さんさしんけいつう

三叉神経痛

顔面の感覚を感じる三叉神経という神経の異常で、顔面の片側に強い痛みが生じた状態

病気に対応する病院を探す
17人の医師がチェック 94回の改訂 最終更新: 2017.04.27

三叉神経痛の基礎知識

三叉神経痛について

  • 顔の感覚に働く三叉神経という神経の異常で、顔面の片側に強い痛みが生じた状態
    • 実際には顔を怪我していたり、骨に異常があったりするわけではない
    • あくまでも神経の異常が原因である
  • 40歳以降の女性に特に多い
  • 原因が不明なもの(特発性その病気や状態が引き起こされた原因が、未だ判明していないこと)と、はっきりとした原因があるもの(症候性(主に症状が出なくても良いような状況で)症状が出ていること)に分けられる
    • 一般的に三叉神経痛と呼ぶときは、原因が不明の特発性三叉神経痛のことを指す
  • 症候性三叉神経痛の原因や原因疾患

三叉神経痛の症状

  • 顔面の片側の痛み 
    • 痛みは突然現れて、一瞬から10秒程度続くことが多い
    • 強い痛みで、しばしば以下のように表現される
      ・電気が走るような激痛
      ・針で突かれるような痛み
    • ある動作(洗顔、化粧、髭剃り、食事など)をきっかけに痛みが誘発されることが多い
  • 主に目よりも下側(頬からあごにかけて)に痛みが生じる
  • 眉の付け根、鼻の付け根の外側、口の端の下側などを押した時に痛みが生じやすい(神経の通り道があるため)

三叉神経痛の検査・診断

  • 画像検査
    • MRI磁力(電磁波)を用いて、脳や内臓、筋肉、骨などの組織を詳しく調べる検査:神経がどこで圧迫されているかを調べる
  • 血液検査
    • ヘルペスウイルス一般的なウイルスの一つ。顔や性器の水ぶくれ(水疱)を引き起こす1型と2型や、水痘や帯状疱疹を引き起こす3型など様々な種類があるに感染したこと(帯状疱疹)が原因となることがあるため、ウイルス様々な病気の原因となる病原体の一つ。細菌とは別物であり、抗菌薬は無効である抗体白血球が作り出す、免疫の一部を担う物質。体内の病原体に付着して、他の免疫細胞の働きを助けたりするの有無を調べる

三叉神経痛の治療法

  • まずは内服薬飲み薬のことで治療を試みる
    • てんかん薬のうち神経痛にも効き目のあるものを使う(カルバマゼピンなど)
      ・カルバマゼピンは眠気やふらつきなどの副作用が出やすい
    • 神経痛に効くプレガバリンも用いられる
  • 症状が治まらないときは他の治療法を行う
  • 三叉神経ブロック神経の根本に局所麻酔を注射することで、そこより先の神経を麻痺させて、痛みを取り除く処置
    • 三叉神経に麻酔薬を注射したり、風船で圧迫したり、熱で神経に軽い障害をあえて起こすことで痛みを改善させる
    • 効果は半年から2年ほど続くことが多く、効果が切れてきたら再度行うことが可能
    • ただし、顔のしびれや感覚が鈍くなるといった合併症ある病気や治療によって引き起こされる、別の病気や病態のことがあり、後遺症として残るリスクがある
  • 放射線治療主にがんに対して用いられる、放射線を用いた治療法
    • ガンマナイフなどで放射線を集中して三叉神経に当てることで、痛みを改善させる
  • 手術
    • 頭の中で神経を圧迫している血管が見つかれば、圧迫しないように血管をどけることで症状が改善する
    • 対症療法病気による症状自体を抑えるための治療。病気の根本の原因を治す治療(根本治療)と区別される(痛み止め)ではなく根本治療に当たるため効果は高いが、それでも数パーセントで再発する
    • 手術の直後から痛みが緩和されるが、楽になるまでに1-2週間かかることもある

三叉神経痛に関連する治療薬

カルバマゼピン製剤

  • 脳内神経の過剰な興奮を抑えることで、てんかん、躁状態などを改善する薬
    • てんかん、躁病などは脳内神経の異常な興奮などによっておこるとされる
    • 脳内で神経細胞への興奮性シグナルとしてナトリウム(Na)イオンなどがある
    • 本剤はNaイオンの通り道であるNaチャネルを阻害し、神経細胞の興奮を抑える作用をあらわす
  • てんかん、躁病の他、三叉神経痛などの神経性疼痛の改善などで使用する場合もある
カルバマゼピン製剤についてもっと詳しく

三叉神経痛の経過と病院探しのポイント

三叉神経痛かなと感じている方

三叉神経痛は、顔面の片側の痛みやしびれが特徴的です。このような症状があって三叉神経痛がご心配な方は、お近くの神経内科、または脳神経外科の受診をお勧めします。三叉神経痛はそれほど珍しい病気ではないため、これらの科の医師であれば診断や薬物治療を行うことが出来ます。ただし、手術が必要であれば、三叉神経痛の手術経験が豊富な脳神経外科専門医がいる病院が望ましいです。

多発性硬化症脳腫瘍神経鞘腫)が原因のこともあるので、必要に応じてMRI磁力(電磁波)を用いて、脳や内臓、筋肉、骨などの組織を詳しく調べる検査を撮影してこれらの病気を除外します。診断については、MRIで他の疾患を除外した後、実際の症状などから診断されます。

三叉神経痛に対応する病院・クリニックを探す

三叉神経痛でお困りの方

三叉神経痛の治療は、薬物治療が主になります。薬物が効かなければ、ブロック注射が行われることがあります。

一方で、根本治療としては手術というのも一つの選択肢です。手術は脳神経外科医が行いますが、脳神経外科医全員が行えるわけではありません。手術件数の多い脳神経外科専門医、病院で手術を受けることが望ましいです。薬物治療は神経内科、脳神経外科を標榜している病院、クリニックであれば行うことが出来ます。

薬剤である程度痛みがコントロール出来ているのであれば、そのまま薬剤を継続することになります。症状が安定していれば、家の近くの神経内科や脳神経外科、内科のクリニックで処方を継続することが出来ます。

三叉神経痛に対応する病院・クリニックを探す

三叉神経痛のタグ


三叉神経痛に関わるからだの部位

関連する症状ついて詳しく知る
頭痛の詳細情報