分子標的薬(ペムブロリズマブ〔ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体〕)
リンパ球の活性化を抑制するPD-1と、がん細胞が作り出すPD-1リガンドの結合を阻害することで、がん細胞への免疫反応を亢進させ抗腫瘍効果をあらわす薬
同義語:
免疫チェックポイント阻害薬

分子標的薬(ペムブロリズマブ〔ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体〕)の解説

分子標的薬(ペムブロリズマブ〔ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体〕)の効果と作用機序

  • がん細胞を攻撃するリンパ球T細胞を活性化させ、がん細胞に対する免疫反応を亢進させることで抗腫瘍効果をあらわす薬
    • がん細胞は無秩序な増殖を繰り返したり転移を行うことで、正常な細胞を障害し組織を壊す
    • 通常であれば、がん細胞は体内で異物とされリンパ球のT細胞によって攻撃を受けるが、がん細胞が作るPD-1リガンドという物質はリンパ球の活性化を阻害する
    • 本剤はPD-1リガンドによるリンパ球の活性化阻害作用を阻害することで、T細胞のがん細胞へ攻撃する作用を高める
  • 本剤はがん細胞の増殖などに関わる特定分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる

分子標的薬(ペムブロリズマブ〔ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体〕)の薬理作用

がん細胞は無秩序な増殖を繰り返し正常な細胞を障害し、転移を行うことで本来がんのかたまりがない組織でも増殖する。

通常、体内ではリンパ球のT細胞により、がん細胞などを異物として攻撃する免疫反応がおこる。しかし、がん細胞は自ら作り出すPD-1リガンドという物質をリンパ球の表面にあるPD-1(programmed cell death-1)というリンパ球の活性化を抑制する受容体に結合させることで、免疫反応から回避している。(PD-1リガンドは正常組織にもわずかに発現しているが、多くのがん細胞ではT細胞の働きを抑えるほど過剰に発現している)

ペムブロリズマブはPD-1とそのリガンド(PD-L1、PD-L2)の結合を阻害し、腫瘍特異的な細胞障害性T細胞を活性化させることで、抗腫瘍効果をあらわすとされる。

本剤は特定物質に結合する抗体として造られたモノクローナル抗体であり、がん細胞の増殖に関わる特定分子の情報伝達を阻害することで抗腫瘍効果をあらわす分子標的薬となる。

尚、がん細胞に対する免疫細胞の攻撃を阻止しているブレーキ役の部分を免疫チェックポイントと表現することから、ペムブロリズマブは免疫チェックポイント阻害薬と呼ばれることがある。

分子標的薬(ペムブロリズマブ〔ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体〕)の主な副作用や注意点

  • インフュージョンリアクション(薬剤投与による免疫反応などによりおこる有害事象)
    • 発熱、悪寒、掻痒症、発疹、高血圧、低血圧、呼吸困難などがあらわれる場合がある
  • 皮膚症状
    • 掻痒症、色素減少、脱毛症、湿疹、発疹などがあらわれる場合がある
  • 消化器症状
    • 下痢、吐き気、口内炎便秘などがあらわれる場合がある
  • 高血糖
    • 1型糖尿病があらわれる可能性もあり、口渇、吐き気などの症状や血糖値の上昇などに注意する
  • 甲状腺機能障害
    • 甲状腺機能低下症などがあらわれる場合がある
    • 前頸部の腫れ、疲れやすい、まぶたが腫れぼったい、体重増加、動作が遅いなどがみられる場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 間質性肺炎
    • 少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳が出る、発熱などがみられこれらの症状が急にあらわれたり続いたりする
    • 上記のような症状がみられた場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する
  • 肝機能障害
    • AST、ALT、γ-GTPなどの上昇を伴う肝機能障害や肝炎があらわれる場合がある
    • 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸発疹、吐き気・嘔吐、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

分子標的薬(ペムブロリズマブ〔ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体〕)の一般的な商品とその特徴

キイトルーダ

  • ペムブロリズマブ製剤
    • 悪性黒色腫への用法・用量
      ・通常、1回2mg/kg(体重)を3週間間隔で30分間かけて点滴投与
    • 非小細胞肺がん、古典的ホジキンリンパ腫、尿路上皮がんへの用法・用量
      ・通常、1回200mgを3週間間隔で30分間かけて点滴投与