びしょうかんそがいやく(たきさんけい)

微小管阻害薬(タキサン系)

細胞分裂で重要な役割を果たす微小管に作用し細胞分裂を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす薬

微小管阻害薬(タキサン系)の解説

微小管阻害薬(タキサン系)の効果と作用機序

  • 細胞分裂で重要な役割を果たす微小管に作用し細胞分裂を阻害することで抗腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類される効果をあらわす薬
    • がん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある細胞は無秩序に増殖を繰り返したり転移がん細胞がリンパ液や血流にのって、リンパ節や他の臓器にまで広がること。転移がある場合は進行がんに分類されることが多いを行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 細胞増殖は細胞が分裂することでおこるが、細胞分裂に重要な役割を果たす微小管という物質がある
    • 細胞分裂の後半では、束になっている微小管がばらばらになる(脱重合する)必要がある
    • 本剤は微小管の脱重合を阻害し細胞分裂を阻害する作用をあらわす

微小管阻害薬(タキサン系)の薬理作用

 

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し、細胞を障害し組織を壊したり、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

細胞増殖は細胞の分裂によっておこるが、細胞分裂に重要な役割を果たす微小管という物質がある。細胞分裂の中期くらいまでは微小管同士が束になって(重合して)いる状態だが、分裂の後半になると微小管がばらばらに解離(脱重合)する必要がある。

本剤は細胞分裂に重要な役割を果たす微小管の重合を促進し(脱重合を阻害し)微小管の安定化・過剰形成を引き起こすことにより、細胞分裂を阻害して抗腫瘍効果をあらわす殺細胞性抗がん薬(細胞障害性抗がん剤)となる。

尚、本剤はイチイ科の植物(学名:Taxus baccata)の成分から開発された経緯により、学名からタキサン系という種類に分類される。

微小管阻害薬(タキサン系)の主な副作用や注意点

  • 消化器症状
    • 食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢、口内炎などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 脱毛(薬剤によっては高頻度で発現)、爪の障害(爪の変形・変色など)、発疹皮膚に起こる、何かしらの目に見える変化の総称などがあらわれる場合がある
  • 末梢神経障害
    • しびれなどの末梢神経障害や稀に麻痺神経の障害により、手足などに十分な力が入らない、感覚が鈍くなるなど、身体機能の一部が損なわれることなどがあらわれる場合がある
  • 筋骨格系症状
    • 関節痛、筋肉痛、筋力低下などがあらわれる場合がある
  • 骨髄骨の内側のすかすかとした部分。主に血球を作っている。骨髄に異常が起こると、正常な血球が作れなくなり、白血病や貧血などが起こる。抑制
    • 汎血球減少白血球血液の中にある血球の一種。免疫を担当しており、病原体が体内に入って来た時に、それと戦う役割を担う減少、好中球血液中にある白血球の一種で、細菌や真菌に対する免疫を担っている減少、血小板血液中にある成分の1つ。出血が起こると、出血している部分に集まって出血を止める役割をもつ減少などがあらわれる場合がある
    • 上記などの副作用に伴い、敗血症肺炎などの重篤な感染症何らかの病原体が引き起こす病気。細菌、ウイルス、真菌などが原因となることが多い。人から人へ直接うつらないものも含めた総称があらわれる場合がある
    • 突然の高熱、寒気、喉の痛み、手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすいなどがみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

微小管阻害薬(タキサン系)の一般的な商品とその特徴

タキソール

  • パクリタキセル(略号:PTX、PAC)製剤
  • 卵巣がん(TC療法)、非小細胞肺がん胃がん食道がん乳がんなどで使用する
  • エタノールが含有しているため、アルコール過敏の体質をもつ場合は注意が必要

タキソテール、ワンタキソテール

  • ドセタキセル(略号:DTX、DOC)製剤
  • 乳がん、非小細胞肺がん(CDDP+DTX療法)、前立腺がん(DTX+PSL療法)、胃がん食道がんなどで使用する
  • タキソテールは添付溶解液に、ワンタキソテールは製剤自体にそれぞれエタノールが含有しているため、アルコール過敏の体質をもつ場合は注意が必要

微小管阻害薬(タキサン系)を使う主な病気

トップ