しんがたころなういるす
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
風邪の原因として一般的なコロナウイルスによる呼吸器感染症。SARSやMERSと同様にウイルスが何らかの変異を起こしたため、通常よりも高い致死率(2-3%ほど)が報告されている
最終更新: 2020.04.06

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の基礎知識

POINT 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とは

風邪の原因微生物として上位に挙げられるコロナウイルスによる感染症です。一般的にはコロナウイルス感染症が重症になることはほとんどありませんが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関しては致死率が高いことが報告されています。 初期症状は風邪と同じで、ほとんどの人(約8割)は軽い症状のまま回復しますが、感染した一部の人(残りの2割ほど)は重症となることが分かっています。重症になると咳が強くなったり、息苦しさがひどくなったり、強い疲労感を覚えたりします。 COVID-19が心配な方はまずは自宅安静してください。4日以上(ご年配と妊婦などは2日以上)症状が続く場合や明らかに強い症状(意識もうろう、強い息切れなど)を感じる人は定められた相談センターにご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

  • コロナウイルスによる感染症
    • コロナウイルスは風邪の原因となる代表的な微生物で、風邪の原因の10-15%程を占める(流行期は35%とも言われている)
    • 通常のコロナウイルスであれば感染してもほとんどが軽い症状で済む
    • COVID-19新型コロナウイルス感染症)はコロナウイルスが何らかの影響で変異したことによって、一部の人(感染者の約2割)では重症になる
    • 一方で、COVID-19に感染したほとんどの人(およそ8割)は重症にならず自然回復する
  • 感染経路について
    • 飛沫感染接触感染が想定されているが、今のところ空気感染飛沫核感染)は想定されていない
    • 飛沫感染
      • 主に咳やくしゃみなどの際に周囲に微生物を含んだ飛沫が飛び散ることで感染を起こす
      • およそ1-2m程度は周囲に飛び散ると考えられている
    • 接触感染
      • 微生物を手などで触れたあとに、粘膜を触ることで感染が成立する
  • 感染力について
    • 基本再生産数という指標R0(アールノート)は暫定的に2.2という数字と推定されている
      • 基本再生産数とは一人が周囲の何人に感染を広げるかという目安である
      • 2.2という数字は季節性インフルエンザと同程度であるが、SARSよりは低い
  • 致死率について
    • 未だ暫定値であるが、およそ2-3%程度と推定されている
    • 過去の同じコロナウイルスが起こした重症感染症であるSARS(致死率:9.6%)やMERS(致死率:34.4%)よりは低い数字である
  • 検査について
    • 現在診断を確定するために行われている主な方法がPCR法である
    • COVID-19に対するPCR法は検査の精度が高くないことが報告されているので、検査結果をどこまで信用して良いのかをきちんと吟味する必要がある
    • 検査前確率が低い人(COVID-19が疑わしくない人)が検査を受けても、検査がエラーが起こりやすく結果を信用できないので、検査を受けるのは望ましくない
  • 治療について
    • COVID-19に対する特効薬は存在しない
    • 症状を和らげる治療がメインとなる
    • HIV薬(カレトラ®)や抗インフルエンザ薬(アビガン®)、ステロイド吸入薬(オルベスコ®)などによって効果が見られる可能性が報告されたため、現在は実証段階に至っている
  • 感染者のポイント
    • 軽症者は基本的に自宅待機となる
      • COVID-19に対する特効薬が存在しないため
      • 入院加療が必要となるほど状態が悪くはないため
      • 周囲にうつす可能性を最小限にするため
    • 重症者は肺炎まで進行し症状が強くなるため、入院加療が必要となる
      • 肺炎になると強い呼吸困難や強い疲労感、意識もうろうが見られるようになる
      • 症状を緩和する治療(対症療法)を行いつつ、場合によっては呼吸状態をサポートする治療(人工呼吸器や人工肺)を行うことがある
  • 予防のポイント
    • 接触感染予防に手洗いとアルコール消毒が重要である
    • 飛沫感染予防に咳エチケット(咳などの症状がある人がマスクをする)が重要である
    • うがいに関して効果は限定的と考えられている

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状

  • 症状の特徴
    • 初期症状は一般的な風邪と同じくさまざまであるので見分けることが難しい
    • 病状が進行するにつれて症状が強くなってくる
    • 一般的な風邪よりも症状の持続が長いのが特徴である
  • 初期症状
    • 発熱
    • 喉の痛み
    • 呼吸困難感(息切れ)
    • 倦怠感
    • 頭痛
    • 目の充血
    • 嗅覚異常
    • 味覚異常 など
  • 重症になった場合の症状
    • ひどい咳
    • 強い呼吸困難感(息切れ)
    • 強い全身倦怠感
    • 意識朦朧(もうろう)
  • 気をつけなければならない症状
    • 飲食できない(特に飲水が出来ない)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査・診断

  • 現在(2020年4月)COVID-19に対する検査はPCR法が主流である
  • COVID-19に対するPCR法は検査精度(感度特異度)が高くない
    • 感度(感染している人が検査陽性となる割合)は30-50%という報告や70%という報告がある
    • 特異度(感染していない人が検査陰性となる割合)は定かではないが、ある程度高値が予想される
  • 検査の結果をどの程度信用して良いのかの基準には陽性適中率と陰性適中率がある
    • 陽性適中率は検査陽性となった人の中で実際に感染している人の割合を指す
    • 陰性適中率は検査陰性となった人の中で実際には感染していない人の割合を指す
  • 陽性適中率と陰性適中率は感度と特異度だけではなく、検査前確率(検査を受ける前に疾患が疑われる確率)によって大きく影響されるので、検査を受ける人は疑わしい人に絞る必要がある
    • COVID-19が疑わしくない人が検査を受けることや希望者全員に検査を行うことはほとんど意味がないので避けるべきである

◎感度と特異度、陽性適中率と陰性適中率について詳しく知りたい方は以下の詳細を参考にしてください。

検査・診断の詳細

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療法

  • COVID-19に対する効果が明確に証明された治療薬は2020年4月現在存在していない
    • 症状が軽い人は薬を使わないでも問題なく過ごせるが、症状を和らげる治療(対症療法)を行うこともできる
      • 解熱鎮痛薬
      • 鎮咳薬(咳止め)
      • 漢方薬
    • 症状が強い人や重症である人には呼吸のサポート治療や生命維持のための治療が行われることがある
      • 人工呼吸器管理
      • 人工肺装置
      • 中心静脈栄養
    • 効果が期待できる可能性があるため以下の薬の効果を実証していく動きがある
      • HIV薬(ロピナビル, リトナビル:カレトラ®)
      • インフルエンザ薬(ファビピラビル:アビガン®)
      • マラリア薬(ヒドロキシクロロキン:プラケニル®)
      • ステロイド吸入薬(シクレソニド:オルベスコ®) など

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経過と病院探しのポイント

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が心配な方

新型コロナウイルス感染症COVID-19)が心配な人はまず周囲の流行状況をご確認ください。新型コロナウイルス感染症の確定者が周囲にいて、その人と濃厚接触した場合は感染を考える必要があります。
いずれにしても症状がないのに受診する必要はありません。4日以上(高齢者、持病のある人、妊婦は2日以上)熱や咳といった風邪の症状が見られて心配な人は、医療機関を受診はせずに発熱・帰国者・接触者相談センターに連絡し相談するようにしてください。
相談や受診も時として重要ですが、自宅で過ごせる範囲の風邪症状であれば、自宅安静して体力の回復を図ることが最も重要になります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)でお困りの方

新型コロナウイルス感染症COVID-19)と診断された人は、自宅やホテルでの待機を指示されるか入院を指示されるかのどちらかになると思います。
入院となった場合は院内で適切な治療が行われますので、主治医の方針に任せてください。自宅待機となった場合には不安もあると思いますが、軽症者には有効な治療がなく安静が最も効果的な方法である以上、理にかなった判断であるということをご理解ください。極力ご家族を含めた周囲の人との接点も少なくし、咳エチケットと手洗いを徹底してください。症状が強くなった場合には入院の要否を判断する必要が出てきますので、上記の相談センターにご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する診療科の病院・クリニックを探す

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のタグ