すいじんしょう、すいにょうかんしょう
水腎症、水尿管症
尿管が何らかの原因で詰まって尿がうまく流れなくなり、溜った尿の影響で尿管や腎臓(腎盂)が拡がった状態
11人の医師がチェック 93回の改訂 最終更新: 2022.02.07

水腎症の症状について

水腎症の症状には幅があり、ほとんど症状がないこともあれば、強い痛みや尿量の減少などが現れることもあります。また、水腎症は腎盂腎炎腎不全のきっかけになるので、これらの症状も抑えておくことがポイントです。

1. 水腎症は症状がないこともある

水腎症は尿の流れが滞って、腎盂(腎臓で作られた尿が集まる場所)や尿管(腎臓と膀胱をつなぐ管)が拡張することです。水腎症は症状がないことがあります。特に、ゆっくりと進行して水腎症になった人は症状を自覚しづらいと考えられています。他の病気のために受けた超音波検査で、無症状の水腎症が偶然見つかることは珍しいことではありません。

2. 水腎症で現れることがある症状について

無症状のことがある水腎症ですが、急に進行して起きた水腎症は症状が現れることが多いです。代表的な症状である「腰や背中の痛み」と「尿量の減少」について詳しく説明します。

腰や背中の痛み

腎臓は背中側の腰の少し上に位置しており、左右に1つずつあります。水腎症によって腎盂(腎臓で作られた尿が集まる場所)が過剰に広がると、その周辺の神経が刺激されて痛みを感じると考えられています。通常、左右両方の腎盂に同時に水腎症が起きることは少なく、痛みは左右のどちらかの腰もしくは背中に偏って現れることが多いです。

尿量の減少

水腎症とはいわば尿の渋滞が起きた状態です。腎盂や尿管に溜まった尿の逃げ道は他にはないので、溜まりつづけるしかなく、身体の外に出る尿は少なくなります。

3. 水腎症が原因で他の病気を起こしたときの症状:腎盂腎炎(腎盂炎)・腎不全について

水腎症になると、その影響で、腎盂腎炎(腎盂の感染症)や腎不全(腎臓の機能が低下した状態)が起こることがあります。ここでは、腎盂腎炎腎不全の症状について説明します。水腎症になっていると言われた人は特に注意して読んでください。

腎盂腎炎(腎盂炎)の症状

水腎症は腎盂腎炎を起こしやすい状態です。腎盂腎炎は進行が早く重症化することもあるので、早く見つけて治療をすることが大切です。そのためには腎盂腎炎の症状についての知識も深めておくと、いざという時の判断に役立ちます。

  • 腎盂腎炎でよく現れる症状
    • 発熱
    • 悪寒戦慄(寒気や震え)
    • 腰背部痛
    • 側腹部の叩打痛(脇腹を叩くと出る痛み)
    • 吐き気・嘔吐
  • 腎盂腎炎でしばしば現れる症状
    • 頻尿
    • 排尿時痛
    • 血尿

水腎症を指摘されている人にこれらの症状が現れた場合には腎盂腎炎の可能性があるので受診をしてください。(さらに詳しい説明は「腎盂腎炎の詳細情報」を参考)。

腎不全の症状

水腎症によって腎臓が大きなダメージを受けると、腎臓の機能が低下して腎不全が起こります。
腎不全の主な症状は次のものです。

  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 脚を中心とした身体のむくみ

腎不全になると、血液中の電解質のバランスが乱れて命に関わる不整脈を起こすことがあります。腎不全が疑わしい場合は、血液検査を行い、腎臓の機能や電解質の値などが詳しく調べられます。

さらに詳しい説明は「腎不全の基礎情報」を参考にしてください。

【参考文献】

・「標準泌尿器科学」(赤座英之/監 並木幹夫、堀江重郎/編)、医学書院、2014
・「泌尿器科診療ガイド」(勝岡洋治/編)、金芳堂、2011