ねっちゅうしょう
熱中症
高温環境にいることで身体にさまざまな変調をきたした状態
10人の医師がチェック 104回の改訂 最終更新: 2019.02.21

熱中症の症状について:頭痛、発熱、寒気、腹痛など

熱中症は重症度によって症状が異なります。ここでは、軽症、中等症、重症の3段階に分けて症状を説明します。症状を知っていれば、早く気づいて治療を始めることができ、重症化を防ぐことにつながります。

1. 軽症時の場合:発汗、めまい、筋肉痛、こむら返り、あくび

軽症時の主な症状は次のものです。

  • めまい
  • 筋肉痛
  • こむら返り
  • あくび
  • 発汗
  • 皮膚の張りの低下

軽症の場合は、体温は平熱であることが多く、上昇していても微熱程度であることが多いです。このため、早期発見には体温は目安にならないことことが多く、発熱以外の症状に注目することが大切です。高温の環境下で上記のような症状がある場合は熱中症を疑い水分の補給と、身体の冷却を行ってください。具体的な対処法は「熱中症の治療」や「熱中症の対策や処置」で説明しています。

2. 中等症の場合:頭痛、吐き気、嘔吐

中等症になると、初期の症状に加えて次のものが現れます。

  • 頭痛
  • 発熱(37.5℃以上40℃以下)
  • 嘔吐
  • 倦怠感
  • 脱力感
  • 口渇感(口の中の渇き)
  • 集中力や判断力の低下
  • 頻脈(脈が早くなること)

中等症になると、体温の上昇に加えて、水分・塩分の喪失によって、さまざまな症状が現れます。中等症の症状は風邪でも見られるものが含まれているので、、風邪との区別が難しいことがあります。上記の症状が高温の環境下で現れた点や、喉の痛みや鼻水などの症状が伴わない点が区別する手がかりになります。風邪であれば解熱剤を使うことで症状を和らげることができますが、熱中症であれば身体の冷却と水分・塩分の補給を行わなければ症状は改善しません。それどころか、解熱剤を使うと状態が悪化する可能性もあるので、熱中症と風邪を見分けることが重要です。お医者さんにはできるだけ症状について詳しく伝えるようにしてください。また、中等症では、吐き気や嘔吐のために自力での水分・塩分の摂取が難しく点滴治療が必要なことが多いので、医療機関を受診するのが望ましいです。詳しくは「熱中症の治療」を参考にしてください。

3. 重症の場合:眠気、高熱、意識障害

重症化すると、次のような深刻な症状が現れます。

  • 傾眠(眠りこんでしまうこと)
  • 意識障害
  • 発熱(高熱)
  • 全身の痙攣(けいれん)

重症化すると、体温を調節する機能が失われ、体温が著しく上昇(40度を超えることもある)します。それまで大量に出ていた汗も出なくなり、呼びかけに応じなくなるほど意識状態が悪くなります。また、全身の筋肉が痙攣することもあります。 異常な高体温になると脳や腎臓、肝臓が悪影響を受けて、その機能が低下します。重症の人には集中的な治療が必要なので、すみやかに医療機関へ連れていくか救急車を呼んでください。重症時の治療については「熱中症の治療」を参考にしてください。

4. 熱中症の後遺症について

熱中症になった人の中には、脳がダメージを受けたことによる症状が残ってしまう人がいます。中等症の人にも後遺症が残ることがあり、「短期記憶の低下」や「ふらつき」などの症状が見られます。回復しない後遺症が残ることは少なく、3ヶ月から6ヶ月後には改善することが多いといわれています。 その一方で、重症な人の後遺症には、小脳失調(姿勢が安定しない、手足の協調した運動がやりづらくなる)や認知症失語(聞いたり読んだりして理解する能力や話す能力、書く能力が低下すること)があり、意識が戻らないこともあります。 熱中症による後遺症を避けるには、早期の治療が重要です。このページとともに「熱中症の対策と処置」も後遺症の予防に役立ててください。

5. 高齢者と子どもの熱中症は症状が気づかれにくいためより注意

高齢者と子どもは熱中症になりやすいのですが、症状が現れにくいため重症化しやすくより注意が必要です。それぞれの症状について説明します。

高齢者

高齢者が熱中症になっても症状は現れにくいです。 このため、本人も周囲の人も気づかないまま進行して、症状が明らかになったときにはすでに重症化しているということは少なくありません。暑い環境では、部屋の中であっても、ときおり声掛けするなどして、様子をこまめに確認することが早期発見のために重要です。また、予防のために、周囲の人が部屋の温度の適正化や水分摂取を促すようにしてください。

子ども

子どもは症状を上手に伝えられないために、熱中症の発見が遅れることがあります。子どもの熱中症に早く気づくには、周りの大人が様子を細かく観察することが大切です。「ぐったりしている」「母乳の吸いがいつもより弱い」といった様子の原因は熱中症かもしれません。水分の摂取状況を振り返り、不足している可能性がある場合は、まず水分を与えてください。

【参考】

・「標準救急医学」、(日本救急医学会/監修)、医学書院、2014年
・「Step Beyond Resident」、(林 寛之/著)、羊土社、2006
熱中症診療ガイドライン 2015
JJAM.2011;11:312-8