ようれんきんせいいんとうえん
溶連菌性咽頭炎
溶連菌(溶血性連鎖球菌)によるのどの感染症。主にかぜ症状が見られるが、完治には抗生物質の内服が必要
11人の医師がチェック 273回の改訂 最終更新: 2017.12.06

溶連菌性咽頭炎の基礎知識

POINT 溶連菌性咽頭炎とは

溶血性連鎖球菌(溶連菌)による感染がのどで起こった場合を溶連菌性咽頭炎と言います。溶連菌の中でもA群β溶連菌という種類による感染が多いです。主な症状はのどの痛み・発熱・だるさ・頭痛・首のリンパ節腫脹・リンパ節の圧痛(押すと痛む)・舌に白い膜(白苔)が張るなどになります。咳や鼻水は出ないことも特徴的です。 身体所見から推測することもできますが、診断を確定させるためには溶連菌の迅速検査や培養検査を行います。治療にはペニシリン系抗菌薬を用いますが、ペニシリン系にアレルギーがある場合は他の抗菌薬(クリンダマイシンなど)を使用します。溶連菌性咽頭炎が心配な人や治療したい人は、小児科・総合内科・耳鼻咽喉科・感染症内科を受診して下さい。

溶連菌性咽頭炎について

  • 鼻や口の奥にある部分を咽頭と言い、咽頭に起こった溶連菌(溶血性連鎖球菌)による炎症を溶連菌性咽頭炎という
  • 溶連菌の中でもA群β溶血性連鎖球菌という細菌による感染の割合が多く、症状も強いのが特徴
  • 飛沫感染接触感染で感染する
  • 感染してから症状が出るまでの期間(潜伏期間)は2-4日
  • 主に4-15歳に見られ、学童初期に最も多い
    • 成人にも起こる
  • 溶連菌は咽頭以外にも感染を起こす
  • 溶連菌咽頭炎の後に気をつけなくてはならない病気
    • リウマチ熱
      ・溶連菌感染後、1-5週間後に起こる
      ・心臓の中を血液が流れる際に逆流しないように働く弁に障害があらわれる
      ・よくある症状は発熱、心内膜炎や心筋炎など心臓の障害、関節炎などである
    • 急性糸球体腎炎
      ・溶連菌感染後、1-2週間してから急性糸球体腎炎が起こることがまれにある
      ・よくある症状はむくみ、尿が出なくなる、茶色い尿などである
    • アレルギー性紫斑病
      アレルギー反応から全身の毛細血管の壁に炎症が起きる
      ・よくある症状は紫色の出血斑、むくみ、関節痛、腹痛などである
    • IgA腎症
      免疫物質であるIgAが腎臓の糸球体という部位に蓄積する
      慢性的かつ持続的に腎臓の機能を低下させる
      咽頭炎扁桃炎を繰り返す場合は扁桃腺を摘出することもある

溶連菌性咽頭炎の症状

  • 主な症状
    • のどの痛み
    • 飲み込むときの違和感や痛み
    • だるさ
    • 頭痛
    • 38度以上の発熱
    • 首のリンパ節の腫れと痛み
  • その他の症状
    • 筋肉痛
    • 食欲不振
    • 発疹
    • 白い斑点を伴うのどの赤み
    • 腹痛
    • 吐き気
    • 体全体に出来る赤くて小さな発疹
    • 舌に小さなブツブツしたもの(イチゴ舌)
  • 出現しにくい症状(溶連菌感染症以外のかぜの時に出やすい症状)
    • 鼻水

溶連菌性咽頭炎の検査・診断

  • 細菌検査
    • 綿棒を使ってのどの分泌物を検査することで、A群β溶連菌性咽頭炎かを調べることができる溶連菌抗原迅速キットがある
    • 38度以上の発熱・首のリンパ節の腫れと痛み・喉の奥の白苔があること・咳がないこと・15歳未満の5項目に注目してA群β溶連菌感染症の迅速検査を行うかを判断する
    • 3歳未満の幼児は溶連菌咽頭炎やその合併症の頻度が低いので、周りでとても流行っているなど、疑いが強い場合以外は検査をしないことも多い
  • 血液検査
    • 他に疑われる病気がないかや、炎症の程度を調べる必要があるときに実施される

溶連菌性咽頭炎の治療法

  • 治療
    • 抗生物質が良く効く
    • ペニシリン系の抗生物質を10-14日間使用する
    • ペニシリンにアレルギーのある場合はクリンダマイシンなどの他の薬を使用する
  • 注意事項
    • 途中で抗生物質を使うのをやめてしまうと再発の危険が増える
    • 抗生物質を使用した後に発疹が出た場合は、抗生物質の副作用の可能性があるため使用を中止する
    • 溶連菌感染症が治った後の合併症に、急性糸球体腎炎リウマチ熱がある
    • 急性糸球体腎炎発症の有無を確認するため、溶連菌患者は抗生剤終了後に尿検査を行うクリニック、病院も多い
    • 治療しているにもかかわらず以下の症状が出た場合は、治療の失敗や合併症の出現が疑われるので、医療機関を再度受診することが望ましい
      血尿
      ・手足のむくみ
      ・持続する発熱
      ・関節の痛み
  • 登校再開の目安
    • 熱がある場合の登校は控える
    • 熱がない場合でも、抗生物質を使用開始から24時間以内は周囲へ感染を広げるリスクがあるため登校を控える

溶連菌性咽頭炎の経過と病院探しのポイント

溶連菌性咽頭炎が心配な方

溶連菌性咽頭炎は発熱とのどの痛みが特徴です。咳や鼻水は出ることもありますが目立ちません。溶連菌性咽頭炎は、いわゆる「のどかぜ」の一種です。

上記のような症状に該当してご心配な方は内科、耳鼻科、小児科のクリニックでの受診をお勧めします。

溶連菌性咽頭炎は、問診と診察で診断をする病気です。必要に応じて検査キットを使用することもあります。のどの奥に細い綿棒を入れて粘液をこすりとり、それを用いると5分から15分ほどで検査の結果が分かります。診断の精度は100%ではありませんので、あくまでも問診と診察が基本ですが、参考のために行われることのある検査です。特に小児科のクリニックなどでは、このような検査キットを準備しているところが多いでしょう。

溶連菌性咽頭炎に関連する診療科の病院・クリニックを探す

溶連菌性咽頭炎でお困りの方

溶連菌性咽頭炎は、抗生物質を内服することで治療します。のどかぜの一種であり抗生物質を使用しなくても自然に治る病気ではありますが、まれに治った後にリウマチ熱という病気や急性糸球体腎炎という腎臓の病気を誘発してしまうことがあります。抗生物質を内服することによって治癒までの期間が短くなることと、このリウマチ熱になるリスクを低下させることができます。

溶連菌性咽頭炎に関連する診療科の病院・クリニックを探す

溶連菌性咽頭炎が含まれる病気

溶連菌性咽頭炎のタグ

溶連菌性咽頭炎に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する