[医師監修・作成]肺塞栓症とは:症状、原因、検査、治療、予防など | MEDLEY(メドレー)
はいそくせんしょう(えこのみーくらすしょうこうぐん)
肺塞栓症(エコノミークラス症候群)
手足の静脈に血栓ができ、血管の中を流れて肺の血管に詰まってしまう病気。呼吸が苦しくなったり、場合によっては命に関わる
21人の医師がチェック 213回の改訂 最終更新: 2020.07.29

肺塞栓症とは:症状、原因、検査、治療、予防など

肺塞栓症は、心臓から肺に血液を送り出す血管に血栓(血の塊)が詰まってしまう病気です。主に、脚の静脈内でできた血栓が血流に乗って流れ着くことで起こります。ここではその症状や原因、行われる検査や治療、予防法について解説します。

1. 肺塞栓症(肺血栓塞栓症)とはどんな病気か

肺塞栓症という病気を理解するためには、まず「深部静脈血栓症」という病気を理解する必要があります。人間の血管には、心臓から送り出される血液が流れる「動脈」と、心臓に戻る血液が流れる「静脈」があります。手足の静脈には、皮膚のすぐ下を走る「表在静脈」と、より深いところを走る「深部静脈」があります。この深部静脈に血の塊(血栓)ができる病気を「深部静脈血栓症(DVT)」と呼びます。

深部静脈にできた血栓は、静脈の流れに乗って心臓まで来てしまうことがあります。心臓に流れ着いた血栓は次に肺へと送り出されます。しかし、肺の中を走る血管はとても細いため、血栓は心臓から肺へと向かう血管に詰まってしまいます。この状態を「肺塞栓症」と呼びます。「肺血栓塞栓症」や「肺梗塞」と呼ばれることもあります。また、英語で「Pulmonary Embolism(肺塞栓症)」や「Pulmonary ThromboEmbolism(肺血栓塞栓症)」と表記されるので、医療関係者は略して「PE」あるいは「PTE」と呼ぶことがあります。

肺塞栓症:血栓が肺動脈に詰まった状態

深部静脈血栓症(DVT)との関係とは

上で説明した通り、深部静脈に血栓ができてしまう病気を「深部静脈血栓症」と呼びます。英語で「Deep Vein Thrombosis(深部静脈血栓症)」というので、しばしば「DVT(ディーブイティー)」と略して呼ばれます。DVTは腕などにできることもまれにありますが、多くは脚や骨盤内など下半身の静脈内にできます。

肺塞栓症の多くは、下半身の深部静脈にできた血栓が心臓・肺に流れてきて詰まってしまうことが原因です。したがってDVTは肺塞栓症に至る前段階であると言えます。また肺塞栓症では、心臓や肺などの重要な臓器の働きに問題が生じて突然死の原因となることもあるため、DVT単独よりもDVTに肺塞栓症を合併したほうが危険な状態となります。

エコノミークラス症候群との関係とは

エコノミークラス症候群」は、航空機の利用にともなって生じたDVTや肺塞栓症を指す用語です。飛行機に乗っている間はDVTや肺塞栓症を起こしやすくなります。これは、長時間にわたり同じ姿勢でいること、脱水状態になりがちなことなどで血栓ができやすくなるためです。必ずしもエコノミークラスでなくても、ビジネスクラスやファーストクラスでも同じ現象が起こりえます。また、飛行機に限らず休みなしに長時間車に乗っているようなケースでもDVTや肺塞栓症は起こりやすくなります。日本では地震災害が多く、震災が起こると車中泊をする人が増えるため、DVTや肺塞栓症の患者さんが多くなることが知られています。エコノミークラス症候群が心配されるような状況では、こまめに身体を動かすこと、必要な水分を摂取することが重要です。

慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)との関係とは

肺塞栓症によって心臓から肺へと送り出される血管に詰まってしまった血栓は治療によって、あるいは自然に溶けていきます。しかし、うまく溶けずに古くなった血栓(器質化血栓)が血管の内側にへばりついて固まることで、血管が狭くなったり詰まったままになることがあります。この状態が長期的に続くと、その結果、その血管で血圧が上昇してしまいます。この状態を「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」と呼びます。英語で「Chronic ThromboEmbolic Pulmonary Hypertension」というので、頭文字をとって「CTEPH(シーテフ)」と医療従事者は呼ぶこともあります。ここまで説明の通り、CTEPHは肺塞栓症から移行する病気と考えられていますが、明らかな肺塞栓症の症状がないままゆっくりとCTEPHを発症する人もいます。

2. 肺塞栓症の症状について

肺塞栓症では心臓から肺に流れる血管に血栓が詰まることで、以下のような症状がみられます。

【肺塞栓症の主な症状】

  • 呼吸が苦しい (出ることが特に多い)
  • 胸の痛み (出ることが多い)
  • めまい、失神 (出ることもある)
  • 冷汗 (出ることもある)
  • 動悸 (出ることもある)
  • 発熱 (出ることもある)
  • 咳 (出ることがまれにある)
  • 血痰 (出ることがまれにある) など

上記のような症状が強く出ている人は肺塞栓症を含めた重大な病気である可能性があるため、直ちに医療機関を受診してください。肺塞栓症を専門とする診療科は主に循環器内科や心臓血管外科ですが、診断や初期対応については救急科、一般内科、呼吸器内科などでも可能な場合があります。肺塞栓症では専門的な治療が必要になるため、比較的大規模な医療機関で治療されることが一般的です。

なお、肺塞栓症は基本的に深部静脈血栓症(DVT)から発症します。そのため、肺塞栓症の症状に先行して、あるいは同時に以下のようなDVTの症状が見られることもあります。

【DVTの主な症状】

  • 脚のむくみ
  • 脚の痛み
  • 皮膚が赤黒く変色する
  • こむら返り
  • 脚が重だるい
  • 脚の皮膚の痒み など

肺塞栓症を起こすようなDVTがある人では、上記のような症状が膝下ではなく膝上(太もも)で見られることが多いです。また、静脈の流れ方の関係で、DVTは右脚よりも左脚にできやすいことが知られています。両側の脚で同時にDVTを発症することはあまり多くありません。

3. 肺塞栓症の原因、メカニズム、リスク要因について

静脈に血栓ができる要因としては、以下の3つが知られています。

【血栓ができる三大要因】

  • 血管の内側の壁に傷がある
  • 血液が固まりやすくなっている
  • 血液の流れが滞っている

上記のような状態を引き起こしてDVTや肺塞栓症を発症しやすくなるリスクとして、具体的には以下のようなことが分かっています。

【DVTや肺塞栓症を発症しやすくなる主な状態】

〈静脈の内側の壁に傷がある状態〉

  • 骨折などの大怪我や手術の後
  • 血管の中に治療用のカテーテルが挿入された状態
  • 血管炎膠原病など血管にダメージが出る病気
  • 喫煙 など

〈血液が固まりやすくなっている状態〉

  • 体内に悪性腫瘍がある場合
  • 妊娠中や出産後
  • 骨折などの大怪我や大火傷、手術の後
  • ピルやステロイドなどの薬を内服中
  • 何らかの感染症炎症がある場合
  • ネフローゼ症候群
  • 血球が異常に増加する血液の病気
  • 先天的に血液が固まりやすい病気(プロテインC欠損症プロテインS欠損症など)
  • 脱水状態 など

〈血液の流れが滞っている状態〉

  • 長時間動いていない、寝たきり、麻痺がある、などの状態
  • 肥満
  • 妊娠中
  • 心臓や肺の病気
  • 高齢者 など

上記のように、多くの要因でDVTや肺塞栓症を発症しうることが分かっています。上記で当てはまるものが多い人ほど、血栓の予防に留意した生活が望ましいと言えます。また、何かの症状で医療機関を受診した際に、血栓に関連した症状を疑われて検査が必要になることが多くなります。

4. 肺塞栓症の検査・診断について

まずは問診や診察で肺塞栓症らしい症状がないか、血栓が出来やすくなる背景がないかを確認されます。そこで肺塞栓症の可能性が考慮された人には、以下のような検査(の一部)が行われます。

【肺塞栓症の可能性が考慮された場合の主な検査】

  • 血液検査(Dダイマーなど)
  • 心電図検査
  • 胸部X線レントゲン)検査
  • 心臓超音波エコー)検査
  • 造影CT検査 など

どれも有用な検査なのですが、Dダイマー検査や造影CT検査以外の上記の検査は、肺塞栓症を検出する感度があまり高くありません。つまり、Dダイマー検査が含まれない血液検査、心電図検査、胸部X線(レントゲン)検査、心臓超音波(エコー)検査は正しく行われても肺塞栓症を検出できないことがよくあります。一方で、Dダイマー検査や造影CT検査は、肺塞栓症が疑われなければ必ずしも行われません。そのため「とりあえず血液検査、心電図検査、胸部X線検査など、よく行われる検査を一通り受ける」だけでは、肺塞栓症は検出できない可能性が高いと言えます。

このような問題があるため、肺塞栓症が疑われる症状や、血栓が出来やすくなる背景がある人は検査前にお医者さんにしっかりと伝える必要があります。逆にお医者さんにとっては、検査前から肺塞栓症の可能性を考慮して検査を組まないと診断しにくいため、比較的見逃しやすい注意すべき病気とも言えます。

以下では、それぞれの検査について概要を説明します。

血液検査(Dダイマーなど)

血液検査ではさまざまな項目がチェックされます。その中で、血栓があるかどうかを判断するために重要な項目として「Dダイマー」があります。Dダイマーは肺塞栓症以外のさまざまな状況で異常値を示すため、「Dダイマーが異常値なので肺塞栓症」とは言えません。しかし、DVTや肺塞栓症などの血栓が体内にある人では、基本的にDダイマーが異常値を示します。つまり、「Dダイマーが正常範囲内なので肺塞栓症ではないようだ」と考えることはできます。したがって、基本的にはDダイマーが異常値の人のみ、肺塞栓症を見つけるためのより詳しい検査、つまり造影CT検査などへと進んでいきます。ただしDダイマーが正常範囲内でも、「他の状況証拠がいかにも肺塞栓症らしい」という人では、肺塞栓症の可能性を血液検査だけでは否定しきれず、造影CT検査が必要となりえます。

なお、血液検査は血栓が出来やすくなる背景の有無を調べたり、肺塞栓症の重症度を判断するためにも利用されます。また、肺塞栓症の影響で体内の酸素が不足している可能性が考慮される人などでは、脚の付け根にある動脈から採血されることもあります。これは動脈血ガス分析と呼ばれ、救急医療の現場ではよく行われる検査です。

心電図検査

心電図検査は健康診断でも行われるおなじみの検査です。肺塞栓症では脈が速くなったり、血栓が詰まることによる心臓の負担がさまざまな形で心電図に表れます。しかし、「この心電図異常は肺塞栓症によるものだ」と断言できるほどの精度はなく、肺塞栓症でも目立った異常が見られないこともあります。つまり、肺塞栓症の診断において心電図検査が特に有用というわけではありません。しかし、肺塞栓症が疑われる人には基本的に心電図検査が行われます。これは「胸が痛い」など肺塞栓症の症状と似たような症状が出る、心筋梗塞狭心症不整脈など他の心臓病の診断に心電図検査が役立つからです。このように、他の心臓の病気ではなさそうという確認の面もあって、心電図検査は肺塞栓症が疑われる人に行われます。

胸部X線(レントゲン)検査

胸部X線(レントゲン)検査も健康診断で行われるおなじみの検査です。肺塞栓症では心臓が大きく見えたり、心臓から肺に向かう血管が太く見えたり、肺そのものの見た目が変化することがあります。しかしやはり「このX線異常は肺塞栓症によるものだ」と断言できるほどの精度はなく、肺塞栓症でも目立った異常が見られないことも多いです。つまり、肺塞栓症の診断において胸部X線検査が特に役立つわけではありません。しかし、肺塞栓症が疑われる人には基本的に胸部X線検査が行われます。これは「呼吸が苦しい」など肺塞栓症の症状と似たような症状が出る、肺炎気胸など他の肺の病気をチェックするのに胸部X線検査が役立つからです。このように、他の肺の病気ではなさそうという確認の面もあって、胸部X線検査は肺塞栓症が疑われる人に行われます。

心臓超音波(エコー)検査

心臓超音波(エコー)検査は、胸の上からゼリーをつけたプローブ(探触子)を当てて、心臓の動きをリアルタイムに観察できる検査です。専門の検査技師さん、あるいは循環器内科、心臓外科、救急科、麻酔科などのお医者さんによって行われることが一般的です。実際に詰まっている血栓が観察できる検査ではないので、肺塞栓症を診断するための精度は高くありません。しかし、血栓が詰まることで心臓が負荷を受けている様子を観察できたり、心筋梗塞など他の心臓病を見つけることにつながる検査ではあります。そのため、心臓超音波検査をすぐに行うことのできる体制が整った医療機関ではしばしば行われる検査です。

造影CT検査

造影CT検査は実際に詰まっている血栓を観察することができるため、肺塞栓症を確認するために最も有用な検査と言えます。また、脚や骨盤内の血栓(DVT)まで同時にチェックできる点でも便利です。一方で、造影CT検査にも以下の注意点があります。

【造影CT検査の注意点】

  • 放射線被曝があるので、妊娠中などは特に注意が必要である
  • 撮影前に造影剤の注射が必要であり、アレルギーを起こすことがある
  • 腎臓の機能が低下している人や喘息の人には、造影剤を使用できないことがある など

このような注意点はありますが、血栓の存在を確認して肺塞栓症の診断が確定されるうえで造影CT検査はとても大事な検査です。したがって、他の検査から肺塞栓症が疑われて、造影CT検査が受けられる人には基本的に造影CT検査が行われます。

5. 肺塞栓症の治療について

肺塞栓症治療の中心は、抗凝固薬という血液をサラサラにする薬を使用することです。抗凝固薬を使用しつつ、血栓が消えていくのを待つのが基本的な治療戦略となります。命に関わることもある病気なので原則的に入院での治療が必要となりますが、軽症の人では1週間以内での早期退院が検討されることもあります。

以下では抗凝固療法とそれ以外の治療法について説明していきます。

抗凝固療法

肺塞栓症治療の主役となる抗凝固薬には以下のようなものがあります。

【肺塞栓症治療に使われる抗凝固薬】

状態に合わせて、これらを3ヶ月ほど使用されることが多いです。ただし、血栓ができてしまった原因がはっきりしない人や、原因の解消が難しい人では3か月以上の抗凝固治療が検討されます。

血栓溶解療法

上記で説明の通り、肺塞栓症治療の主役は抗凝固薬です。しかし抗凝固薬は血液をサラサラにしてさらなる血栓が作られないようにするだけで、既にできてしまった血栓をすぐに溶かす作用はありません。抗凝固薬を使用して血栓が次第に溶けていくのは、自身の血液中に含まれる成分が働いているためなのです。そこで、既にできた血栓を速やかに溶かしてくれる「組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)」のいう系統の薬が使われることがあります。肺塞栓症治療で使われるのは、具体的にはモンテプラーゼ(商品名:クリアクター®)という注射薬です。こうした薬で治療する方法は「血栓溶解療法」と呼ばれます。ところが血栓溶解療法は強力な治療なので、血栓を溶かす一方で出血が止まらなくなる問題が心配されます。したがって、肺塞栓症によって全身の血液がうまく循環せず命の危険が差し迫っているような重症の人でのみ血栓溶解療法が検討されます。

カテーテル治療、外科治療

上で説明の通り、肺塞栓症治療の主役は抗凝固療法であり、重症の人には血栓溶解療法が検討されます。しかし、これらの治療法が効かない、あるいは出血の危険が大きくてできない人もいます。そこで、カテーテル治療あるいは外科治療で詰まった血栓を物理的に回収してくる、あるいは血栓のすぐ近くから血栓溶解療法に使う薬を注入する、という治療を行うことがまれにあります。カテーテル治療では脚の付け根、首、腕の静脈のいずれかの血管からカテーテルという管を挿入して、血栓がある部位に管を届かせます。これによって胸を切り開くことなく、心臓や肺の血管内での治療を行うことができます。しかし、外科治療ほどではありませんがカテーテル治療も身体的負担の大きい治療にはなるので、抗凝固療法や血栓溶解療法が優先されます。

下大静脈フィルター

下大静脈は、脚や骨盤内を流れる静脈が合流して心臓へと還っていく太い血管です。お腹から胸にかけて、背骨のやや右側に存在します。脚や骨盤内の深部静脈にできた血栓が心臓・肺へと流れて肺塞栓症を起こしてしまう際には、血栓はこの下大静脈を通ることになります。そこで、血液は通れるが血栓は通れないフィルターをカテーテルを用いて下大静脈に設置することで、肺塞栓症を起こしにくくすることができます。あるいは既に肺塞栓症がある人では、さらなる血栓が流れてきて詰まるのを予防することができます。

この治療は肺塞栓症の人全員に行われるわけではありません。肺塞栓症は予防されますが、血栓自体はむしろできやすくなる、フィルターが動いてしまったり破損しうる、下大静脈が破れてしまう、などのトラブルも起こりうるからです。したがって、抗凝固療法をしっかり受けられる人では、下大静脈フィルターが使われるケースは多くありません。例えば脳出血を合併していて抗凝固薬を使用するのが危険な人や、抗凝固療法をしていても血栓が大きくなってくる人などで下静脈フィルターによる治療が考慮されます。

6. 肺塞栓症の予防について

エコノミークラス症候群をはじめとして、DVTや肺塞栓症は比較的身近な病気であると言えます。もともと血栓が出来やすくなる病気がある人は特に注意が必要です。また、ピルを飲んでいる人や妊娠している人、タバコを吸う人などでは、他の病気がない若い人でも突然発症することがあるため、やはり注意が必要です。

DVTや肺塞栓症を予防するために有効と考えられる対策として、以下のようなものが挙げられます。

【DVTや肺塞栓症予防のために心がけるとよいこと】

  • デスクワークや乗り物での移動などで数時間にわたって動かない場合には、軽い体操やストレッチ運動を行う
  • こまめに水分を摂取する
  • アルコールを控える
  • 禁煙する
  • ゆったりした服装をして、ベルトをきつく締めすぎない
  • 眠るときは足をあげる
  • かかとの上げ下ろし運動や、ふくらはぎのマッサージをする など

また、お医者さんからDVT予防のストッキング(弾性ストッキング)を使うように説明されている人は、指示通りに使用するようにしてください。

医療機関でのDVTや肺塞栓症予防法としては、抗凝固薬を予防的に使用したり、フットポンプという脚をマッサージしてくれる機械を用いたりします。これらの予防は、手術の後や、出産の前後などで、血栓ができやすいと判断された人に行われる方法です。

参考文献:肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドライン(2017年改訂版)

(2020.7.29閲覧)