あいじーえーじんしょう
IgA腎症
腎臓の糸球体という部分に炎症が起きることで腎機能が下がってしまう。IgAというタンパクが糸球体に付着して炎症を起こすことが原因
16人の医師がチェック 68回の改訂 最終更新: 2018.08.07

IgA腎症の基礎知識

POINT IgA腎症とは

IgA腎症はタンパク尿や血尿の指摘から見つかる病気で、特に問題が起こらない人もいれば時間の経過とともに腎臓の機能が低下する人もいます。IgAという免疫物質が腎臓の糸球体に沈着して炎症を引き起こすことが原因とされていますが、詳しいことはまだ不明です。尿検査や血液検査、腎生検、超音波検査などが診断に用いられます。IgA腎症には程度によって治療法が異なります。軽症の場合は経過観察することも可能ですが、重症化する可能性が高い場合には、ステロイド薬を用いて治療されます。IgA腎症が気になる人は腎臓内科を受診してください。

IgA腎症について

  • 腎臓の糸球体という部分に炎症が起きる病気の一種
    • IgAというタンパクが糸球体に付着して炎症を起こすことが原因
  • 慢性糸球体腎炎の原因の中では最も多い
  • 10代と40代に多い
詳細な情報を見る

IgA腎症の症状

  • ほとんどの場合、自覚症状は無い
  • 症状がある場合
    • 血尿(コーラの様な色)
    • ネフローゼ症候群(尿に大量のタンパク質がもれ出る)
      ・体がむくむ
      ・疲れやすい
      ・食欲がない など
症状の詳細

IgA腎症の検査・診断

  • 尿検査:尿に血やタンパク質などが混ざっていないかを調べる
    • 症状が無いため、健康診断などで発見されることが多い
  • 血液検査:血液中のIgAの量や腎臓の機能を調べる
  • 組織診:体の外から針を刺して腎臓の組織を一部切り取ることで腎臓の異常の原因を調べる
検査・診断の詳細

IgA腎症の治療法

  • 食事療法
    • 塩分を控えめにする
    • タンパク質を制限する
  • 薬物治療
    • 降圧薬:アンジオテンシン変換酵素阻害薬・アンジオテンシンII受容体拮抗薬・カルシウム拮抗薬
      ・腎臓の機能を保護する
    • ステロイド薬:腎臓の炎症を抑える
      ステロイドパルス療法:ステロイド薬の大量投与
    • 抗血小板薬
      ・血液をかたまりにくくする薬
  • 扁摘パルス療法
    • 扁桃摘出手術とステロイドパルス療法を行うこと
    • 扁桃腺を摘出するとなぜ腎臓に良いのかははっきりと分かっていないが、摘出すると腎炎が良くなるというデータが報告されている
  • 治療後の経過
    • 経過には幅があり、生涯に渡り腎臓の機能を維持できる場合や腎不全に至ることもある
    • 腎不全にいたった場合、腎代替療法(腎臓の代わりをする治療で血液透析・腹膜透析・腎移植がある)が必要となる
治療法の詳細

IgA腎症のタグ

IgA腎症に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する