ざこつしんけいつう
坐骨神経痛
坐骨神経が圧迫されることで、足の痛みやしびれが生じる状態の総称
13人の医師がチェック 117回の改訂 最終更新: 2018.02.12

坐骨神経痛(座骨神経痛)の症状とは?腰やおしりの痛み、足のしびれについて解説

坐骨神経痛の症状は、腰やおしりの痛み、足のしびれなど様々です。しかし、痛みやしびれがどういったものであるかはあまり知られていません。詳しく見ていきましょう。

腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症といった脊柱(背骨)の病気や脊柱の周辺の組織の問題が原因になって、坐骨神経痛(座骨神経痛)は生じます。

原因となる病気が様々であるため、多彩な症状が見られます。その症状について詳しく説明していきます。

 

 

1. 坐骨神経痛の症状とは?

「あれ?なんか腰の調子がおかしいな・・・まあいつものように気にしないようにしていたらいつのまにか治るかな。」

そう思ったMさんは、放っておくことにしました。

しかし、その数時間経つと足のしびれが徐々に強くなってきていることに気づきました。

足に力が入らずうまく立てません。

これは坐骨神経痛の症状の一つの例になります。

坐骨神経痛の症状は、坐骨神経という神経が圧迫されたり何かしらの障害を受けることで表れます。

坐骨神経は、腰からおしりの周辺を枝分かれしながら足まで到達する神経です。

細かく見ると、坐骨神経は膝から下に至ると脛骨神経と総腓骨神経と名前を変えて膝・足を動かしたり感じたりすることに貢献します。そのため、腰の周辺に関係する病気になると、影響が膝より下にも及び、痛みやしびれといった症状が表れる可能性があるのです。

それでは、坐骨神経痛とは具体的にはどのような症状が見られるのでしょうか?

  • 腰痛
  • 足やおしりのしびれ
  • 足やおしりの痛み
  • 足の脱力感やだるさ、異常感覚(ヒリヒリ、チクチクなど)がある

それぞれの症状について以下に詳しく解説していきます。

 

腰痛

 

坐骨神経痛の症状の多くは、腰痛から始まります。

歩いていたり、立とうとしたり、急に重い荷物を持とうとしたりした時に腰痛が出現します。

ぎっくり腰では急速に動けないほど強い腰痛が出ます。坐骨神経痛では、それほど激烈ではありませんが腰の痛みが表れます。腰痛が表れてからすぐ、または数日後に坐骨神経痛が出ることもあります。

 

足やおしりのしびれ

坐骨神経痛では、坐骨神経の通り道に沿ってしびれが見られます。しびれの出やすい部位は、おしりの辺りから膝のうしろ、ふくらはぎ、足先、足全体になります。

しびれ自体は、この部位の全てに見られることもあれば、一部に見られるという場合もあります。腰を動かすと痛みが増したり、安静にしていてもしびれているため、ひどいと眠れない場合もあります。

しびれの感覚としては、長時間正座した後に膝から下がしびれているような感覚と似ています。また、ただのしびれではなく、痛みを伴うようなピリピリしたしびれを伴うこともあります。

 

足やおしりの激しい痛み

坐骨神経痛はその名の通り、痛みを伴う症状です。

ただし、足をぶつけて痛いというような急激に起こる強い痛みとは異なり、神経痛というのは「なんとも言えない痛み」という表現が当てはまるかもしれません。

「ジワジワ疼くような痛み」や「ジンジンした痛み」と表現されることもあります。また、痛みの強さとしてはかなり強いことが多く、そこまでの痛みでない時は「痛いというよりもしびれている」と感じることが多いです。

 

足の脱力感やだるさ、ピリピリやチクチクなどの異常感覚がある

坐骨神経痛になると、足の脱力感やだるさや異常感覚も出現します。これがひどくなると体を動かすのも大変になってきます。

特に急な脱力感が表れると、立とうとしたり、歩いていてもストンと崩れるように床にお尻をついてしまったり、転んでしまったりするので非常に危険です。

いつもと違う感覚がある場合は、それが理由で眠れなかったり、落ち着いて座っていられなかったりもするため、生活の質が非常に低下してしまいます。

また、つま先を持ち上げる筋肉に障害を受けると下垂足と呼ばれる症状が出てくることもあります。下垂足は、つま先が持ち上がらない状態が続き、常にブランと足先が下に垂れている状態のことです。

 

ここで挙げた症状は、基本的に片側で見られることが多いです。しかし、原因となる病気の状態によっては両側に見られることもあります。

また坐骨神経痛では、日常生活の中でも特に以下のことがうまくできなくなることがあります。

 

立つことが難しくなる

立つためには、膝の前の筋肉やふくらはぎの筋肉などがしっかりしていることが必要です。

坐骨神経痛では、下肢のしびれや痛み、脱力感により立とうとした時にうまく力が入らず立てなくなることがあります。

 

長い時間歩くことが難しくなる(間欠性跛行)

 

間欠性跛行は、しばらく歩くとしびれや痛みで歩けなくなり、少し休むとまた歩けるということを繰り返す歩行障害のことです。

坐骨神経痛の原因となる病気のうち、腰部脊柱管狭窄症では「間欠性跛行(間欠跛行)」と呼ばれる症状がたびたび見られます。

 

立っている感覚がわかりにくくなる

続けて立つための筋肉がうまく働かなかったり、しびれで「うまく立っている状態がわからなくなる」と、うまく立てずふらつきが強くなったりします。

また、長い時間立っているとおしりから下が痛くなったり、しびれてきたりします。

 

長時間座っていると状態が悪くなる

長時間座っていると、しびれや痛みなどの神経症状が増悪することがあります。

この原因としては、長い時間同じ姿勢をとっていると腰に負担がかかること、血流が悪くなること、おしりが圧迫されそれに伴い神経が圧迫されることが考えられます。

 

2. 坐骨神経痛の症状と具体的な検査で診断へ

坐骨神経痛を疑って受診した場合は、どういった検査を受けることになるのでしょうか?

どんな症状が出ているのかを聞かれたあとに診察があります。そこで、精密検査が必要であると判断された場合はレントゲン検査やCT検査のような画像検査を受けることになります。(※症状が軽い場合は問診だけで薬が処方されることもあります。)

こうした場合は、どのような検査を受けることになるのでしょうか?

 

診察

診察を受ける前に、問診(痛みの状況を聞かれる)を受けることになります。実際にどんなことを聞かれるのでしょうか?

整形外科に到着し診察室に入ると、お医者さんからこんなことを聞かれました。

  1. 何をきっかけにしびれや痛みの症状が現れたか
  2. これまでに同じようなことがあったか
  3. しびれや痛みの強さはどのくらいか
  4. どこに力が入らないか
  5. 動くことで症状が変わるのか

上の5つの項目をもらさずに伝えられるように頭を整理しておくと、診察が非常にスムーズになり原因を見つけやすくなります。

次に診察に関してです。坐骨神経痛の診察では症状と神経の状態を詳しく診られます。

例えば、立った状態から足を伸ばしたまま体を横に倒した時にしびれや痛みが悪化するかを見たり、仰向けになったところから片方の足を膝を伸ばしたまま挙げる検査などが診察で行われます。

後者の検査で足が直角まで上る前(正確には70度に達する前)に痛みやしびれの悪化が見られた場合、腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。また、同様の検査として、うつ伏せの状態で片方の膝を曲げて行った時に太ももの前面にしびれや痛みが出るか確認する大腿神経伸長検査と呼ばれるものもあります。

この他の検査として、打鍵器と呼ばれる器具(脚気の検査で使う器械)で膝やアキレス腱を叩いて反射を見たり、筋力が低下していないかを筋力検査を行って確認します。

 

画像検査

MRI検査を終えてしばらくすると、お医者さんから診察室に再度呼ばれました。そこで次のようなことを言われました。

「脊柱という背骨には神経が通っていますが、その通り道が狭くなることで神経が圧迫される脊柱管狭窄症をお持ちのようです。それが原因で坐骨神経痛になったんだと思います。」

背骨や骨盤の状態やバランスを観察するために腰部レントゲン検査や腰のCT検査を行う場合があります。

また、原因を特定するのが難しい場合はMRI検査を行います。MRI検査では、背骨と背骨の間にある椎間板と呼ばれるクッション材のようなものの状態や、坐骨神経がどこの部分で圧迫されているかを把握することができます。

腰が痛い場合、仰向けになるのはつらいと思いますので、検査をする際に遠慮せずに技師に伝えてください。膝の下に枕を入れてもらうなど工夫してもらいましょう。

 

困っている症状を伝え、診察や検査を受けることで坐骨神経痛の原因を突き止めれる可能性が上がります。しかし、坐骨神経痛の症状が軽い場合や診察で大方の原因がわかる場合は、画像検査は行われませんし、経過観察となることもあります。

いずれにしても、疑問に思うことがあったり、症状について心配なことがあったりする場合は、お医者さんにしっかり相談するようにしましょう。

MEDLEYニュース新着記事