まっしょうしんけいしょうがい
末梢神経障害
末梢神経の障害により、手足の動かしづらさやしびれ、自律神経障害などを起こす状態の総称。
5人の医師がチェック 28回の改訂 最終更新: 2020.05.26

末梢神経障害の基礎知識

POINT 末梢神経障害とは

末梢神経とは中枢神経(脳と脊髄)以外の神経を指します。体中の至るところに張り巡らされており、筋肉を動かしたり、感覚を受け取るなどの役割を担っています。この末梢神経がダメージを受けた状態を末梢神経障害と言います。末梢神経障害が起こると下記のように手足の動かしづらさやしびれ、排尿障害や排便障害といった症状が現れます。症状は障害が起こった場所によって異なるので多様です。末梢神経障害を起こす病気は多岐に渡ります。下記の「末梢神経障害について」を参考にしてください。末梢神経障害の治療は神経内科や整形外科、脳神経外科などで行われます。心配な人は相談してみてください。

末梢神経障害について