ピル以外の避妊の方法 | MEDLEY(メドレー)
避妊
避妊の方法としてコンドーム以外にも経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊器具(IUD)と呼ばれるものがあります。それぞれのメリット・デメリットなど、避妊の疑問について解説します。
最終更新: 2020.05.11

ピル以外の避妊の方法

避妊の方法はコンドームとピル(経口避妊薬)以外にも子宮内避妊器具(IUD)などがあります。IUDは避妊率が比較的高く、毎日薬を飲まなくていい利点があります。

避妊の方法はコンドーム以外にある?ピル、子宮内避妊器具などについて

コンドーム以外にも避妊の方法はあります。経口避妊薬(ピル)やIUD(子宮内避妊器具)などのメリット・デメリットを説明します。

「オギノ式」は避妊方法とは言えない?排卵日と基礎体温の関係

排卵日前後の妊娠しやすい時期を生理から予測する方法はリズム法と呼ばれます。オギノ式もそのひとつですが、避妊法と考えることはできません。排卵日を予測するための基礎体温法とあわせて説明します。

避妊具にはどんな種類があるか:コンドーム、子宮内避妊器具など

避妊具といえばコンドームがよく使われていますが、ほかにも女性が主体的に使える避妊具としてIUD(子宮内避妊器具)があります。経口避妊薬(ピル)とも比較して、メリット・デメリットを説明します。

女性用避妊具とは?子宮内避妊器具(IUD)などの特徴

男性が避妊に協力的でなく困っている女性に、子宮内避妊器具(IUD)は女性が主体になって使える避妊具として役に立ちます。ほかの女性用避妊具とも比較して説明します。

コンドームで避妊失敗する確率は?ほかの避妊方法と比較

避妊方法の中でも日本で最も普及している男性用コンドームについて、避妊に失敗する確率や、ピルなどほかの避妊方法と比較したときのメリットやデメリットについて詳しく説明します。

子宮内避妊器具(IUD)とは?避妊効果、副作用などを解説

子宮内避妊器具(IUD)は女性が主体となって使える避妊方法のひとつです。避妊効果や副作用などのメリット・デメリットについて説明します。

避妊用のペッサリーとは?

避妊用のペッサリーは子宮の入り口に取り付けておく避妊具です。女性主体で避妊できるメリットがありますが、避妊効果は高くなく、日本ではあまり使われていません。

避妊手術とは?女性・男性の手術と合併症のリスク

避妊手術は高い避妊効果があります。女性の手術と男性の手術があります。合併症のリスクと、元に戻すのが難しいことなどのデメリットもあります。