しんぶじょうみゃくけっせんしょう
深部静脈血栓症(DVT)
脚などの深いところにある静脈の中に血の塊(血栓)ができること
最終更新: 2020.01.29

深部静脈血栓症(DVT)の基礎知識

POINT 深部静脈血栓症(DVT)とは

脚などの深い部分を走行する静脈の中に血の塊(血栓)ができる病気です。血栓ができる原因は様々ですが、入院中や飛行機の搭乗などで長時間動かないこと、妊娠、肥満、骨折、手術後、脱水症、喫煙、ピルの内服、癌がある、などが原因として挙げられます。出来た血栓が心臓・肺の方までとんでいき詰まった状態を肺塞栓症と呼び、DVT単独よりも重症です。飛行機の搭乗に伴って起こるDVTや肺塞栓症のことをエコノミークラス症候群とも呼びます。DVTの症状としては血栓ができた部位の痛みや重だるさ、腫れ、色調の変化などが代表的です。膝より下にできたDVTでは無症状のこともよくあります。問診や診察、採血検査でDVTは疑われ、超音波(エコー)検査や造影CT検査などで診断が確定します。治療としては、なぜ血栓ができたかの原因や、血栓の分布や大きさに応じて、血液がサラサラになる注射や飲み薬を使うのが中心となります。DVTが心配な人や治療したい人は循環器内科を受診してください。救急科、一般内科、血管外科などで対応できることもあります。

深部静脈血栓症(DVT)について

  • 手足の静脈で深い部分を走行するものを深部静脈、皮膚のすぐ下を走行するものを表在静脈と呼ぶ
  • 血栓ができる原因は様々である
    • 主な原因
      • 入院や飛行機搭乗などで長時間動かないこと
      • 肥満
      • 妊娠、産後
      • 心不全
      • 骨折
      • 手術
      • 体内にカテーテルを留置
      • 血管炎
      • 喫煙
      • がん悪性腫瘍
      • ピルなどの薬剤内服
      • 感染症
      • ネフローゼ症候群
      • 脱水症
      • 血液の病気
      • 先天的に血が固まりやすい病気 など
  • 静脈の走行の仕方の関係で、右下肢よりも左下肢に起こりやすい
  • 膝よりも上のDVTを中枢型、膝よりも下のDVTを末梢型と呼ぶ

深部静脈血栓症(DVT)の症状

  • 中枢型と末梢型で症状が異なる
    • 中枢型DVTの主な症状
      • 血栓ができた部位の腫れや痛み、色調の変化
      • 肺塞栓症合併した場合は胸の痛み、呼吸困難、動悸失神 など
    • 末梢型DVTの主な症状
      • 血栓ができた部位の痛み、硬化
      • 無症状のこともよくある

深部静脈血栓症(DVT)の検査・診断

  • 問診
    • 血栓ができやすい背景や、DVTらしい症状を確認する
  • 視診、触診
    • 腫れや痛み、色調の変化などを確認する
  • 採血検査
    • 血栓ができると上昇する「Dダイマー」という値を測定する
    • 血栓ができやすくなる病気が隠れていないか調べる
  • 超音波(エコー)検査
    • 静脈内の血栓の有無を確認する
      • 体に負担の少ない検査である
  • 造影CT検査
    • 静脈内の血栓の有無を確認する
      • 肺塞栓症の有無も合わせて高精度で確認できる
      • 超音波検査よりも身体的負担が大きい
  • MR静脈造影(MRV)
    • あまり行われない
  • 静脈造影
    • 近年はあまり行われない

深部静脈血栓症(DVT)の治療法

  • 中枢型か末梢型か、あるいは肺塞栓症合併しているかで治療が異なる
    • 肺塞栓症がある場合には、DVTの治療は肺塞栓症の治療に準じる
    • DVTの治療は抗凝固薬(血液をサラサラにする)が中心であるが、末梢型の場合には薬を使わないで様子を見る場合もある
  • 主な抗凝固薬は以下の通り
    • 注射薬
      • ヘパリン
      • アリクストラ®(一般名:フォンダパリヌクス)
    • 内服薬
      • ワルファリン
      • リクシアナ®(一般名:エドキサバン)
      • イグザレルト®(一般名:リバーロキサバン)
      • エリキュース®(一般名:アピキサバン)
  • 薬での治療以外に弾性ストッキングを着用する方法もある
    • 抗凝固薬ほどの有効性は証明されていない
  • 抗凝固療法は3ヶ月を目安に終了するが、場合によっては延長される

深部静脈血栓症(DVT)のタグ