こむらがえり
こむら返り
ふくらはぎなどの筋肉が急につって、激痛が走る病気
1人の医師がチェック 6回の改訂 最終更新: 2018.04.03

こむら返りの基礎知識

POINT こむら返りとは

こむら返り(有痛性筋けいれん)とは、ふくらはぎなどの筋肉が急につって、激痛が走る病気です。寝ているときなどに起こりやすく、高齢者、女性に多いと言われています。運動中や運動後などでは、若い方でもしばしば起こります。明らかな原因は不明であることも多いですが、脱水症、肝硬変、糖尿病、電解質異常症、甲状腺機能異常症、脊髄疾患、慢性腎不全、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、閉塞性動脈硬化症などの病気が隠れていることもあります。妊娠中に起きやすいとも言われています。治療としては、ふくらはぎの筋肉を伸ばすこと、漢方薬(芍薬甘草湯:シャクヤクカンゾウトウ)を飲むこと、湿布を貼ったり痛み止めを飲むこと、などが挙げられます。予防法としては、脱水状態にならないように水分をこまめに摂ること、ビタミンやミネラルを適切に摂取すること、暴飲暴食を控えること、普段から適度な運動やストレッチを行うこと、などが挙げられます。こむら返りを病気として専門的に治療している診療科、医療機関はあまりありませんが、医療機関を受診する場合には一般内科や整形外科で相談してください。

こむら返りについて

こむら返りの症状

  • 急激なふくらはぎの痙攣(けいれん)、つり
    • 寝ている時に起こりやすい
    • 運動中や運動後にも起こることがある
  • ふくらはぎ以外の筋肉のけいれんも、こむら返りと呼ぶことがある
  • 症状によってはむずむず脚症候群と区別がつきにくいことがある

こむら返りの検査・診断

  • 基本的は病歴、症状から診断をつける
  • 他の病気が隠れていないか調べるために、必要に応じて以下のような検査を行う
    • 採血検査:電解質異常症や脱水症、肝機能や腎機能糖尿病の有無などを調べる
    • 画像検査:レントゲンCT検査、MRI検査などで骨や筋肉の異常を調べる
    • 超音波検査:脚の血管に異常がないか調べる

こむら返りの治療法

  • 治療法は確立されておらず、医師によって方針が異なることも多い
  • こむら返りの原因となるような病気がある場合には、そちらの治療をまず行う
  • こむら返りそのものに対する治療
    • ふくらはぎのストレッチを行う
    • 漢方薬(芍薬甘草湯:シャクヤクカンゾウトウなど)を内服する
      ・早い人は数分以内に効果が見られる
      ・長期的に使用し続けると低カリウム血症などの副作用が起きやすい
    • 湿布を貼ったり、痛み止めを内服する
  • こむら返りの予防
    • 脱水状態にならないように、適切に水分を摂取する
    • ビタミンミネラルを適切に補給する
      ・カルニチンという成分の不足が、こむら返りの原因の一つとされており、内服薬(商品名:エルカルチンなど)などで補充する
    • 暴飲暴食を控える
      ・飲酒によりこむら返りが誘発される可能性がある
    • 普段から適度な運動やストレッチを行う


こむら返りのタグ

からだ
MEDLEYニュース新着記事