妊娠を見分ける方について:体の変化と妊娠検査薬の注意点 | MEDLEY(メドレー)
避妊
避妊の方法としてコンドーム以外にも経口避妊薬(ピル)や子宮内避妊器具(IUD)と呼ばれるものがあります。それぞれのメリット・デメリットなど、避妊の疑問について解説します。
最終更新: 2020.05.11

妊娠を見分ける方について:体の変化と妊娠検査薬の注意点

妊娠する確率や、妊娠したかどうかを調べる方法については知っておきたい人が多いかもしれません。このページでは、避妊しているか・いないかによってそれぞれ妊娠する確率と、妊娠を見分ける方法について説明します。

1. 妊娠する確率について:避妊の有無でどう変わる?

妊娠する確率の目安として、「パール指数」という数字が参考になります。パール指数とは、100人の女性が1年間避妊を続けたときに、妊娠する数です。避妊の方法ごとのパール指数は次のとおりです。

【避妊法ごとのパール指数】

  • ピル:0.3
  • 子宮内避妊器具(IUD):0.2-0.6
  • 女性用コンドーム:5
  • 男性用コンドーム:2
  • 女性不妊手術:0.5
  • 男性不妊手術:0.1
  • 殺精子薬:18
  • (避妊せず):85

(参考:Contraception. 2011 May; 83(5): 397–404.)

上の数字はそれぞれの避妊方法を正しく継続して使った場合のもので、たとえばコンドームを正しく使わなかった場合などがあるとこの数字より妊娠が多くなります。女性が避妊せずに性交を続けた場合、1年間で妊娠する確率は85%程度だと考えられています。一方で、不妊症のカップルは10組に1組から、5組に1組いると言われています。

排卵日を避けると避妊になるか?

結論から述べると、排卵日を避けて性交しても妊娠する可能性があります。

卵子が受精できるタイミングは、生理周期の28日の中でも排卵後の数時間に限られています。排卵のタイミングを避ければ避妊できそうに思えますが、完全に避けるきることは難しいです。なぜなら、子宮内に入った精子は、2~3日間ほど生存していため、排卵日を言い当てられたとしても、排卵日の数日前の性行による精子が存在しており、妊娠する可能性は完全には否定できないのです。

さらに、女性の体は繊細なので、排卵日がずれることはよくあります。妊娠したいときは排卵日の前後に性交することで妊娠の確率が上がりますが、排卵日を避けることが十分な避妊法とは言えません。

2. 妊娠を見分ける方法について

妊娠初期の兆候や、初期症状を頼りに妊娠をはっきり見分けるのは難しいです。多くの人は生理の遅れなどをきっかけに妊娠に気付きます。詳しくは「この症状は妊娠?妊娠2ヶ月までの体の変化」で説明しているので、参考にしてください。

妊娠を調べる手がかりとして使える兆候がああるので、以下のものに思い当たる節があり場合には、妊娠検査薬を使ったり、病院に行ったりしてみてください。

生理の遅れ

生理が止まることは、妊娠に気付くきっかけとして代表的な体の変化です。
しかし生理が止まったからといって、妊娠とは限りません。生理不順や閉経、病気が原因のこともあるので、生理の遅れだけでは判断ができません。

詳しくは「生理が遅れる原因は妊娠か病気か?」で説明しているので、参考にしてください。

基礎体温の変化

基礎体温を記録している人なら、その変化で妊娠に気づくことがあります。

女性は生理の周期が28日のとき、約2週間低温期が続き、次の2週間は黄体ホルモンの作用などにより基礎体温が0.5℃ほど高くなる高温期が続き、その後に高温期から低温期に変わった後に生理がきます。高温期が3週間以上続いているとき、妊娠の可能性があります。

着床出血

妊娠が検査などではっきり見分けられる前の時期、言うなれば妊娠超初期とも言える時期に、着床出血という性器からの出血が見られることがあります。着床(ちゃくしょう)とは受精卵が子宮内膜の中に入りこむ現象で、受精から67日目に起こります。

着床によってホルモンのバランスが変化し、少量の出血が見られることがあります。着床出血を生理だと思ってしまう女性もおり、妊娠に気付くのが遅れることがあります。

また、着床出血がないまま妊娠が進むことも多いので、着床出血がないからといって、妊娠していないとは限りません。また、着床出血を病気による出血と確実に見分けることもできないので、普段の整理と違うと感じたら、妊娠を調べるなり、産婦人科で相談するなりしてみてください。

つわり

つわりをきっかけに妊娠に気づく人もいます。つわりとは妊娠初期に見られる、食欲不振や吐き気、嘔吐のことです。はっきりとした原因は分かっていないのですが、妊娠初期に起こる急激な体の変化が関係していると考えられます。つわりの症状は、初めて妊娠した人に強くあらわれる傾向にあります。

つわりは妊娠16週(第4月)にはほとんどなくなり、その後は食欲が旺盛になる人が多いです。

3. 妊娠検査薬を使うと妊娠は見分けられるのか

妊娠検査薬は、妊娠すると体内で分泌され始めるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンを測る薬で、産婦人科の診察を受ける前の目安として役に立ちます。血液中に分泌されたhCGは尿を通じて体外に排出されます。そのため尿を使うことで、妊娠の判定ができます。

しかし、妊娠検査薬の結果が間違ってしまうこともあります。妊娠検査薬の結果が間違う場合として、例えば妊娠初期ではまだhCGの分泌量が少ないため、妊娠していても“陰性”と出てしまうことがあるのです。

また、妊娠検査薬で陰性だけれども妊娠している場合、妊娠検査薬で陽性だけれども妊娠していない場合には別の理由があります。よくある原因として、検査結果に誤りが生じるパターンは頭に置いておくとよいです。

妊娠検査薬が陰性だけれども妊娠していた場合

妊娠しているにも関わらず、検査結果が陰性の場合、次のような原因が考えられます。

  • 検査が早すぎる
  • 生理予定日が間違っている

一般的に妊娠検査薬は、生理予定日から1週間後以降に使うことが推奨されています。

妊娠検査薬が陽性だけれども妊娠していなかった場合

妊娠していないにも関わらず、検査結果が陽性の場合、次のような原因が考えられます。

特に子宮外妊娠は母親の命に関わります。妊娠検査薬で陽性の場合、妊娠とそれ以外の原因を見分けることができません。妊娠検査薬で陽性が出たら、必ず産婦人科で正常妊娠を確かめてもらってください。