まいこぷらずまはいえん
マイコプラズマ肺炎
マイコプラズマという細菌が起こす肺炎。症状に熱、咳、皮疹など。20代以下に多いが高齢者にもうつる。抗生物質が有効。重症例は稀。
16人の医師がチェック 125回の改訂 最終更新: 2018.02.15

マイコプラズマ肺炎の詳細情報

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は何か特別な原因がなくても日常生活の中でかかることの多い感染症です。特に20歳以下の若い人に起こりやすいことが分かっています。マイコプラズマ肺炎の特徴について説明していきます。



MEDLEYニュース新着記事