ねっちゅうしょう
熱中症
高温環境にいることで身体にさまざまな変調をきたした状態
10人の医師がチェック 104回の改訂 最終更新: 2019.02.21

熱中症とはどんな病気なのか:症状・原因・検査・治療・対策について

暑い時期にさしかかると、熱中症によって具合を悪くした人や死亡した人のニュースを目にする機会が増えます。熱中症とは、高温環境にいることで体温の調節機能が低下し、身体にさまざまな異常が起こる状態を指します。ここでは熱中症の概要として症状や原因、検査、治療などを説明します。

1. 夏場に多い熱中症(英語名:heat stroke)とは?

暑い日が続くと、熱中症の注意喚起や救急搬送された人のニュースを耳にする機会が増えます。高温の環境下で体温の調節機能が低下し、身体にさまざまな症状が現れることを熱中症と言います。程度が軽ければ少しの休憩で回復しますが、程度が重いと命にかかわることもある油断のならない病気です。熱中症には注意が必要ですが、適切な対策で予防ができ、かかったとしても素早い対処で重症化を防ぐことができます。

2. 熱中症の症状について

熱中症は重症度によって症状が変わります。重症度別の症状は次のものです。

【重症度別の熱中症の症状】

軽症 中等症 重症
めまい
筋肉痛
こむら返り
発汗
皮膚の張りの低下
頭痛
発熱(微熱)
嘔吐
倦怠感
脱力感
口渇感(口の中の渇き)
集中力や判断力の低下
頻脈(脈が早くなること)
眠気
意識障害
発熱(高熱)
全身の痙攣

熱中症の重症度は症状から判断されます。症状についてよく知っておくと、素早い対応につながり、重症化を免れることができます。症状ごとの対処や治療はこのページの治療の段落で説明しているので、このまま読み進めてください。また、症状についてより詳しく知りたい人は「熱中症の症状」も参考にしてください。

3. 熱中症の原因について

人間の身体は、汗の量や皮膚の血の巡りの量を増減させて、体温を一定に保っています。例えば、高温の環境下では一時的に体温が上昇しますが、汗をかいたり、皮膚の血流が増加すると、体温は正常な範囲に戻ります。しかし、体温が高くなる状態が長く続くと、体温維持の機能が低下してしまい、さまざまな症状が現れます。この状態が熱中症です。

熱中症の原因になる環境

熱中症は高温の環境下で起こりやすいことが知られていますが、次のような条件が高温に重なるとより注意が必要です。

  • 湿度が高い
  • 日差しが強い
  • 風通しが悪い

また、熱中症になりやすい環境かどうかの客観的な指標として、環境省が発表している「暑さ指数」〔WBGT(湿球黒球温度):Wet Buile Globe TEmperature)〕があります。また、環境省からは「暑さ指数」とともに、「日常生活」や「運動」に関する指針も示されているので、その日の行動の参考にすることができます。「こちらのサイト」で暑い日の外出前にチェックしてみてください。また、熱中症の予防については「熱中症の対策や処置について」も参考にしてください。

熱中症になりやすい人の特徴

熱中症は次のような人に起こりやすいことが知られています。

  • 水分が十分に摂れていない人
  • 高齢者
  • 子ども

身体の水分が不足した状態(脱水)の人には熱中症が起こりやすいです。「朝食を抜く」「アルコールをたくさん飲む」などが脱水の引き金になるので、熱中症になりやすい環境下では避けてください。また、高齢者や子どもも熱中症になりやすいことが知られているので、より水分の摂取に気を配ってください。

4. 熱中症の検査について

熱中症が疑われた人には次のような診察や検査が行われます。

  • 問診
  • 身体診察
  • 血液検査
  • 画像検査(主に頭部CT検査頭部MRI検査)

熱中症の診断は主に問診と身体診察によって行われます。また、臓器の機能や電解質に異常が起こっていると考えられる場合には血液検査を受けます。画像検査が行われることは多くはありませんが、「意識消失」や「全身の痙攣」といった脳の病気でよくみられる症状が出ている人に行われることがあります。

検査についてより詳しく知りたい人は「熱中症の検査」を参考にしてください。

5. 熱中症の治療について

熱中症の治療は「身体の冷却」と「水分・塩分の補給」です。 軽症の場合は、涼しい場所で身体を休めて、口から水分・塩分を摂取すると、数十分でよくなることが多いです。一方で、中等症になると、吐き気などの症状のために自分で水分・塩分の摂取が難しくなり、点滴が必要になります。また、重症の人は臓器に影響が及んで、その機能が低下していることがあり、身体を冷やして点滴で水分を補うとともに、臓器の機能低下に対する治療が必要になることがあります。例えば、腎臓の機能が低下して、身体の中の老廃物を尿として体外に出せなくなっている場合は、血液透析(血液を取り出して機械で老廃物を濾し取る治療)が必要です。治療や対処についてより詳しく知りたい人は「熱中症の治療」や「熱中症の対策や処置」を参考にしてください。

6. 熱中症の予防について

ここまでは、熱中症になった人の症状や検査、治療について説明してきましたが、日常生活の中で気を配ることで熱中症は予防することができます。大事なポイントは次のものです。

  • 暑さ指数をチェックする
  • 熱中症になりやすい状態や場所を回避する
  • 暑さに身体を慣らす:暑熱順化
  • 水分と塩分を上手に摂取する

それぞれの具体的なやりかたやコツについてより知りたい人は「熱中症の対策や処置」を参考にしてください。

【参考】
・「標準救急医学」、(日本救急医学会/監修)、医学書院、2014年
・「Step Beyond Resident」、(林 寛之/著)、羊土社、2006
熱中症診療ガイドライン 2015