染症、呼吸器感染症など幅広い感染症で有効とされる(薬剤によって抗菌作用の範囲は異なる)
ニューキノロン系抗菌薬についてもっと詳しく

マイコプラズマ肺炎の経過と病院探しのポイント

マイコプラズマ肺炎が心配な方

マイコプラズマ肺炎では、発熱に遅れて咳が現れ、数週間咳が続くことが特徴的です。感染者と濃厚に接触すると移るため、学校での流行は起こりにくいですが、家族・友人・知人でマイコプラズマ肺炎になった人がいて、自分も咳が長引く場合、マイコプラズマ肺炎にかかっている可能性が高くなります。また潜伏期間は2週間から4週間ほどです。

ご自身がマイコプラズマ肺炎でないかと心配になった時、最初に受診するのは一般内科のあるクリニックが適しています。

マイコプラズマ肺炎の診断は問診と診察、レントゲンで行われます。簡易迅速診断キットを置いてある病院もありますが、正確性がさほど高くないため、診断の補助として使われます。クリニックや病院に行って薬を処方されたけれども咳が治まらない場合、特に若い人であればマイコプラズマ肺炎を疑ってもう一度クリニック、病院を受診するのが良いと思います。

マイコプラズマ肺炎に関連する診療科の病院・クリニックを探す

マイコプラズマ肺炎でお困りの方

マイコプラズマ肺炎の治療は抗菌薬(抗生物質)の使用になります。入院せず外来で治療できることが多いため、飲み薬での治療となります。抗菌薬はマクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系のいずれかが使われます。抗菌薬に耐性を持った菌が増えてきているため、最初の抗菌薬が効かなかった場合、抗菌薬を変更する必要があります。呼吸の苦しさが強いなど、重症の場合は入院して治療します。

マイコプラズマ肺炎に関連する診療科の病院・クリニックを探す


マイコプラズマ肺炎が含まれる病気


マイコプラズマ肺炎のタグ


マイコプラズマ肺炎に関わるからだの部位


MEDLEYニュース新着記事