[医師監修・作成]喉頭がんの放射線治療はどんな治療? | MEDLEY(メドレー)
こうとうがん
喉頭がん
のどの奥の、のどぼとけのあたりの位置(喉頭)にできるがん
11人の医師がチェック 94回の改訂 最終更新: 2022.03.07

喉頭がんの放射線治療はどんな治療?

喉頭がんを治す目的で行う根治治療の選択肢は、手術治療(外科的治療)と放射線治療があります。喉頭がんの治療では、がんを治すことと共に、声を出す機能を温存すること(喉頭温存:こうとうおんぞん)が重要視されます。

放射線治療では喉頭温存が可能であり、喉頭温存を希望される場合は、がんができた場所、がんのステージを考慮して、放射線治療を選択します。声門下がんの場合は放射線治療の効果が乏しいため、手術が選択されることが多いです。

1. どんな喉頭がんに放射線治療を行うの?

喉頭がんに対して、放射線治療を行う場合は下記の3つの目的があります。

  1. 手術で摘出が可能ながんに対しての喉頭機能の温存
  2. 手術で摘出が困難ながんに対しての根治治療
  3. 手術後の再発予防

1)と2)ではがんの治癒を目指して放射線治療を行います。

3)は手術の結果で再発リスクが高いと予想される場合に、手術後に追加で放射線治療を行います。それぞれ説明します。

1) 手術で摘出可能ながんに対しての喉頭機能の温存

手術で摘出可能な喉頭がんに対して、喉頭機能の温存を希望した場合に行う放射線治療です。早期の声門がんでは、放射線単独での治療を行います。

通常、喉頭全摘術が必要となるようなステージ3や4の局所進行がんの場合でも、喉頭温存を希望する場合は、シスプラチンを併用した化学放射線療法を考慮します。喉頭温存率や、がんの制御率は良好ですが、治療後に嚥下障害(飲み込みの障害)などを来す可能性があり、誤嚥性肺炎を繰り返して致命的になることもあります。手術で摘出可能な局所進行がんの場合は、長期的な嚥下障害などと、喉頭温存の希望をあわせて、相談して決定する必要があります。

参考文献
J Clin Oncol. 2013 Mar 1;31(7):845-52

2) 手術で摘出が困難ながんに対しての根治治療

手術ができない(切除不能)場合に対しては、抗がん剤を併用した化学放射線治療が標準的な治療です。併用する抗がん剤はシスプラチンなどを使用します。

切除不能例の具体的な例としては、頸動脈に浸潤している場合などです。がんの進行度を表すTNM分類のうち、T4bにあたる場合は手術不能と判断されます。

TNM分類について詳しくは「喉頭がんのステージとは?」で説明しています。

参考文献
J Clin Oncol. 2003 Jan 1;21(1):92-8

3) 手術後の再発予防

手術後の病理検査で結果で再発リスクが高いと判断された場合には、追加で放射線治療を行います。根治を目指して手術をした後に、摘出したがんを顕微鏡でよく見る病理検査を行います。術後の病理検査結果で下記の要素があると再発リスクが高いことが分かっています。

  1. 顕微鏡的断端陽性(がんが切除断端から5mm以下)
  2. リンパ節転移からリンパ節の周りに浸潤している
  3. 頸部リンパ節転移が2個以上
  4. 神経周囲にがんが浸潤している
  5. 血管内にがんで塞栓ができている

a)とb)に関しては、特に再発リスクが高いことがわかっています。その場合は抗がん剤のシスプラチンを併用した術後の化学照射線療法を行うことで、再発リスクが低下することが報告されています。

c)からe)の再発リスク因子が見つかった場合は、放射線単独照射や、放射線化学療法を状況に応じて行います。シスプラチンを併用することで副作用も増加するため、手術後の体力や、栄養状態などを考慮して治療を選択します。

2. 喉頭がんの放射線治療はなぜ効く?

放射線治療は、がんのある部位に、体の外から放射線をあてる治療です。照射はがんのある部位にあてるほかに、大きながんや声門上がんでは、予防的照射も行うことがあります。予防的照射とはそのがんで、転移が起こりやすいリンパ節の領域への照射です。

一般的には土日祝日を除いて、毎日同じ部位に、同じ量の放射線を当てます。治療の後半では放射線を当てる範囲を変更して照射を行います。

1回1.8-2Gy(グレイ)を33-35回照射します。照射期間は6-7週間になります。放射線治療の効果は治療終了後も1ヶ月程度持続します。放射線を当てると細胞のDNAが傷ついて、それ以上、細胞が増殖できなくなります。細胞分裂の周期は細胞によって異なるため、放射線の照射が終わった後も、効果が1ヶ月程度は持続します。

有害事象として、皮膚のやけど(放射線性皮膚炎)、口からのどの粘膜のやけど(粘膜炎)が必発です。放射線治療の終盤では、のどの粘膜炎の痛みのために、食事がとれなくなることがあります。個人差がありますが、1ヶ月程度で徐々に皮膚炎や粘膜炎が改善します。

放射線治療には、放射線単独で行う場合と、抗がん剤を併用する化学放射線治療があります。がんの部位とステージに応じて選択します。

放射線単独治療を行うのは、声門がんや声門上がんの早期がんです。進行がんの場合で、喉頭温存を希望した場合には、放射線治療に化学療法を併用します。放射線のみの治療に比較して、化学療法を併用すると、照射中の有害事象は多くなりますが、再発などの率が少ないことが知られています。

参考文献
Head Neck. 2001 Jul;23(7):579-89

3. 抗がん剤を併用した化学放射線療法とは?

進行がんでは放射線治療に抗がん剤を併用する化学放射線治療を行います。

抗がん剤を併用する目的は、放射線の効果を高めることと、放射線があたらない部分の潜在的ながんへの効果です。潜在的ながんとは、目に見えないような小さながんのことです。

化学放射線治療で、世界的に標準的な治療として用いられている抗がん剤はシスプラチンです。放射線療法の開始日にシスプラチンを投与し、以後、3週に1回投与を行います。合計3回投与を行います。シスプラチンは腎機能障害、強い嘔気の有害事象がある抗がん剤のため、年齢、全身状態、臓器機能が悪い場合は、抗がん剤の減量、変更などを検討します。

抗がん剤を併用すると、放射線の効果が高まる反面、有害事象も強くなります。放射線性皮膚炎や粘膜炎が放射線単独治療に比べて強くなります。

4. 強度変調放射線治療(IMRT)とは?

強度変調放射線治療は色々な方向から放射線を照射するときに、放射線の量を調整して照射する方法です。

放射線は体の組織を貫いて直進する性質を持っています。放射線治療では、がんがない正常な組織にも同じ放射線量があたってしまいます。正常な組織にも放射線があたることで、有害事象がおこります。

IMRTでは照射の部位を細かくわけて、色々な方向から照射するとともに、照射する放射線の量を調整します。部位によってあたる放射線量を細かく調整することができます。

放射線量を調整して、がんのある部位や、今後転移が出る可能性があるリンパ節の部位には、多くの放射線量を照射します。一方、がんの転移などのリスクの低い部位や、重要な構造物には放射線量を少なくすることができます。放射線に伴う有害事象を軽減させることが可能であり、放射線を当てたい部分が複雑な形状の場合も照射可能となります。

喉頭がんで照射をする頭頸部では、様々な構造物が近くにあります。例えば、耳下腺(じかせん)などの唾液腺に放射線があたると唾液量が低下します。唾液量が低下すると、口腔乾燥になり、う歯虫歯)や顎骨壊死につながる恐れもあります。IMRTで耳下腺への放射線量を軽減させると、口腔乾燥を減らしながらも、治療効果を維持することが可能です。

IMRTは実施可能な施設が限られます。

参考文献
Lancet Oncol. 2011 Feb;12(2):127-36.

5. 放射線治療の優れている点は?

放射線治療は手術治療に比較して、優れている点は下記の通りです。

  1. 喉頭温存が可能
  2. 通院での治療が可能
  3. 全身麻酔が不要

この中でも、治療後の長期間にわたって、放射線治療の利点といえるのが、1)の喉頭温存が可能な点です。喉頭温存とは、すなわち声を残すことができるということです。

手術の場合でも、早期の喉頭がんでは、喉頭微細手術や喉頭部分切除を行うため、手術後も声を出すことが可能です。進行がんで喉頭全摘術や咽頭喉頭食道摘出術を必要とする場合は、喉頭がなくなってしまうので、声が出なくなります。

放射線治療や化学放射線治療では、喉頭が残存するため、治療後も発声が可能です。喉頭が残るため、がんの再発の可能性はありますが、発声が可能であるという点で生活の質は維持されます。

2)について、放射線治療は有害事象が強くでない限り、通院での治療が可能です。放射線治療は平日の毎日行いますが、照射時間や会計時間などをあわせて考えても1時間程度であり、通院でも十分治療は可能です。抗がん剤を併用する場合は、抗がん剤の併用期間のみ入院が必要となることがあります。

有害事象が強くでた場合で、食事や水分を摂れない場合は、入院での点滴や、鼻から胃までのチューブ(経鼻胃管;けいびいかん)、胃瘻などでの経管栄養が必要になります。

住み慣れた自宅からの通院が可能である点は、治療の利点になります。

3)について、手術を行う際は、全身麻酔が必須になります。全身麻酔の安全性は確立されていますが、循環器系(心臓)、脳血管系などに併存症が多い場合は、全身麻酔をかけることがリスクになることもあります。手術を行う際は、事前に麻酔科での評価などが必要です。

6. 放射線治療で気を付けるべき点は?

放射線治療には、放射線皮膚炎や粘膜炎などの有害事象もあります。長期的にみると、放射線治療後の嚥下障害で、嚥下性肺炎誤嚥性肺炎)のリスクも高まり、肺炎を繰り返すこともあります。放射線の有害事象については、「喉頭がんの放射線治療で気をつけるべき有害反応とは?」に詳しく説明してあります。