医師たちがつくる病気事典メドレー

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の基礎知識

アトピー性皮膚炎とは?

  • 良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹
    • 通称「アトピー」と呼ばれる 
    • アトピー素因(アレルギーを起こしやすい素因)をもつ人に多い
      ・小児では気管支喘息アレルギー性鼻炎など成長と共にアレルギー症状が変化することがあり、長期的に管理が必要になることもある(アレルギーマーチ)
      ・家族歴も重要
  • 皮膚の機能異常(バリア機能の破綻)・アレルギー性炎症・かゆみがアトピー性皮膚炎の発症に深く関わっている
  • 国内では人口の約10%にみられるが、うち7-8割は軽症
  • 乳児期前半の発症が多い
    • 思春期までに改善する場合と成人期以降も治療が必要な場合がある
  • アトピー性皮膚炎を起こす、または悪くする原因の代表例
    • アレルゲン
      ・アレルギー反応を起こす食べ物(鶏卵、牛乳、小麦、大豆など):特に小児期に重要
      ・環境(ダニ、ホコリ、ハウスダストなど)
    • 細菌真菌(かび)
    • 物理的刺激(引っかき傷、洗剤の刺激や洋服、髪の毛の接触など)
    • 発汗:汗をかくこと自体に害はないが、かいた汗をそのままにしておくこと
    • 寒冷乾燥、高温多湿のように極端な環境
    • ストレス
    • 過労
  • アトピー性皮膚炎に関するガイドラインが出ている
    アトピー性皮膚炎ガイドライン2016

症状

  • 主な症状
    • 強い痒みのある湿疹が体の様々な場所に左右対称に出ることが多い
      ・片腕だけに症状が出るというようなことはまれ
      ・乳児期:頭や顔からからだ、手足に広がる
      ・幼小児期:首や手足の関節
      ・思春期・成人期:上半身(頭、首、胸、背中)
  • かゆみのためにかくと、皮膚のバリアがさらに壊れて乾燥してアレルゲンが入り込みやすくなる→さらにかゆくなるという悪循環に陥る
  • 皮膚のバリアが破綻している状態であり、感染症合併しやすい   
  • 症状が強い場合には、顔面をかくことにより目に障害を来すこともある

検査・診断

  • 痒みを伴う特徴的な発疹を繰り返していることで診断される
    • 乳児は2か月以上、それ以降は6か月以上経過していること
  • その他以下の検査を必要に応じて行う
    • 血液検査:好酸球・IgE・TARCなどアレルギー反応で上昇する値を調べる
    • アレルゲンの検査:アレルギー反応を起こす原因の有無を調べる
    • 皮膚テスト:アレルゲンのより詳しい検査が必要な場合に行う
    • アレルゲンの検査:アレルギー反応を起こす原因を調べる

治療

  • 治療の原則は以下の3つ:悪循環を断ち切ることで症状を抑える
    • スキンケアを徹底し、皮膚の機能を改善させること
    • 必要な場所に必要な塗り薬(ステロイド外用薬、タクロリムス)を使うこと
    • 原因や悪化因子を避けること
  • スキンケアは治療開始の時期から再発予防の時期まで長期間最も重要
    • 軽い炎症であれば、スキンケアのみで落ち着く場合もある
    • 皮膚を清潔に保つ:刺激の少ない石けんをしっかりと泡立てて、手のひらを使って皮膚のしわの内側まで意識してしっかり洗う・泡は十分に洗い流す
    • 入浴時にはかゆみを感じるほどの熱いお湯を使わない
    • 入浴剤などは刺激の少ないものを使う
    • お風呂の後は十分に保湿する
      ・保湿剤の種類は問わないが、使いやすく肌に合うものを使用する
    • 肌をこすらない
  • 塗り薬により炎症を抑えて、症状を落ち着かせる
    • ステロイド外用薬(塗り薬)が基本
      ・ステロイドは正しく使えば怖い薬ではない
       ・勝手にステロイドを減らしたり中止することは絶対にダメ!
       ・一見皮膚がきれいになったように見えても炎症が隠れていることがあるため、十分な量を指定された期間塗り続けることが重要
      ・ステロイドを適切に使うことで、ステロイドが必要ない状態に落ち着かせることが目標
    • 使用基準を満たしている場合にはタクロリムスも使用する
      ・場所や症状によりステロイド外用薬と使い分ける
      ・2歳未満の小児や妊婦・授乳中の女性には使えない
  • 発症・悪化因子を取り除く(スキンケアという観点でも重要)
    • 食物アレルギーがある場合には必要に応じて除去などをする(不必要な除去は避ける)
    • 室内を清潔にする
    • 寝具や肌着は清潔なもの、肌への刺激が少ないものを使用する
    • 洗剤は界面活性剤の少ないものを使用する
    • 爪を短くして引っ掻かないようにする
    • 汗をかいたらすぐに洗い流す
    • 乳幼児ではよだれなども悪化の原因となるので、こまめに洗い流す
  • 上記の治療に加えて、痒みの強い場合は抗ヒスタミン薬を飲む
    • かくことで皮膚の状態が悪化することを防ぐ
  • 重症例ではステロイドの点滴や免疫抑制薬(ネオーラル)を使用することもある
  • 症状が強い場合には、定期的に眼科受診をする

アトピー性皮膚炎に関連する治療薬

ビタミンB6製剤

  • ビタミンB6を補い、口内炎湿疹貧血、手足のしびれなどを改善する薬
    • ビタミンB6は水溶性(水に溶けやすい性質)ビタミンでタンパク質からアミノ酸への分解などを助ける働きがある
    • ビタミンB6が不足すると皮膚、粘膜、神経の炎症貧血などがおこりやすくなる
    • ビタミンB6が不足すると中枢神経の異常興奮により痙攣などがおきやすくなる
  • イソニアジド(商品名:イスコチン など)の投与によるビタミンB6欠乏症に使用する場合もある
  • 薬剤によってはてんかんの治療などに使用する場合もある
ビタミンB6製剤についてもっと詳しく≫

抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)

  • ヒスタミン作用によりアレルギー反応を抑え蕁麻疹花粉症喘息などによる皮膚の腫れや痒み、鼻づまり、咳などの症状を改善する薬
    • 蕁麻疹皮膚炎アレルギー性鼻炎喘息などでは何らかの原因によって体内でアレルギー反応が起こり症状があらわれる
    • 体内のアレルギー反応を引き起こす物質にヒスタミンがある
    • 本剤は抗ヒスタミン作用により、アレルギー反応を抑える
  • 抗ヒスタミン作用に加え、他の作用によってもアレルギー反応を抑える薬剤もある
抗ヒスタミン薬(内服薬・注射剤)についてもっと詳しく≫

非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)

  • 炎症作用などにより、皮膚の赤みや腫れ、痛みや痒みなどを和らげる薬
    • 炎症や痛みなどを引き起こす体内物質にプロスタグランジン(PG)がある
    • PGはシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素などにより生成される
    • 本剤はCOX阻害作用などにより炎症などを緩和する作用をあらわす非ステロイド性の外用塗布剤
  • 本剤は帯状疱疹などの皮膚疾患に使用する場合もある
非ステロイド性抗炎症薬(皮膚疾患治療薬・外用薬)についてもっと詳しく≫

免疫抑制薬(アトピー性皮膚炎用外用塗布剤)

  • 免疫抑制作用により、アレルギー反応を抑え皮膚の痒みや赤みなどを改善する薬
    • アトピー性皮膚炎はアレルギー反応などにより強い痒みなどを伴う湿疹がおこる
    • アレルギー反応は免疫反応によってアレルギー反応を引き起こす物質が放出されることにより起こる
    • 本剤は免疫抑制作用によりアレルギーなどを引き起こす体内物質の放出抑制作用などをあらわす
免疫抑制薬(アトピー性皮膚炎用外用塗布剤)についてもっと詳しく≫

副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬)

  • 炎症作用や免疫抑制作用などにより、皮膚炎などにおける湿疹、痒み、赤みなどを和らげる薬
    • アレルギー性の皮膚症状は何らかの原因によりアレルギー反応がおこり湿疹や痒みなどがあらわれる
    • 副腎皮質ホルモンは抗炎症作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用、血管収縮作用などをもつ
    • 本剤は副腎皮質ホルモンを元に造られたステロイド外用薬
  • 乾癬などの免疫異常による皮膚症状の治療に使用される場合もある
  • 本剤は作用の強さによって大きく5段階に分類される
    • 作用の弱い順に、V群(ウィーク)、IV群(マイルド)、III群(ストロング)、II群(ベリーストロング)、I群(ストロンゲスト)に分けられる
  • 本剤の剤形には、軟膏剤、クリーム剤、液剤などがあり薬剤によっては用途などに合わせた選択が可能な場合もある
副腎皮質ホルモン(ステロイド外用塗布・噴霧薬)についてもっと詳しく≫

保湿剤

  • 皮膚に適度な水分を保持させ乾燥や刺激などから皮膚を守ることで湿疹などの発生や悪化を防ぐ薬
    • 健康な皮膚では角質のバリア機能により、水分の蒸発や外からの刺激などを防ぐことができる
    • 皮脂などが不足し皮膚が乾燥するとバリア機能が低下し、水分が失いやすくなり外からの刺激にも弱い状態になる
    • 本剤は保湿成分を含み皮膚を覆い水分などを保持することでバリア機能を維持する作用をあらわす
  • 本剤の剤形には、軟膏剤、クリーム剤、ローション剤などがあり、薬剤によっては用途などに合わせた選択が可能な場合もある
保湿剤についてもっと詳しく≫

Th2サイトカイン阻害薬

  • 免疫細胞からアレルギー反応を引き起こす因子となる物質の産生を抑えることで抗アレルギー作用をあらわす薬
    • アレルギー反応は何らかの原因によって体内で免疫細胞からサイトカインなどのアレルギーを引き起こす因子となる物質が産生されることでおこる
    • 免疫反応の中で中心的な役割を担うリンパ球の中にヘルパーT細胞がある
    • 本剤はヘルパーT細胞のTh2細胞からのサイトカイン産生を抑える作用をあらわす
Th2サイトカイン阻害薬についてもっと詳しく≫

アトピー性皮膚炎の経過と病院探しのポイント

この病気かなと感じている方

アトピー性皮膚炎とは、慢性的に(定義では小児で2ヶ月、成人で6ヶ月以上)、左右対称に広範囲に、典型的な部位に(顔、首、肘や膝の裏など)湿疹が出る病気です。ちなみに湿疹とは皮膚の表面がガサガサし、赤く炎症を起こし、強いかゆみがある状態です。アトピー性皮膚炎以外にも湿疹を起こす病気はたくさんあります。

ご自身がアトピー性皮膚炎でないかと心配になった時、皮膚科のクリニックが適しています。アトピー性皮膚炎は子供が多くかかる病気であり、治療の期間も長く、また医師によって治療に対する考え方、薬の使い方に違いがありますので、相性が合う医師、クリニック、病院で治療を受けるのが望ましいです。

アトピー性皮膚炎の診断は問診と診察、血液検査で行われます。先述の通り、アトピー性皮膚炎は特徴的な湿疹を繰り返していることで診断されます。またアトピー性皮膚炎を起こす原因として、アレルゲンの検査を行います。


この病気でお困りの方

アトピー性皮膚炎の基本的な治療は3つあります。原因となるアレルゲン、刺激(湿疹の部位を手で掻くなど)を避けること、保湿を主体としたスキンケアをすること、必要な場合にステロイド外用剤を使うことです。ステロイド以外の塗り薬としては免疫抑制剤が使われます。飲み薬として免疫抑制薬や、痒みに対して抗ヒスタミン薬を使うことがあります。

医師によって、塗り薬・飲み薬の使い方が異なります。治療をしていても症状が治まらない場合は、他のクリニックや病院を受診してみるのも良いでしょう。治療の期間も長く、繰り返すことも多い病気なので、医師との相性も大切です。





version 7.4(β)
本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
©Medley, Inc. All Rights Reserved.