医師たちがつくる病気事典メドレー

高血圧症

高血圧症の基礎知識

高血圧症とは?

  • 血圧が正常値より高い状態が続いていること
    • 医学的には、「収縮期血圧が140mmHg以上」または、「拡張期血圧が90mmHg以上」を満たすと診断される
  • 高血圧の80~90%は原因不明(本態性高血圧)
  • 高血圧そのものはほとんどの場合症状を起こさないが、命に関わるような様々な病気を起こしやすくなるので治療が必要

症状

  • 高血圧そのものが症状を起こすことはほとんどない
  • 悪性高血圧症(血圧が異常に高い状態)になると、高血圧によって全身の臓器に悪影響を及ぼす
    • 腎機能障害(浮腫み、疲弊感など)
    • 視力障害
    • 意識障害

検査・診断

  • 血圧測定
  • 他の病気が背景にある、二次性高血圧ではないことを確認することが必要
    • 必要に応じて以下のような検査を行う
      ・血液検査:腎臓やホルモンの働きなどを調べる
      ・尿検査:腎機能などを調べる
      ・画像検査:血圧を上げるようなホルモンを出す腫瘍がないか調べる
       ・CTMRI検査

治療

  • まずは生活習慣の改善が第一
    • 禁煙
    • 減塩
    • 野菜、果物をよく食べる
    • 肥満があればダイエット
    • 運動
    • 飲酒は控えめにする
  • 生活習慣の改善だけでは高血圧が改善されない場合は薬による治療を行う
    • ARB:アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬
    • ACE阻害薬
    • カルシウム拮抗薬
    • 利尿薬
    • β遮断薬

高血圧症に関連する治療薬

カルシウム拮抗薬(ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬)

  • 末梢血管や冠動脈を広げることで血圧を下げたり、狭心症発作を予防する薬
    • 血圧が上昇する原因の一つに血管の収縮がある
    • 血管においてカルシウムイオンが細胞内に入ると血管が収縮する
    • 本剤はカルシウムイオンが細胞内に入る過程を阻害し血管収縮を抑える
  • 薬剤によっては高血圧の他、狭心症に使用するものもある
カルシウム拮抗薬(ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬)についてもっと詳しく≫

ループ利尿薬

  • 尿による水分排泄を増やし体の過剰な水分や塩分を排泄し、むくみなどを改善する薬
    • 腎臓の尿細管という管のヘンレループという水分吸収に関わるところで血管へ水分が吸収される
    • 本剤はヘンレループでの水分移動を阻害し体内の水の量を減らし、尿として水分を体外へ排泄する
    • 体の水の量が減るとむくみが減り、血圧が下がる
  • 薬剤によっては高血圧症などへ使用する場合もある
ループ利尿薬についてもっと詳しく≫

α2刺激薬(高血圧治療薬)

  • 中枢性α2受容体を刺激し交感神経の活動を抑え、血管を拡張させ血圧を下げる薬
    • 交感神経の活動が活発になると血管が収縮し血圧が上がる
    • 中枢には交感神経に関わるα2受容体というものがあり、この受容体を刺激すると交感神経の活動が抑制される
    • 本剤は中枢におけるα2受容体の刺激作用により血管を拡張させる
α2刺激薬(高血圧治療薬)についてもっと詳しく≫

カリウム保持性利尿薬

  • 尿を増加させ、体の過剰な水分などを排出し、むくみや血圧を改善する薬
    • 腎臓における尿細管というところでは尿から血管へ水分の吸収がされる
    • 本剤は尿から血管への水分吸収を阻害し、尿量を増やして体内のむくみなどを減らしたりすることで血圧などを改善する薬
    • 本剤は体内からカリウムイオンが排泄されるのを抑える作用がある
  • 他の種類の利尿薬(ループ利尿薬 など)との併用で使用される場合もある
    • 他の利尿薬によるカリウム排泄を抑えることで、体のつりやこむら返りなどを抑える効果が期待できる
  • 心性浮腫、腎性浮腫の他、薬によっては栄養失調性の浮腫などにも使用する
カリウム保持性利尿薬についてもっと詳しく≫

直接的レニン阻害薬

  • 血圧を上昇させる体内物質の産生を抑えることで血圧を下げる薬
    • 体内で血圧を上げる物質にアンジオテンシンⅡがある
    • アンジオテンシンンⅡはレニンやACEといった酵素の働きによって産生させる
    • 本剤はレニンを直接阻害し結果的にアンジオテンシンⅡの産生を抑える作用をあらわす
直接的レニン阻害薬についてもっと詳しく≫

心抑制型カルシウム拮抗薬(ジルチアゼム、ベラパミル)

  • 血管や心筋の細胞内へのカルシウムイオンの流入を阻害し、血管を広げ、心臓の負担を軽減する薬
    • 狭心症では血管が狭くなることで心臓に十分な酸素などが届かなくなっており、胸のしめつけや息苦しさなどがあらわれる
    • 血管の収縮や心臓の拍動はカルシウム(Ca)イオンの細胞内への流入が関与する
    • 本剤は血管や心筋でのCaイオンの流入を阻害する作用をあらわす
  • 薬剤によっては、頻脈性の不整脈や高血圧などへ使用するものもある
心抑制型カルシウム拮抗薬(ジルチアゼム、ベラパミル)についてもっと詳しく≫

αβ遮断薬

  • β1受容体遮断作用による心機能の抑制とα1受容体の遮断作用による血管拡張作用などにより、高血圧や狭心症などを改善する薬
    • 血圧を上げる要因に血管内の血液量の増加や血管収縮などがある
    • 心臓のβ1受容体というものを遮断すると心拍出量が抑えられ血管へ送られる血液量が減少する
    • α1受容体というものを遮断すると血管が拡張する
  • 高血圧や狭心症の他、頻脈不整脈慢性心不全などに使用する薬剤もある
αβ遮断薬についてもっと詳しく≫

サイアザイド系利尿薬(サイアザイド類似薬を含む)

  • 体内の余分な水分などを尿によって排泄し、血圧やむくみなどを改善する薬
    • 腎臓における尿細管というところでは尿から血管へナトリウムイオンや水分の吸収がおこなわれる
    • 本剤はナトリウムイオンや水分の血管への吸収を抑え、尿としてナトリウムイオンや水分を体外へ排泄して体内の水の量を減らす
    • 体内の水の量が減るとむくみが減り、血圧が下がる
  • 薬剤によっては心性浮腫や腎性浮腫などへ使用する場合もある
  • ARBなど他の降圧剤との配合製剤の成分として使われる場合もある
サイアザイド系利尿薬(サイアザイド類似薬を含む)についてもっと詳しく≫

α1遮断薬(高血圧治療薬)

  • 体内の血管収縮に関わる作用を抑え、血管を広げて血圧を下げる薬
    • 体内に交感神経に関わるα1受容体というものがある
    • α1受容体を刺激すると血管が収縮し血圧が上昇する
    • 本剤はα1受容体を遮断し、血管を広げ血圧を下げる作用がある
  • 尿道をひろげることにより尿を出しやすくする作用などもある
    • α1受容体は前立線や尿道にもあり本剤の阻害作用により排尿改善効果があらわれる場合がある
    • 薬剤によっては前立腺肥大などによる排尿障害へ使用する場合もある
α1遮断薬(高血圧治療薬)についてもっと詳しく≫

β遮断薬

  • β受容体遮断作用により血圧、心拍数などを抑えることで高血圧、狭心症頻脈不整脈などを改善する薬
    • 心臓の拍動が過剰だと高血圧、狭心症、頻脈性不整脈などがおこりやすくなる
    • 心臓のβ1受容体というものが心臓の機能に関与し、β1受容体を遮断すると心機能が抑えられる
    • 本剤は交感神経のβ1受容体遮断作用をあらわす
  • β1受容体に選択的に作用するβ1選択性薬剤とβ1以外のβ受容体にも影響を及ぼしやすいβ1非選択性薬剤がある
β遮断薬についてもっと詳しく≫

ARB

  • 体内の血圧を上げる物質の働きを抑えることで血圧を下げる薬
    • 体内の血圧上昇や心筋の肥大化などに関わるアンジオテンシンⅡという物質がある
    • アンジオテンシンIIはアンジオテンシン受容体(AT受容体)に結合することでその生理作用をあらわす
    • 本剤はAT受容体への阻害作用により、アンジオテンシンⅡの働きを抑え降圧作用などをあらわす
  • 心臓や腎臓などを保護する作用などもあるとされる
  • ACE阻害薬に比べて、副作用の咳(空咳)などが少ないとされる
ARBについてもっと詳しく≫

ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)

  • 体内の血圧を上げる物質の働きを抑えて血圧を下げる薬
    • 体内の血圧上昇や心筋の肥大化などに関わるアンジオテンシンⅡという物質の働きを抑える
    • アンジオテンシンⅡはアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きにより生成される
    • 本剤はACEを阻害することで、アンジオテンシンⅡの生成を抑え、血圧を下げる
  • 心臓や腎臓などを保護する作用もあるとされる
ACE阻害薬(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)についてもっと詳しく≫

選択的アルドステロン拮抗薬

  • 血圧を上げる体内物質のアルドステロンを阻害し降圧作用などをあらわす薬
    • 体内の血圧を上げる要因の一つにアルドステロンという物質がある
    • アルドステロンは腎臓の尿細管で水分などを血管内へ吸収(再吸収)させ血液量を増やすことなどにより血圧を上げる
    • 本剤はアルドステロンに拮抗して作用することで抗アルドステロン作用をあらわす
  • アルドステロンは腎臓以外にも心臓、血管などにも関わり血圧を上げる要因となるとされる
選択的アルドステロン拮抗薬についてもっと詳しく≫

ビタミンE製剤

  • 血管の血流改善により血行をよくしたり、コレステロールを低下させることなどにより、頭痛、肩こり、冷えや動脈硬化などを改善する薬
    • ビタミンEは脂溶性(脂に溶けやすい性質)ビタミンで、体内で活性酸素の働きを抑える
    • 活性酸素が過剰になると体の老化や動脈硬化などをおこす場合がある
    • ビタミンEはコレステロールの排泄や末梢血管の拡張にも関わる
  • ビタミンEの欠乏が関与する脊髄小脳変性症などに使用する場合もある
ビタミンE製剤についてもっと詳しく≫

ARB・利尿薬配合剤

  • アンジオテンシンIIの受容体拮抗(阻害)作用とナトリウムや水分を尿として排出する利尿作用により降圧作用などをあらわす薬
    • アンジオテンシンIIは血管収縮作用、心臓の肥大化作用、腎臓の線維化促進作用などをあらわす体内物質で血圧上昇の因子となる
    • 体内の過剰な水分貯留は血液量を増やす要因にもなり、血液量が増えると血圧が上昇する
    • 本剤はアンジオテンシンIIの作用を阻害するARBと尿として水分などを体外へ排出する利尿薬の配合剤
  • ARBの特徴などにより、腎疾患や心疾患などを合併する患者へ使用する場合もある
ARB・利尿薬配合剤についてもっと詳しく≫

ARB・カルシウム拮抗薬配合剤

  • アンジオテンシンIIの受容体拮抗(阻害)作用とカルシウムチャネル阻害作用により降圧作用などをあらわす薬
    • アンジオテンシンIIは血管収縮作用、心臓の肥大化作用、腎臓の線維化促進作用などをあらわす体内物質で血圧上昇の因子となる
    • カルシウムイオンが通り道であるカルシウムチャネルから血管平滑筋細胞内に流入すると血管が収縮し血圧が上昇する
    • 本剤はアンジオテンシンIIの作用を阻害するARBとカルシウムチャネルを阻害するカルシウム拮抗薬の配合剤
ARB・カルシウム拮抗薬配合剤についてもっと詳しく≫

カルシウム拮抗薬・HMGCoA還元酵素阻害薬配合剤

  • 血管収縮を阻害し血管を拡張させる作用とコレステロール合成過程で必要な酵素を阻害する作用により主に血圧やコレステロールを下げる薬
    • カルシウムイオンがカルシウムチャネルという通り道から細胞内へ流入すると血管収縮がおこり血圧が上昇する
    • 肝臓ではHMG-CoA還元酵素などの働きによりコレステロールが合成され、作られたコレステロールは血液中などへ移行する
    • 本剤はカルシウムチャネルを拮抗的に阻害し血圧を下げるカルシウム拮抗薬とコレステロール合成を阻害するHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の配合剤
カルシウム拮抗薬・HMGCoA還元酵素阻害薬配合剤についてもっと詳しく≫

ARB・カルシウム拮抗薬・利尿薬配合剤

  • アンジオテンシンII受容体拮抗作用、カルシウム(Ca)チャネル阻害作用、利尿作用により降圧作用などをあらわす薬
    • アンジオテンシンIIは血管収縮作用、心臓の肥大化作用、腎臓の線維化促進作用などをあらわす体内物質で血圧上昇の因子となる
    • Caイオンが通り道であるCaチャネルから血管平滑筋細胞内へ流入すると血管が収縮し血圧が上昇する
    • 体内の過剰な水分貯留は血液量を増やす要因にもなり、血液量が増えると血圧が上昇する
    • 本剤はアンジオテンシンIIの作用を阻害するARB、Caチャネル阻害作用をあらわすカルシウム拮抗薬、降圧・利尿作用をあらわすサイアザイド系利尿薬の3成分の配合剤
ARB・カルシウム拮抗薬・利尿薬配合剤についてもっと詳しく≫

高血圧症の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

高血圧は一般的な病気で、特に症状は出ませんが健康診断などで血圧が高いと指摘されたことのある方は多いのではないかと思います。そのような場合、一般内科や循環器内科の受診をお勧めします。高血圧はとても一般的な病気であるため、専門医でなくとも一般的な治療は十分に行うことができます。

高血圧の診断そのものは血圧測定で行いますから、クリニックでも病院でも行うことができます。しかし、初めて高血圧が見つかった場合には、その原因が何なのか(塩分の摂り過ぎといったことではなく、他の病気が隠れていないか)、そして高血圧によって心臓の異常が出ていないか、動脈硬化が進んでいないかといったことも確認しなければなりません。

心電図や脈波測定検査、頚動脈エコーなどの検査が行われることがあります。こちらもクリニックで行えることがありますが、特に脈波測定検査や頸動脈エコー検査は、病院か、もしくは一部のクリニックでしか行われていません。必須の検査ではありませんし、必要と判断されれば紹介の上で病院を受診することになります。


この病気でお困りの方

高血圧の治療の中心は、血圧が上がらないように日々の生活習慣を整えることです(運動療法、食事療法)。それで改善が得られない部分については、内服薬で対応します(薬物療法)。

したがって高血圧の治療は特殊な設備を要するものではなく、内科のクリニックで十分に行うことができます。その中でも先述の関連した専門資格を持っている医師であれば、よりきめ細やかな治療や、合併症の早期発見が可能です。

長期的な通院が必要となりますので、何よりも主治医との相性や病院の通いやすさが重要です。信頼できて食事や運動など日常生活の悩みをしっかり相談できる主治医を見つけることはとても大切で、細かな薬の使い分けなどよりも影響が大きい部分かもしれません。

また、高血圧があると心筋梗塞脳卒中など、様々な他の病気を発症しやすくなります。このような異常が生じた場合に早期発見することも大切です。主治医を作り定期的な検査を受けることと、それと同時に自身でも高血圧についての理解を深め、食事の工夫を含めたセルフケアを行っていくことが、他の病気にも増して重要になるのが高血圧です。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.