避妊の方法はコンドーム以外にある?ピル、子宮内避妊器具などについて | MEDLEY(メドレー)
避妊
避妊の方法としてコンドーム以外にも経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊器具(IUD)と呼ばれるものがあります。それぞれのメリット・デメリットなど、避妊の疑問について解説します。
最終更新: 2020.05.11

避妊の方法はコンドーム以外にある?ピル、子宮内避妊器具などについて

コンドーム以外にも避妊の方法はあります。経口避妊薬(ピル)やIUD(子宮内避妊器具)などのメリット・デメリットを説明します。

1. 避妊の方法には何がある?

歴史的に、今までさまざまな避妊方法が試されてきましたが、現在では以下のような避妊方法があります。

  • ピル:0.3
  • 子宮内避妊器具(IUD):0.2-0.6
  • 女性用コンドーム:5
  • 男性用コンドーム:2
  • 女性不妊手術:0.5
  • 男性不妊手術:0.1
  • 殺精子薬:18
  • (避妊せず):85

(参考:Contraception. 2011 May; 83(5): 397–404.)

横の数字は「パール指数」という避妊の効果を示す値です。パール指数とは、100人の女性が1年間避妊を続けたときに、妊娠する数です。要するに、1年間で避妊に失敗して妊娠する確率(パーセント)のことです。上の数字はそれぞれの避妊方法を正しく継続して使った場合のもので、たとえばコンドームを正しく使わなかった場合などがあるとこの数字より妊娠が多くなります。

パール指数を見比べると、避妊しても妊娠してしまう確率が意外に高いと驚くのではないでしょうか。日本でもっとも普及している男性用コンドームの場合、正しく継続して使っていたとしても、1年間のうちに避妊に失敗する確率が2%あります。

また男性用コンドームよりも、子宮内避妊器具、ピル、不妊手術の方が避妊効果はすぐれていることが分かります。ただし男性用コンドームには感染予防の意味もあります。

以下で避妊の方法の例とそれぞれの特徴などを説明します。

3. 避妊の方法:男性用コンドーム

日本でもっとも普及している避妊方法が男性用コンドームです。

男性用コンドームの避妊効果は、世の中で期待されているほど高くありません。男性用コンドームを正しく継続して使っていても、1年間に2%の確率で避妊に失敗してしまいます。上の参考文献では、コンドームを正しく利用しなかった場合を含めると18%が避妊に失敗するとされています。

コンドームのメリット・デメリットとして以下の点が挙げられます。

  • コンドームのメリット
    • 感染症(性病)を予防できる
    • 気軽に薬局やコンビニ、通販で買うことができる
    • 薬や手術と違い、副作用や合併症の心配はない
  • コンドームのデメリット
    • 世の中で期待されているほど避妊効果は高くない
    • 男性が協力的でないと使えない

なお、女性用コンドームといって、男性器ではなく女性器に装着するコンドームもありますが、日本ではあまり使われていません。

男性用コンドームについてもっと詳しく知りたい方は、男性用コンドームのページをご覧ください。

4. 避妊の方法:IUD(子宮内避妊器具)

子宮内避妊器具(IUD)とは、避妊を目的として子宮内に挿入して使う小さな器具です。黄体ホルモン含有型の器具を子宮内避妊システム(IUS)と呼んでIUDと区別する場合もあります。ここでは黄体ホルモン含有型のIUSもIUDとして説明します。

IUDは一度入れておくと、そのまま数年間の避妊が可能です。妊娠したくなった場合、医療機関で子宮内避妊器具を抜去すれば通常、妊娠は可能です。

子宮内避妊器具のメリット・デメリットとして以下の点が挙げられます。

  • IUDのメリット
    • 女性主体で避妊に取り組める
    • 数年間避妊効果が続く
    • 毎日薬を飲む必要がない
  • IUDのデメリット
    • 医療機関で挿入、除去される必要がある
    • 挿入時に多少の傷みや出血の可能性がある
    • 避妊はできるが、性感染症の予防はできない

詳しくは子宮内避妊器具(IUD)のページをご覧ください。

5. 避妊の方法:経口避妊薬(ピル)

ピルは欧米ではもっとも普及している避妊方法です。一般的に「ピル」と呼ばれる薬の中でも、現在避妊目的で使われるのは低用量ピルと呼ばれるものが主流になっています。

低用量ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンの合剤です。配合の度合いや毎日服用するかどうかについては、それぞれの製剤によって違いがあります(「ピル」の中には黄体ホルモン成分だけを含むものもあります)。低用量ピルは、排卵を抑制する作用に加え、子宮内膜や子宮頸管粘液にも影響を及ぼして避妊効果を現します。

低用量ピルは28日サイクルになっていて、21日間飲み続けたあと、7日間休みます(休む期間は薬を飲まない方法と、有効成分のないプラセボを飲む方法があります)。妊娠していないことが確実なら月経周期に関わらず飲み始めることができ、飲み始めてから7日間はほかの避妊方法を併用することが必要とされています(月経周期が安定している女性が月経開始後5日以内に飲み始めた場合などは、同様の必要はないとされます)。

ピルを飲み始めの頃に、頭痛や吐き気、不正性器出血などの副作用があらわれることがあります。原因はピルを飲み始めたことによる、ホルモンバランスの変化だと考えられています。重大な副作用が現れることは非常にまれとされますが、血栓症などの可能性もあります。特に注意するべき持病や喫煙などを理由に、ピルを使えないと判断される場合があります。

ピルを飲み始める前に特に注意するべき持病や生活背景がないかを医師と十分相談すること、ピルを飲んでいる時期に何らかの症状などを感じたら早めに相談すること、副作用が疑われた場合には医師と相談したうえ服用中止など適切な対応を決めることなどがとても大切です。

  • ピルのメリット
    • 薬を忘れずに飲み続ければ、避妊効果が高い
    • 女性が主体となって避妊ができる
  • ピルのデメリット
    • 医療機関で処方を受ける必要がある
    • 毎日薬を飲み続ける必要がある
    • 飲み忘れのリスクがある
    • 性感染症の予防にはならない
    • 副作用の懸念などからピルが使えない場合がある

詳しくはピル(経口避妊薬)のページで説明しています。

(参考:低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン

6. 避妊の方法:避妊手術

日本で実施できる避妊手術は、男性では精管結紮術(せいかんけっさつじゅつ)、女性では卵管結紮術(らんかんけっさつじゅつ)に限られています。避妊効果は高く、また一度手術すれば避妊効果がずっと続きます。避妊手術は日本ではあまり普及していませんが、アメリカではピルの次に普及している避妊法です。

  • メリット
    • 避妊効果が高い
    • 毎日薬を飲む必要がない
    • 避妊効果が長く続く
  • デメリット
    • 妊娠したくなったときに元に戻せない場合がある
    • 手術を受ける必要がある

詳しく知りたい方は、避妊手術のページをご覧ください。

7. まとめ

避妊というと日本では男性用コンドームが普及していますが、他にも避妊方法があります。ピルや子宮内避妊器具(IUD)を使えば女性が主体となって避妊できます。場合によっては避妊手術も検討できます。

それぞれメリット、デメリットがありますので、自分に合った方法を探してみてください。