あるこーるせいかんしょうがい
アルコール性肝障害
大量のアルコール摂取を続けることにより、肝臓の機能が低下した状態
7人の医師がチェック 114回の改訂 最終更新: 2020.06.11

アルコール性肝障害はどのような病気なのか

アルコール性肝障害とは、過度な飲酒を長年続けることによって肝臓がダメージを受けた状態です。初期段階であれば禁酒だけで改善が見込めますが、そのまま飲酒を続けていると徐々に進行し「アルコール性肝硬変」という重い病気に至ることがあります。また、肝臓に炎症が起こる「アルコール性肝炎」になることがあります。

1. アルコール性肝障害とは:4つのタイプについて

アルコール性肝障害とは、大量のアルコール摂取を続けることで肝臓の機能が低下した状態です。進行するまで無症状であることが多く、症状から肝臓の状態を推測することはできません。肝臓はダメージを受け続けると徐々に「線維化」が進むため、線維化の広がりを調べることで肝臓の損傷具合がわかります。アルコール性肝障害は肝臓の状態によって主に4つのタイプに分けられます。

【アルコール性肝障害の主なタイプ】

  • アルコール性脂肪肝
  • アルコール性肝線維症
  • アルコール性肝硬変
  • アルコール性肝炎

「アルコール性脂肪肝」はアルコール性肝障害の初期段階です。脂肪がたまった状態ではありますが、線維化はほとんどありません。この状態の人が大量飲酒を続けると、線維化が広がって「アルコール性肝線維症」になり、さらに飲酒を続けると最終的に「アルコール性肝硬変」へと進行していきます。

また、どのタイプであっても、飲酒によって急に肝臓に炎症が起きる「アルコール性肝炎」になることがあります。

アルコール性肝障害の分類:アルコール性脂肪肝、アルコール性肝線維症、アルコール性肝硬変、アルコール性肝炎

どれくらい飲酒したらアルコール性肝障害になるのか

程度の差はありますが、一般的に1日40-60g以上の純アルコール量の摂取を5年以上続けると、アルコール性肝障害を発症するといわれています(アルコールに弱い人や女性、肥満の人では純アルコール量が40g/日、それ以外の人であれば60g/ 日)。

ただし、飲酒によって生じる肝臓のダメージには個人差があるため、上記の飲酒量より少なくても肝障害になる人はいます。検査で肝機能の異常が見つかった人は、たとえあまりお酒を飲まなくてもお医者さんに相談してください。

参考:アルコール医学生物学研究会「アルコール性肝障害診断基準(2011年度版)」

2. アルコール性肝障害の症状とは

アルコール性肝障害はかなり進行するまで症状が出ないことがほとんどです。肝硬変が最も進行した状態である「非代償性肝硬変」になって初めて症状を感じる人が少なくありません。「非代償性肝硬変」では下記のような症状が生じます。

【進行した肝硬変(非代償性肝硬変)の主な症状】

  • 腹水(お腹が張った感じ)
  • 全身のむくみ
  • 意識障害
  • 消化管出血

ある程度進行してしまうと肝臓を元に戻すのは難しいため、症状のないうちから健康診断などで見つけて治療することが大切です。

アルコール性肝炎の症状

アルコール肝障害のある人が普段よりも多い飲酒をしたときなどに、肝臓に炎症が起こることがあります。アルコール性肝炎と呼ばれるこの状態は、アルコール性脂肪肝の人の約10-20%に生じるといわれています。アルコール性肝炎になっても症状をほとんど感じない人もいますが、発熱、腹痛、腹水、全身のむくみ、意識障害などのさまざまな症状が生じる人もいます。

3. アルコール性肝障害の検査

アルコール性肝障害は症状が現れにくいので、早期発見や進行度確認のための検査が有用です。

【アルコール性肝障害の代表的な検査】

  • 問診
  • 身体診察
  • 血液検査
  • 画像検査(腹部超音波検査など)

問診

問診では、飲酒量、サプリメントを含めた常用薬の内容、今までかかった病気の内容など、さまざまな質問をされます。

身体診察

身体診察は、お医者さんが患者さんを見て、聞いて、触れることで身体の様子を調べることです。アルコール性脂肪肝や肝線維症では異常はまず見当たりません。アルコール性肝硬変やアルコール性肝炎では、腹水によるお腹の張りや身体のむくみなどが見つかることがあります。

血液検査:ALT、AST、γ-GTP、ビリルビン、ALP、アルブミン、血小板など

血液検査では、肝機能や肝障害の進行度がわかります。また、ウイルス性肝炎自己免疫性肝炎などのアルコール以外の肝障害の原因を調べることもできます。

なお、飲酒とγ-GTPについては、コラム「お酒好きなら気になるあの値:γ-GTPと飲酒はどう関係するの?」にて詳しく説明しています。

画像検査:腹部超音波検査や腹部CT検査など

腹部超音波検査は副作用の心配がなく、脂肪肝や肝臓がんの有無が調べられる有用な検査です。必要に応じてCT検査などを追加されることがあります。その他、上部消化管内視鏡検査胃カメラ検査)、肝硬度測定装置、肝臓病理学的検査などが行われることもあります。

4. アルコール性肝障害の治療

アルコール性肝障害の治療では、どのタイプであっても禁酒が欠かせません。肝硬変や肝炎を起こした人には、禁酒に加えてさまざまな治療を受けることがあります。

禁酒

アルコール性脂肪肝であれば禁酒のみで改善します。脂肪肝より進行した状態では肝臓を元に戻すのは難しいですが、進行を食い止め少しでも改善させるためには禁酒が欠かせません。

進行したアルコール性肝硬変(非代償期肝硬変)の治療

非代償期肝硬変は肝硬変の中で最も進行した状態であり、さまざまな症状が生じて治療が必要になります。

【非代償性肝硬変の一般的な治療】

腹水やむくみを軽減する治療 塩分制限(1日5-7gが目安)
利尿剤の点滴や内服
腹腔穿刺 
腹水ろ過濃縮静注法(CART)
血液製剤(アルブミン)の点滴
肝性脳症の治療 分岐鎖アミノ酸含有製剤(BCAA)の内服や注射
下剤(ラクツロースなど)
カナマイシンの内服
レボカルニチンの内服
タンパク質制限
消化管出血(食道静脈瘤胃潰瘍)の治療 プロトンポンプ阻害薬の内服や点滴
β遮断薬 (プロプラノロール)の内服
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)による止血術
夜間低血糖の治療 夜間の炭水化物の捕食
(LES:Late Evening Snack)

なお、肝機能を正常に戻す根本治療には肝移植があります。詳しく知りたい人は治療のページも参考にしてください。

アルコール性肝炎の治療

軽度のアルコール性肝炎であれば禁酒だけでよくなることが多いです。重症のアルコール性肝炎の人は重篤化することもあり、入院でステロイド薬(内服または点滴)や血漿交換などの治療が行われます。

5. アルコール性肝硬変の人は肝臓がんになりやすい

アルコール性肝硬変となると肝臓がんになるリスクが上昇します。肝臓がんになっても初期は症状が出ないことが多いので、アルコール性肝硬変の人は定期的に腹部超音波検査などを受けることが推奨されています。肝臓がんはできるだけ初期に見つけて治療につなげることが大切です。治療には手術(肝切除、肝移植)、化学療法、肝動脈塞栓療法、ラジオ波焼灼療法、緩和療法などがあります。肝臓がんの治療について詳しく知りたい人は「肝臓がんのページ」を参照してください。

【参考文献】

・日本消化器病学会, 「NAFLD/NASH診療ガイドライン2014」, 南江堂, 2014
・アルコール医学生物学研究会, アルコール性肝障害診断基準(2011年度版)
(2020.6.9閲覧)