ていかりうむけっしょう
低カリウム血症
血液中のカリウム濃度が何らかの原因により低下した状態
10人の医師がチェック 95回の改訂 最終更新: 2019.01.09

低カリウム血症の原因:偏った食事、嘔吐、下痢など

低カリウム血症は偏った食事によるカリウムの摂取不足や嘔吐・下痢によるカリウムの喪失が原因で起こります。他にはアルドステロン症やクッシング症候群などのホルモンの異常の病気や薬の影響によるものもあります。

1. 低カリウム血症はなぜ起きるのか?メカニズムによる分類

低カリウム血症は血液中のカリウム濃度が低い状態です。

食べたものに含まれるカリウムは体内に取り込まれます。一方で身体の中にある余分なカリウムは尿などを通じて体外に排出され、身体の中のカリウムの量は一定になるよう調整されています。しかし、偏った食事などで体内に取り込まれるカリウムの量が少なかったり、嘔吐や下痢などで体外に排泄されるカリウムの量が多くなると身体の中のカリウムの量が不足し、低カリウム血症が起こります。

また、身体の中で出ているホルモンの異常や薬の副作用が原因で低カリウム血症が起こることがあります。ホルモンの異常や薬の副作用はホルモンを正常にする、薬を中止するといったように治療が異なるため、カリウムの摂取不足やカリウムの喪失とは分けて考えます。まとめると低カリウム血症の原因は以下のように分類されます。

低カリウム血症は原因を突き止めることで治療につなげることができます。以下ではそれぞれの原因について詳しく説明していきます。

2. カリウムの摂取不足

カリウムの摂取不足の原因としては偏った食事などがあります。ダイエットやアルコールの依存症など極端に偏った食事をすると、カリウムの摂取不足が起こる可能性があります。

もし偏った食事によりカリウムの摂取不足が起きた場合には、常識的な食事内容に戻すことで十分なカリウムが摂取でき、低カリウム血症の改善が見込めます。

3. カリウムの喪失

カリウムの喪失の原因になるものとしては嘔吐・下痢などがあります。

身体の中のカリウムの量は、食べものなどを介して摂取するカリウムの量と、尿などを通じて喪失するカリウムの量により決まります。また胃液や腸液などの消化液はカリウムを含んでいるため、急性胃腸炎で嘔吐や下痢を起こし大量の消化液が出ていくと、低カリウム血症を起こします。もし、嘔吐・下痢を繰り返している状況で全身の力の入りにくさなどがある場合は、低カリウム血症が起きている可能性があるので、病院で調べてもらうことをお勧めします。

4. ホルモンの異常

身体で作られるホルモンの中には血液中のカリウムの濃度を下げるものがあります。カリウムの濃度を下げるホルモンが大量に作られる病気では低カリウム血症が起こることがあります。具体的には、以下の病気があります。

どの病気も聞き慣れないかもしれませんが、以下で詳しく説明していきます。

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症は高血圧や浮腫むくみ)、低カリウム血症による疲れやすさ、筋力低下などが起こる病気です。

アルドステロンは腎臓の上にある副腎という小さな臓器で作られるホルモンで、カリウムの値を下げる作用があります。原発性アルドステロン症は副腎でアルドステロンが大量に作られるため低カリウム血症が起こります。

原発性アルドステロン症に対する根治療法は、アルドステロンを大量に作っている副腎を手術で取り除くことです。アルドステロンは身体のナトリウムの濃度を調整するために必要なホルモンの一つですが、副腎は左右2箇所に存在するため、異常な副腎を取り除いても、残った正常な副腎が役割を果たすことができます。

しかし、原発性アルドステロン症の中には左右両方の副腎がアルドステロンを大量に作っている場合があります。このような場合には片方の副腎を取り除いても根治療法にはなりません。そのため、手術療法ではなくアルドステロン拮抗薬を使います。アルドステロン拮抗薬については「治療の章」でも説明しています。

クッシング症候群

クッシング症候群は以下のような症状があらわれる病気です。

  • 顔やお腹に脂肪がつく(中心性肥満
  • 妊娠線のような線がお腹にできる
  • 皮膚が薄くなる
  • ニキビができやすくなる
  • 体毛が増える
  • 筋力が衰える
  • 生理が止まる(女性の場合)
  • 気分が落ち込む
  • 血圧が高くなる
  • 血糖値が高くなる

クッシング症候群副腎皮質ホルモンという副腎で作られるホルモンが過剰に分泌されることで起こります。副腎皮質ホルモンはカリウムの値を下げる作用があるため、クッシング症候群では低カリウム血症が起こります。

クッシング症候群の原因、すなわち副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることの原因は、副腎であることもあれば、副腎以外の場所のこともあります。というのも、身体の中には副腎に副腎皮質ホルモンを作るように司令を出すホルモンがあり、この司令を出すホルモンが身体の中でたくさん作られる場合にもクッシング症候群を起こすためです。副腎皮質ホルモンを作るように司令を出すホルモンは副腎皮質刺激ホルモンACTH)と呼ばれ、通常は脳の下垂体と呼ばれる場所で作られます。また時に、がんが副腎皮質刺激ホルモンを作ることがあり、これもクッシング症候群の原因になります(異所性ACTH産生腫瘍と呼びます)。

クッシング症候群の根治療法はクッシング症候群を引き起こしている場所を手術で取り除くことです。例えば、副腎がおかしくなり、副腎皮質ホルモンを大量に作っている場合には、副腎自体を取り除きます。一方で、下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが大量に出ていることが原因でクッシング症候群が起きている場合は下垂体の手術をします。

ただし、クッシング症候群の中には手術ができないような場合もあり、このような時には副腎皮質ホルモン合成阻害薬を使います。副腎皮質ホルモン合成阻害薬については「治療の章」でも説明しています。

甲状腺機能亢進症

甲状腺は首の前に位置する臓器で、甲状腺ホルモンなどのホルモンを作る役割があります。甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンが過剰になる病気で、以下のような症状を現します。

  • 目が飛び出す(眼球突出
  • 首の前側が腫れる(甲状腺腫大)
  • 手足が震える
  • 突然手足の力が入らなくなり、しばらくすると戻る(周期性四肢麻痺
  • 脈が早くなる
  • 下痢になる
  • イライラする
  • 汗をかきやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 体重が減る

甲状腺機能亢進症ではこれらの症状に加えて、低カリウム血症が起こることがあります。甲状腺機能亢進症が起こる原因はいくつかありますが、代表的な原因にバセドウ病という病気があります。バセドウ病は甲状腺を刺激するTRAbやTSAbといった物質が作られる病気です。バセドウ病ではTRAbやTSAbにより持続的な甲状腺への刺激が起こり、甲状腺ホルモンが大量に作られ、甲状腺機能亢進症の症状を起こします。

バセドウ病の治療は抗甲状腺薬の内服、手術、アイソトープ治療などがあります。抗甲状腺薬は、甲状腺が甲状腺ホルモンを作るのを抑える薬です。アイソトープ治療は放射線を使って甲状腺を弱くする治療法です。どの治療法を選ぶかはバセドウ病の状況や妊娠をしているかなど様々な状況を踏まえて考えます。バセドウ病バセドウ病の治療に関しては「バセドウ病の詳細情報」でも詳しく説明しています。

5. 薬の影響

低カリウム血症は薬の副作用としてあらわれることがあります。薬が原因の低カリウム血症では薬を中止することで改善が見込めますが、もともとの病気の関係で薬を中止できないことも多いので、薬の中止は自分で判断せず、担当の医師と相談するようにしてください。低カリウム血症を起こすことがある薬の例を以下に挙げます。

  • 利尿薬
  • 抗菌薬・抗真菌薬
  • 不整脈
  • インスリン製剤
  • 漢方薬

それぞれ薬については以下で詳しく説明していきます。

利尿薬

利尿薬は尿の量を増やす薬です。心不全腎不全などで体がむくんでいる時に、体の水分量を適切なものとするためによく用いられます。利尿薬の中には尿と一緒にカリウムを排泄するものがあります。カリウムを尿中に排泄するタイプの利尿薬では低カリウム血症が起こることがあります。具体的には以下の利尿薬が該当します。

  • フロセミド(商品名:ラシックス®︎錠など)
  • ヒドロクロロチアジド(商品名:ヒドロクロロチアジド錠など)

抗菌薬・抗真菌薬

感染症の時に使われる抗菌薬・抗真菌薬も低カリウム血症の原因になることがあります。感染症の原因にはウイルス細菌や真菌(カビ)がありますが、抗菌薬は細菌による感染症、抗真菌薬は真菌による感染症に使われる薬です。そのため、感染症の治療を受けている時に、全身の力の入りにくさなどを自覚した場合には、低カリウム血症の可能性も考える必要があります。具体的に低カリウム血症を起こす薬剤には以下のようなものがあります。

  • ベンジルペニシリン(商品名:注射用ペニシリンGカリウム)
  • リポソーマル・アムホテリシンB(商品名:アムビゾーム®︎点滴静注用)

抗不整脈薬

不整脈薬のジゴキシン(商品名:ジゴシン®︎錠など)は低カリウム血症の原因になることがあります。ジゴキシンはお年寄りに多い不整脈心房細動)でよく使われる薬です。ジゴキシンはジギタリス製剤と呼ばれる抗不整脈薬の一つです。

ジゴキシンは低カリウム血症の原因になるだけでなく、もうひとつ重要なポイントがあります。それは低カリウム血症があるとジギタリス中毒と呼ばれる副作用が強く出てしまうということです。ジギタリス中毒とはジゴキシンの作用が強く出過ぎることで嘔吐や頭痛が出たり、本来不整脈を抑えるはずのジゴキシンが逆に不整脈を引き起こしてしまいます。

このようにジゴキシン自体が低カリウム血症を引き起こすだけでなく、低カリウム血症がジゴキシンの副作用を増強するという関係があるため、ジゴキシンを内服している人は低カリウム血症に気をつける必要があります。ジゴキシン内服中に全身の力の入りにくさを自覚したり、嘔吐、頭痛、動悸がする場合にはすぐに病院を受診して調べてもらうことをお勧めします。

インスリン製剤

糖尿病で用いられるインスリン製剤も低カリウム血症の原因になることがあります。特に重症の糖尿病で血糖値を急速に下げなければいけない状況で、インスリン製剤を大量に使った時に低カリウム血症が起こりやすいです。そのため、糖尿病の緊急の状況では入院したうえ、カリウムの値が下がり過ぎていないかを確認しながらインスリン治療が行われます。

漢方薬(主に甘草を含む漢方薬)

漢方薬は自然由来の生薬成分から構成されている薬ですが、生薬のひとつである甘草(カンゾウ)が低カリウム血症の原因となることがあります。

マメ科のカンゾウ属植物を由来とする甘草は鎮痛・鎮痙作用などの効果が期待でき、漢方方剤の約7割に含まれる生薬成分です。漢方薬の中でも甘草の含有量が比較的多いものに甘草湯(カンゾウトウ)や芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)、甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)などがあります。

他にもグリチロン®配合錠などの医薬品にも甘草と似た成分(グリチルリチン酸)が含まれており、低カリウム血症の原因になることがあります。甘草やグリチルリチン酸を含む薬による治療中に手足の力の入りにくさや筋力低下がみられた場合は、低カリウム血症の可能性があるため、医師や薬剤師に相談するなど適切に対処することが大切です。