[医師監修・作成]坐骨神経痛(座骨神経痛)に潜む怖い病気について | MEDLEY(メドレー)
ざこつしんけいつう
坐骨神経痛
坐骨神経が圧迫されることで、足の痛みやしびれが生じる状態の総称
13人の医師がチェック 122回の改訂 最終更新: 2022.05.23

坐骨神経痛(座骨神経痛)に潜む怖い病気について

 

坐骨神経痛では、腰から足にかけての痛みやしびれ出現します。これは、腰から足にかけて通っている坐骨神経が圧迫や炎症の影響を受けることで起こります。

腰痛に悩まされている人の中で、多くの人が坐骨神経痛を経験します。

 

1. 坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛の主な原因は、腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症になります。これらは症状がひどくならない限りは、緊急に治療や検査をする必要はないと考えられています。

そのため、痛みを取る薬を飲んだり貼ったりして、痛みを取ることに専念します。

 

しかし、中には緊急性の高い病気が坐骨神経痛の原因となることがあります。緊急性の高い病気を放置しておくと、進行してどんどん治りにくくなりますし、場合によっては命にかかわるので見逃すことはできません。

 

それではどういった病気が見逃せない病気なのでしょうか?

 

2. 坐骨神経痛の原因となる見逃すことのできない病気

 

一般的にどういった病気を見逃すと危険なのでしょうか?

それは主に以下の性質を持った病気です。

 

  • 治療しないとどんどん進行してしまう病気
  • 治療しないと命に関わる病気

 

これは坐骨神経痛の原因となる病気でも同じことになります。こうした病気が坐骨神経の原因となっている場合は、素早く見つけてできるだけ早く治療することが重要です。

 

3. 見逃せない病気を見逃さないために知っておくこと

見逃してはならない病気を見逃さないためには、それらがどういった病気なのか知っておくことが必要です。

見逃せない病気は、主に以下の病気になります。

 

  • 腫瘍
  • 感染

 

このいずれも治療しないと完治することは難しい病気です。

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

腫瘍によって坐骨神経痛が起こる

 

腫瘍によって坐骨神経が圧迫されたり炎症の影響を受けたりして、坐骨神経痛が起こることがあります。

そのパターンは2種類あり、以下のとおりです。

 

  1. 神経に腫瘍ができる場合
  2. 神経のそばの骨に腫瘍ができる場合

 

いずれのパターンでも坐骨神経が影響されますが、少し話が違ってきます。どういった違いがあるのでしょうか?

 

  1. 神経に腫瘍ができる場合

神経自体に腫瘍が出現して、腫瘍が大きくなることで神経が圧迫されることがあります。神経鞘腫髄膜腫神経膠腫などが坐骨神経痛を引き起こす脊髄の病気に挙げられます。これらは手術で治療することになります。

 

  1. 神経の近くの骨に腫瘍ができる場合

坐骨神経の側には椎体(背骨)があります。この背骨に腫瘍ができると、神経を圧迫して坐骨神経痛が起こることがあります。

特に注意しなくてはならないのは、がんが骨に遠隔転移した場合です。

転移して症状が出ているのであれば治療が必要です。治療方法は状況によって違いますが、化学療法抗癌剤)や放射線療法、その他の薬物療法を行うこともあります。

 

骨にがんが転移している場合は、骨が非常にもろくなってしまっています。特に思い当たる理由もなく突然骨折してしまったことから骨転移に気付く人もいます。

 

感染によって坐骨神経痛が起こる

 

骨やその周囲に感染が起こることで坐骨神経痛が起こることがあります。

感染によって骨が破壊されたりができたりすることで、坐骨神経が圧迫されたり炎症の影響を受けると坐骨神経痛になります。

実際にどんな病気になると坐骨神経痛を起こすのでしょうか?

 

化膿性椎間板炎あるいは化膿性椎体炎という病気があります。これは細菌感染が背骨やその間にある椎間板で起こるものです。

抗生物質を使った治療をしないと治らない上に、感染が進行するとどんどん骨が破壊されてしまします。

 

  • 硬膜膿瘍

硬膜という膜が脊髄神経を包んでいます。この硬膜の外に膿ができるのがこの病気です。

坐骨神経の側で硬膜外膿瘍ができると、脊髄神経が圧迫されたり感染の影響を受けて坐骨神経痛が起こります。

硬膜外膿瘍も治療しないと治りません。治療方法は抗生物質を使ったものが中心になり、場合によっては細い針を刺して膿を吸い出す治療を行うこともあります。

 

4. 見逃してはならない病気を見逃さないためにはどうしたら良い?

上で述べたいずれの病気も精密検査をしなければ診断はつきません。しかし、早く気づく必要があるので、少しでも疑わしい状況になったら医療機関で検査を受けるべきです。

それでは坐骨神経痛に潜む危険な病気を見逃さないためには、なにに気をつけたら良いのでしょう?

 

気をつけるべき症状の特徴

こういった症状が出たら要注意という症状があります。

 

  • 特に覚えがないのに急に痛みやしびれが出てくる
  • 痛みやしびれの程度が非常に強い
  • 原因不明の発熱がある
  • 段々と体重が落ちていく
  • がんを抱えている

 

これらの症状が出てきた場合は何かしら大きな病気が隠れている可能性がありますので、医療機関にかかりましょう。