かんせつりうまち
関節リウマチ
免疫の異常により関節の腫れや痛みが起こる病気
14人の医師がチェック 139回の改訂 最終更新: 2020.02.14

関節リウマチの症状は?関節の朝のこわばりや痛みなど

関節リウマチは手や足の関節の複数箇所に痛みや腫れが出る病気です。関節の腫れや痛みは持続することで関節の変形を起こします。間質性肺炎貧血悪性リンパ腫など関節以外に症状が出る場合もあります。  

関節リウマチは関節の痛みや腫れた状態が続く病気です。しかし、関節リウマチの初期では、関節の痛みや腫れるといった症状が出現せずに、朝のこわばりとして症状が出ることがあります。こわばりとは手が握りにくい、関節が固まって動かしにくくなった症状です。手のむくみを腫れぼったい感じとして自覚するひともいます。日中になると体を動かすことで症状が軽快することから、朝に症状が強く、朝のこわばりと呼ばれます。

関節リウマチの症状が出やすい関節としては以下の場所があります。

  • 手首
  • 肘(ひじ)
  • 膝(ひざ)
  • 股関節(こかんせつ)

多くは左右対称に症状が出現するとされます。指関節では第一関節(一番指先に近い関節)には症状が出ず、第二関節より身体の中心に近い関節に症状が出ます。変形性関節症では第一関節にも関節痛が出現します。そのため、第一関節に症状があるかは関節リウマチか変形性関節症かを見極める大事なポイントです。また関節の炎症が腱に及ぶと腱鞘炎の症状が現れます。

関節リウマチで微熱が続くことがありますが、あとで述べる悪性関節リウマチを除いて38度以上の熱はまれです。寒気や高熱が出る場合は他の病気を考える必要があります。反対に熱が出ない関節リウマチもあるので、熱なしでも関節リウマチの可能性はあります。

関節リウマチは関節の痛みや腫れた状態が続く病気ですが、進行すると手足が変形したり、ひどい場合には脱臼(だっきゅう)してしまいます。これは関節の痛みや腫れの結果、関節の破壊が起こるためです。関節リウマチの方の手足は変形が進むと小指側に脱臼していきます。これを尺側偏移(しゃくそくへんい)と呼びます。脱臼して神経を圧迫するとしびれとして症状が現れることもあります。

関節リウマチは30-50代の女性(男女比は男性1に対し女性4-5)に起こることが多い病気です。ただし、20代の若い人やお年寄りにも起こることがあります。患者数は日本全体で70-100万人です。

関節リウマチは関節以外にも症状が出ることがあります。代表的には間質性肺炎貧血悪性リンパ腫などが引き起こされた場合です。
あとで述べるように、関節リウマチは免疫細胞が自分の体を攻撃することで起こります。肺が攻撃されることで間質性肺炎が起こります。間質性肺炎の症状としては咳や息苦しさなどがあります。貧血の症状はふらつきやだるさです。悪性リンパ腫は血液のがんです。首や脇の下が腫れるといった症状が出たときには注意が必要です。

関節リウマチになると心筋梗塞(しんきんこうそく)のリスクが上がります。関節リウマチは全身の関節で持続的な炎症を起こします。全身の持続的な炎症は動脈硬化を引き起こすと考えられています。動脈硬化は心筋梗塞の主な原因のひとつです。
デンマークの報告では、関節リウマチ患者の心筋梗塞のリスクは糖尿病患者と同程度でした。
関節リウマチの治療は関節の症状を抑えるだけでなく、心筋梗塞を予防する狙いもあります。

参照:Ann Rheum Dis. 2011;70:929-34

悪性関節リウマチは関節リウマチに血管の炎症による症状を伴うものを言います。「悪性」という名前がついていますが、がんではありません。悪性関節リウマチの患者数は関節リウマチ患者のうち0.6%程度です。
悪性関節リウマチの症状は、関節の腫れや痛みという関節リウマチの症状に加え、全身症状を伴います。具体的には38度以上の発熱、咳(間質性肺炎)、しびれ(多発単神経炎)、皮膚のただれ(皮膚潰瘍)、皮膚のしこり(皮下結節)、胸の痛み(胸膜炎)などがあります。
悪性関節リウマチは関節リウマチにかかって長年経っている方に発症することが多いです。悪性関節リウマチは国の難病(特定疾患)に指定されています。

参照:難病情報センター