はいえん
肺炎
細菌やウイルスの感染、薬剤、アレルギーの影響などが原因となって、肺の炎症により息切れなどを起こす。子どもや高齢者では入院になりやすい。
17人の医師がチェック 189回の改訂 最終更新: 2018.05.22

肺炎の詳細情報

肺炎は多くの人が経験する病気です。その一方で、医療の進歩の著しい現代においても死因第3位の恐ろしい病気です。肺炎になった場合は、早く気づいて治療することが重要になります。ここでは肺炎の症状や原因の特徴から治療・予防法まで医師が説明していきます。

肺炎の症状がしつこく持続した具体例

肺炎になると、発熱・せき・たんといった症状が出ます。肺炎の原因となる微生物は数多く存在するため、症状や治療も多彩です。肺炎にかかった架空の例について一緒に考えていきましょう。

肺炎とは:肺炎の原因、症状、治療、予防

肺炎になると発熱や息苦しさ以外にも多くの症状が出てきます。どんな原因で肺炎になったかによって治療方法も変わります。肺炎に関して様々な角度から説明していきます。

肺炎の特徴:大人、子供、高齢者で違いはあるの?

肺炎には多くの種類がありますが、年齢ごとにかかりやすい肺炎が違うため、特徴で分けられます。
それぞれにどういった特徴があるのか考えていきます。

肺炎に関して注意すべき点を解説

肺炎を考えるにあたって注意すべき点があります。具体的にはどういったところに注意するべきなのかを色々な観点から解説します。



MEDLEYニュース新着記事