避妊用のペッサリーとは? | MEDLEY(メドレー)
避妊
避妊の方法としてコンドーム以外にも経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊器具(IUD)と呼ばれるものがあります。それぞれのメリット・デメリットなど、避妊の疑問について解説します。
最終更新: 2020.05.11

避妊用のペッサリーとは?

避妊用のペッサリーは子宮の入り口に取り付けておく避妊具です。女性主体で避妊できるメリットがありますが、避妊効果は高くなく、日本ではあまり使われていません。

1. ペッサリーとは?

避妊用のペッサリーは、子宮の入口をドーム状のゴムで塞いで、子宮内に精子が入っていって受精することを防ぐ避妊具です。ペッサリーに殺精子剤を塗る工夫をすることもあります。

ペッサリーは女性主体で避妊ができることが特徴的です。性交前に装着しておけるので、コンドームと比べると性交中に装着しなくてよい利点もあります。

海外では、「膣の中に挿入し、精子を止める道具」として、「diaphragm」「cervical cap」「sponge」と呼ばれるものが使われています。

避妊用のペッサリーの避妊効果は高くありません。また、性感染症の予防目的には適しません。このようなデメリットもあって、現在の日本では、避妊目的のペッサリーはあまり使われていません。

骨盤臓器脱治療用のペッサリー

避妊目的ではなく、子宮脱などの骨盤臓器脱という状態に対する治療として使われるペッサリーもあります。子宮脱とは、出産や加齢・肥満をきっかけとして、骨盤周囲の筋肉が緩み、支えがなくなった子宮が膣に落ちてくることです。

子宮脱では主に以下の症状があります。

  • 尿が漏れる
  • 尿が出にくい
  • トイレが近い
  • 便秘

治療の選択肢としては骨盤の周りの筋肉のトレーニングがあります。ペッサリーは症状が強い場合や膣の入り口まで子宮が降りてきている場合などで使われることがあります。膣の中にペッサリーを入れ、子宮の入り口を持ち上げます。ペッサリーで改善しない場合の選択肢としては手術もあります。

2. ペッサリーの避妊効果は?

ペッサリーの避妊効果は高くありません。ピルや子宮内避妊器具では高い避妊効果があることと比べると重要な違いです。

避妊効果を比較するには「パール指数」という数字があります。パール指数とは、100人の女性が1年間避妊を続けたときに、妊娠する数です。パール指数はピルで0.3、子宮内避妊器具で0.2-0.6とされ、これらは高い効果で避妊できることを表しています。同じ文献で「膣の中に挿入し、精子を止める道具」である「diaphragm」はパール指数が6、「sponge」は出産したことのない女性で9とされています。

(参考:Contraception. 2011 May; 83(5): 397–404.)

3. ペッサリーのメリットとデメリットは?

以上をまとめると、ペッサリーのメリットは次の点です。

  • 女性主体で避妊ができる
  • コンドームと違って、性交の最中に装着する必要がない

一方で次のデメリットもあります。

  • 避妊率が高くない
  • 性感染症の予防には適しない

避妊目的のペッサリーは日本ではあまり使われていません。ほかに女性主体の避妊方法としては、ピル(経口避妊薬)子宮内避妊器具について、それぞれのページで説明していますので、あわせてご覧ください。