すいじんしょう、すいにょうかんしょう
水腎症、水尿管症
尿管が何らかの原因で詰まって尿がうまく流れなくなり、溜った尿の影響で尿管や腎臓(腎盂)が拡がった状態
11人の医師がチェック 93回の改訂 最終更新: 2022.02.07

水腎症の原因について:水腎症が起こるメカニズムや大人と子どもでの原因の違い

水腎症は尿の流れが悪くなって、腎盂尿管が膨らんだ状態のことです。尿の流れを妨げる原因はさまざまで、子どもと大人で主な原因が異なります。水腎症が起こるメカニズムとともに、水腎症の原因を子どもと大人に分けて説明します。

1. 水腎症が起こるメカニズム

水腎症は尿の流れが悪くなることによって、腎盂や尿管が膨らんだ状態のことです。水腎症の理解を深めるには、尿の流れを知っておくことが重要です。

尿は腎臓で作られて、腎盂という場所に集まります。腎盂に溜まった尿は、細長い管(尿管)を通って膀胱に到達します。そして、膀胱に一定量の尿が溜まると、「膀胱に尿が溜まった」ということを脳が感知して、尿意を催します。トイレに行き排尿の準備が整うと、袋状の膀胱が縮んで、尿道を通って尿が身体の外に出ます。

尿の一連の流れを整理すると次のようになります。

  • 腎盂→尿管→膀胱→尿道→身体の外へ

この経路のうちのどこかの流れが悪くなると、腎盂や尿管に尿が溜まってしまい水腎症が起こります。この後の説明では、どの場所に問題が起こっているのかという点にも注目してください。

2. 赤ちゃんや子どもに多い水腎症の原因

赤ちゃんや子どもの水腎症は先天性の病気が原因になることが多いです。このため、胎児(お腹にいる赤ちゃん)の超音波検査で水腎症がみつかることがあります。ここからは、赤ちゃんや子どもの水腎症の原因になる病気について個別に説明します(なお、これらの病気はまれに大人になっても見つかることがあります)。

膀胱尿管逆流症

尿管と膀胱のつなぎ目には、膀胱の尿が尿管に逆流しないための仕組みがあります。この仕組みの異常によって膀胱の尿が尿管に逆流するのが、膀胱尿管逆流症です。本来ないはずの尿の逆流があると、腎盂や尿管に過剰な尿がたまってしまい水腎症が起こります。詳しい説明は「膀胱尿管逆流症の基礎知識ページ」を参考にしてください。

腎盂尿管移行部狭窄

腎盂と尿管のつなぎ目が狭くなる病気を腎盂尿管移行部狭窄症といいます。腎盂と尿管のつなぎ目の狭さのために、尿の流れが悪くなり水腎症が起こります。腎盂尿管移行部狭窄は胎児(お腹の中にいる時の赤ちゃん)の超音波検査から見つかることもあれば、生まれてきた後に腰背部痛や尿路感染症から見つかることもあります。

重複腎盂尿管

腎盂と尿管は腎臓と同じく左右に1つずつあります。重複腎盂尿管は、腎盂や尿管が1つの腎臓につき2つ以上できてしまう病気です。正常な尿管は膀胱の尿が逆流しないようなつくりが備わっていますが、余分にできた尿管は逆流防止のつくりが不十分なために水腎症が起こってしまいます。詳しくは「重複腎盂尿管の基礎知識」を参考にしてください。

尿管異所開口

尿管は腎盂と膀胱をつなぐ管です。まれに、生まれ持って膀胱ではない場所に尿管がつながることがあり、この状態を尿管異所開口といいます。異常な尿管は尿の流れが悪かったり逆流したりして水腎症の原因になります。詳しくは「尿管異所開口の基礎知識」を参考にしてください。

3. 大人に多い水腎症の原因

子どもの水腎症は先天性の病気が原因になることが多いですが、大人の水腎症はがんや結石などが原因になることが多いです。具体的な病気は次のものです。

尿管、膀胱、尿道の病気に分けて説明します。

尿管の病気

尿管の中が詰まると、尿の流れが滞って水腎症が起こります。尿管につまりを起こす主な原因は尿管結石と尿管がんです。

■尿管結石

尿の成分が結晶化したものを尿路結石といい、尿管に詰まった結石は尿管結石と呼ばれます。尿管結石によって水腎症ができた場合は、尿管結石を治療(内視鏡治療、手術など)すると改善しますが、結石を治療するまでの間は、尿管を広げるために尿管ステントを一時的に入れておくことがあります。詳しい説明は「尿路結石の詳細情報」を参考にしてください。

尿管がん

尿管にがんができると、中を塞いで水腎症を起こすことがあります。尿管がんは、がんの広がりを詳しく調べて、手術や抗がん剤で治療します。詳しい説明は「尿管がんの基礎情報」を参考にしてください。

膀胱の病気

神経因性膀胱膀胱がんといった膀胱の病気が水腎症の原因になることがあります。

神経因性膀胱

膀胱にはある程度の量の尿がたまると、縮んで尿が身体の外に出ます。膀胱の収縮には神経が関わっており、神経に異常が起こると膀胱から尿が出なくなります。。神経の異常によって膀胱の機能が低下する病気を神経因性膀胱といいます。神経因性膀胱によって起こった水腎症は尿道口(尿の出口)から膀胱に管を通すことで改善が期待できます。

詳しくは「神経因性膀胱の基礎知識」を参考にしてください。

膀胱がん

膀胱と尿管にはつなぎ目があります。つなぎ目の近くの膀胱にがんができて、尿管が巻き込まれてしまうと、尿管の中が潰れて尿が流れなくなります。がんによって潰されてしまった尿管を広げることは簡単ではありません。腎盂や尿管に溜まった尿を抜くために、背中から管を入れる治療(腎ろう)が行われ、並行して膀胱がんの治療が行われます。

膀胱がんの詳しい説明は「膀胱がんの詳細情報」を参考にしてください。

尿道の病気

膀胱に溜まった尿は尿道を通って身体の外に出て行きます。この尿道が狭くなったり、塞がったりすると水腎症が起こります。水腎症を起こす主な尿道の病気は尿道がんと尿道狭窄です。

■尿道がん

尿道がんが尿道を塞いでしまうと尿の流れが悪くなり、水腎症の原因になります。尿道に原因がある水腎症は膀胱に管が通れば治療ができますが、簡単には尿道から膀胱まで入れることができません。その代わりとして、下腹部から膀胱に管を入れる方法(膀胱ろう)や膀胱の上流にある腎盂に背中から管を入れる方法(腎ろう)で水腎症の治療をします。また、並行して尿道がんの治療が行われます。詳しくは「尿道腫瘍の基礎知識」を参考にしてください。

尿道狭窄

尿道に傷がつくことや長期間の管の留置、感染症などによって、尿道が狭くなることがあり、尿道狭窄といいます。その程度が重くなると、尿が身体の外に出にくくなり、水腎症の原因となります。尿道がんによる水腎症と同様に、膀胱ろうや腎ろうによって治療が行われます。より詳しく知りたい人は「尿道狭窄の基礎知識」を参考にしてください。

【参考文献】

・「標準泌尿器科学」(赤座英之/監 並木幹夫、堀江重郎/編)、医学書院、2014
・「泌尿器科診療ガイド」(勝岡洋治/編)、金芳堂、2011