あるこーるせいかんしょうがい
アルコール性肝障害
大量のアルコール摂取を続けることにより、肝臓の機能が低下した状態
7人の医師がチェック 114回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta アルコール性肝障害についての医師コメント

大量の飲酒により様々な臓器が障害されますが、最も有名なのが肝臓ではないでしょうか。脂肪肝、肝線維症の状態であれば、アルコールをやめれば戻りますが、肝硬変になってしまえば禁酒しても必ずしも改善するとは限りません。肝硬変を放置すれば食道静脈瘤や肝不全といったものを合併して死に至ることもあります。
実際、肝硬変になるまでお酒を飲む人に、これ異常酒を飲むと危ないという話をしても、それだけでお酒をやめられる方はなかなかいません。実際、お酒をやめるよう説明しても飲酒をやめず、食道静脈瘤破裂で吐血して救急搬送される方もいらっしゃいます。
自分がアルコール依存であるという自覚があれば、精神科に通院していただくなど何か対策をとれるのですが、実際は拒否される方が多く、どうにかできないものかと悩みます。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.05.16