いしきがない・いしきがきえかける
意識がない・意識が消えかける

意識がない・意識が消えかけるの基礎知識

概要

意識がもうろうとする原因は、発熱や低血糖など全身の病気、脳や心臓の病気、てんかん、薬物中毒など、他にも多くあります。

一瞬だけ意識がもうろうとしたり、意識を失ったりした場合は、起立性低血圧迷走神経反射失神など、緊急性がないことも多いです。1分以上続いている場合、手足の動かしづらさやろれつの回らなさなど脳卒中を疑う症状がある場合、けいれんしている場合は緊急性が高いので、救急車を呼んでください。

原因とメカニズム

意識がもうろうとする原因を大きく分けると、脳への血液が足りず酸素が足りない状態になったいる場合と、脳自体に異常が起こっている場合があります。

脳への血液が足りなくなる原因としては、起立性低血圧不整脈を原因とした失神が代表的です。脳自体の異常の原因としては、頭部外傷(脳しんとうなど)や脳卒中てんかん脳腫瘍が代表的です。

他にはインフルエンザ風邪による高熱や熱中症でも、意識がもうろうとします。

考えられる病気

意識がもうろうとする病気、状態はたくさんあります。以下で紹介する以外にも可能性のある原因がありますので、一度医療機関を受診して診察を受けることが望ましいです。

数分以内気を失った(気を失いかけた)

いわゆる失神です。起立性低血圧迷走神経反射性失神、状況失神、貧血消化管出血不整脈心筋梗塞大動脈弁狭窄症肺塞栓症一過性脳虚血発作、頭部外傷(脳しんとうなど)などが考えられます。

突然起きて続いている

脳卒中脳出血脳梗塞くも膜下出血)、てんかん脳腫瘍、脳炎、頭部外傷(脳しんとう急性硬膜外血腫急性硬膜下血腫)などが考えられます。

徐々に起きた

低血糖感染症(発熱)、熱中症、脱水、電解質異常(ナトリウムの異常)、薬物中毒、脳腫瘍、脳炎などが考えられます。

怖い病気

脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)

あるとき突然起こることが特徴的です。高齢者に多いです。頭痛、ろれつが回らない、手足が動きにくい、意識状態が悪いなどの症状がある場合は、脳卒中の可能性が高まります。必ずすぐに救急科や脳神経外科への受診が必要な状態です。

心臓の病気や不整脈

大動脈弁狭窄症肥大型心筋症といった心臓の病気、房室ブロックなどの不整脈が原因で、失神や失神になりかけた状態になります。失神の可能性がある場合は、今すぐでなくてもいいですが、必ず循環器内科や一般内科の受診が必要な状態です。

受診の目安

以下のような時は、危険な病気の可能性がありますので、すぐに救急科や神経内科、脳神経外科の受診が必要な状態です。

意識が悪い状態が数分以上続いている
突然あるとき意識が悪くなった
頭痛
ろれつが回らない
手足が動きにくい
手足がけいれんしている

また失神が疑われる場合、今すぐでなくてもいいですが、必ず循環器内科や一般内科の受診が必要な状態です。

診療科

脳神経外科/神経内科

脳神経外科と神経内科は、特に突然あるとき意識が悪くなった場合、頭痛がある場合、ろれつが回りにくい場合、手足が動きにくい場合、手足がけいれんしている場合に適しています。

循環器内科

失神が疑われて、脳に関係した症状(頭痛、ろれつが回りにくい、手足が動きにくい、手足がけいれんしている)がない場合は、循環器内科が適しています。

一般内科

意識が悪くなったからといって、脳の病気とは限りません。脳に関係した症状(頭痛、ろれつが回りにくい、手足が動きにくい、手足がけいれんしている)がない場合は、一般内科の受診が適しています。

検査

頭のCT、MRI

脳卒中脳梗塞脳出血くも膜下出血)を診断することができます。

脳波

てんかんを診断することができます。

心電図

失神を起こす不整脈がないか調べるために行われます。健診で行われていて、30秒ほどでできる心電図検査や、もっと詳しく調べるためには持ち運びできる心電図計を24時間装着したままにして計測する24時間ホルター心電図検査が行われます。

心臓超音波検査

失神を起こす心臓の病気が疑われるときに行われます。大動脈弁狭窄症肥大型心筋症がないか調べます。

治療

原因に応じた治療が行われます。

セルフケア

意識がもうろうとしている場合は、病院を受診して適切な診断、治療を受けることがまず第一です。